FC2ブログ
ふくろうにはとてつもなく嫌な思い出があるのでバーノン叔父さんにとっては次から次へとふくろうがやって来るのは苛立ちの極地というわけなんですがハリーもまた届いた手紙の内容が期待外れだったためにまたしても癇癪玉が膨らんで来る事態になってしまったのでした。(全3項目)

3-1.三羽目のふくろうが来て
ハリーの元に三羽目のふくろうが訪問したという事でバーノン叔父さんは気を削がれたように「沢山だ。くそ。ふくろうめ」と呟くと窓際まで行ってそんな事をしてもふくろうを止められないのに再び窓を閉めたのでした。

手紙は魔法省からで約22分前の当方からの手紙に引き続き魔法省は貴殿つまりハリーの杖を破壊する決定を直ちに変更したと書かれていました。ハリーは8月12日に開廷される懲戒尋問までは杖を保持していいんだそうです。

公式決定はその当日に下される事になるのだそうです。ホグワーツ魔法魔術学校校長との話し合いの結果魔法省はハリーの退学の件についても当日決定する事で同意したそうです。ハリーはそれまで停学処分扱いだそうです。

ハリーはこの魔法省から届いた二通目の公式警告状を立て続けに三度も読みました。まだ完全には退学になっていないと知って胸に支(つか)えていた惨めさが少しは緩みました。しかし恐れが消え去ったわけではありません。

どうやら8月12日に行われる懲戒尋問に全てがかかっている。ハリーは魔法省から二通目の手紙が届いた事で今自分がどこにいていかなる状況だったのかという事をすっかり忘れていました。思い出させたのは叔父さんでした。

「それで?今度は何だ?何か判決が出たか?ところでお前らに死刑はあるのか?」

叔父さんはいい事を思いついたとばかりに最後に「お前らに死刑はあるのか?」という言葉を付け加えました。叔父さんの問いにハリーは「尋問に行かなきゃならない」と答えました。叔父さんは今度はこう訊いたのでした。

「そこでお前の判決が出るのか?」

ハリーは「そうだと思う」と答えました。

3-2.更なる説明を求める叔父さん
ハリーのその答えを聞いて叔父さんは「それではまだ望みを捨てずにおこう」と意地悪く言いました。ハリーは「じゃもういいね」と言って立ち上がりました。1人になりたくて堪りませんでした。考えたいとも思いました。

それにロンやハーマイオニーとシリウスに手紙を送ったらどうだろうとも思いました。ところが叔父さんが「駄目だ。それでもういいはずがなかろう!座るんだ!」と喚きハリーは苛立って「今度は何なの?」と訊きました。

「ダドリーだ!息子に何が起こったのかはっきり知りたい」

叔父さんがこう吼えるのでハリーもそれに応えるかのように「いいとも!」と叫びました。腹が立って手に持ったままの杖の先から赤や金色の火花が散ったためダーズリー親子3人は恐怖の表情で思わず後退りをしたのでした。

「ダドリーは僕とマグノリア・クレセント通りとウィステリア・ウォークを結ぶ路地にいた。ダドリーが僕をやり込めようとした。僕が杖を抜いた。でも使わなかった。そしたら吸魂鬼が2人現われて」

ハリーは必死で癇癪を抑えつけながら早口で話しました。ハリーがここまで話した所で叔父さんは怒りながら吸魂鬼の事を「しかし一体何なんだ?」とか「そいつら一体何をするんだ」などと矢継ぎ早に訊いて来たのでした。

「さっき言ったよ。幸福感を全部吸い取って行くんだ。そして機会があればキスする」

叔父さんの目が少し飛び出しました。そして「キスだと?キスするだと?」と訊きハリーはそれに「そう呼んでるんだ。口から魂を吸い取る事を」と答えました。それを聞いて叔母さんは悲鳴を上げるとこう言ったのでした。

「この子の魂?取ってないわ。まだちゃんと持って?」

叔母さんはダドリーの肩を掴むと揺り動かしました。まるで魂がダドリーの体の中で音を立てるのが聞こえるかどうか試しているようです。ハリーは苛立ちを募らせながら確認する必要はないとばかりにこう言ったのでした。

