FC2ブログ
1年生からも怯えた目で見詰められてしまい現実の厳しさを知ったハリーでしたが寝室でもシェーマス・フィネガンと一悶着あるなどハリーを取り巻く状況は悪くなるばかりでした。それでもハーマイオニーは努力しなければならないと理想論を展開したのですが・・・(全3項目)

3-1.それからも続く厳しい現実
こうして1年生からも怯えた目で見詰められる事で現実の厳しさを知ったハリーでしたが寝室でもシェーマス・フィネガンと一悶着があって身内のはずのグリフィンドール生さえ信頼していない事を知ってしまったんですよね。

母親から学校に戻るなと言われたシェーマスは翌朝ローブを超スピードで着るとハリーがまだ靴下も履かない内に寝室を出て行きました。ところがそれはシェーマスだけでなくラベンダー・ブラウンもそうだったんですよね。

シェーマスがヴォルデモートの事でハリーが嘘をついていると思っている。談話室で一緒になったハーマイオニーにロンがそう伝えるとハーマイオニーは「ええラベンダーもそう思っているのよ」と憂鬱そうに言いました。

しかしハーマイオニーはこうも言うのです。昨年度末の宴会でダンブルドアはヴォルデモートは不和と敵対感情を蔓延させる能力に長けているとおっしゃった。それと戦うには同じくらい強い友情と信頼の絆を示すしかない。

こういう事がダンブルドアがおっしゃった事そのものなのよ。ヴォルデモートが戻って来てまだ2ヵ月なのに私たちはもう仲間内で争い始めている。組み分け帽子の警告も同じよ。団結せよ。内側を強くせよとそう言っている。

こう言うハーマイオニーにロンは「だけどハリーは昨夜いみじくも言ったぜ。スリザリンと仲良くなれっていうなら無理だね」と反論したのでした。それに対してハーマイオニーは辛辣にこう言ったというわけなんですよね。

「寮同士の団結にもう少し努力しないのは残念だわ」

そんな事を話している内にハリーたち3人は大理石の階段の下へと辿り着きました。4年生のレイブンクロー生が一列になって玄関ホールを通りかかりハリーを見つめると群れを固めました。群れを離れるとハリーに襲われる。

そう恐れているかのようでした。それを見てハリーは「そうだとも。まさにあんな連中と仲良くするように努めるべきだな」と皮肉ったのでした。そしてハリーたちはそのレイブンクロー生の後から大広間に入ったのでした。

3-2.アンジェリーナ・ジョンソンが
大広間に入ると自然に教職員テーブルのほうに目が行ってしまいました。グラブリー・プランク先生が「天文学」のシニストラ先生と話していました。ハグリッドはむしろいない事で返って目立っていたというわけですよね。

魔法のかかった天井はハリーの気分を映したかのような惨めな灰色の雨雲でした。グリフィンドールのテーブルに向かいながらハリーはダンブルドアはグラブリー・プランク先生がどのぐらいの期間いるかさえ言わなかった。

そう言って不満を述べました。するとハーマイオニーが考え深げに「多分」と言ってハリーとロンが同時に「何だい?」と