「もちろんあいつらはダドリーの魂を取らなかった。取ってたらすぐ判る」

すると叔父さんは「追っ払ったんだな?え坊主?パンチを食らわしたわけだ。そうだな?」と声高に言いました。何とかして話を自分の理解できる次元に持って行こうと叔父さんは奮闘している様子だったというわけですよね。

ハリーは歯軋りしつつ「吸魂鬼にパンチなんて効かない」と言いました。叔父さんは「それなら一体どうして息子は無事なんだ?それならどうして息子はもぬけの殻にならなかった?」と怒鳴りつけハリーはこう答えました。

「僕が守護霊を使ったから」

ところがここでハリーと叔父さんの会話はまたも中断する事を余儀なくされました。四羽目のふくろうが暖炉から飛び出して来たからです。

3-3.四通目の手紙を送って来たのは?
ここ暫くそこまで追い詰められる事はなかったのですが叔父さんは喚き声と共に口髭をごっそりと引き抜きました。しかしまた繰り返し言う事なんですが叔父さんがいくら喚いてみてもふくろが来る事は止められないのです。

「何たる事だ!ここにふくろうは入れんぞ!こんな事は許さん。判ったか!」

しかしハリーはもう既にふくろうの脚から羊皮紙の巻紙を引っ張り取っていました。ダンブルドアからの全てを説明する手紙に違いないと思ったからでした。吸魂鬼にフィッグばあさんに魔法省の意図は一体全体何なのかを。

それらの全てをダンブルドアがどう処理するつもりなのかなどを説明する手紙に違いない。そう強く信じていただけにハリーはシリウスの筆跡を見てがっかりしました。そんな事はこれまでは一度もなかった事なんですよね。

ふくろうの事で喚き続ける叔父さんを尻目に今来たふくろうが煙突に戻る際に巻き上げたもうもうたる埃に目を細めてハリーはシリウスの手紙を読みました。とても短い手紙でそこにはこう書かれていたというわけですよね。

「アーサーが何が起こったのかを今みんなに話してくれた。何があろうとも決して家を離れてはいけない」

これだけ色々な出来事が今夜起こったというのにその回答がこの手紙じゃあまりにもお粗末じゃないかとハリーは思いました。そこでハリーは羊皮紙を裏返して続きはないかと探しましたがそこには何も書かれてはいません。

ハリーはまた癇癪玉が膨らんで来ました。二体の吸魂鬼をたった1人で追い払ったのに誰も「よくやった」って言わないのか?アーサー氏もシリウスもまるでハリーが悪さをしたかのようなそんな反応というわけなんですよね。

だから被害がどのくらいかを確認するまではハリーへの小言もお預けだとでも言わんばかりというわけです。一方叔父さんはハリーのそんな怒りも一切考慮せず次々と我が家に訪れるふくろうへの文句をこう述べていました。

「ふくろうがつっつきもといふくろうが次々わしの家を出たり入ったり。許さんぞ小僧わしは絶対」

そんな叔父さんにハリーはシリウスの手紙を握りつぶしながらぶっきらぼうに「僕はふくろうが来るのを止められない」と言ったのでした。

今日の最後に
三通目にハリーに届いた手紙は魔法省からで22分前に貴殿つまりハリーの杖を破壊すると言ったがその決定を変更するという内容でした。そのためハリーは8月12日の懲戒尋問までは杖を保持してもいいとの事なんだそうです。

その際にバーノン叔父さんはハリーにいい事を思いついたとばかりに「お前らに死刑はあるのか?」と訊いています。おそらくはその8月12日に行われる懲戒尋問で判決が出ると聞いて叔父さんは意地悪くもこう言いました。

「それではまだ望みを捨てずにおこう」

私は叔父さんはよくもまあこんな言葉が言えるもんだとそう思いますね。ただただもう呆れるばかりですね。それと言うのも叔父さんは今夜ハリーが一体全体何をやらかして魔法省から手紙が届いたのかを知らないからです。

今夜ハリーの元に魔法省から公式警告状が届いたのはハリーが「守護霊の呪文」を行使したからでした。これぐらいの事で死刑になるはずがありませんよね。それにそもそも魔法界の最高刑は終身刑で死刑ではありませんね。

叔父さんの抱いた希望は全くの無駄でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2513-1dbde592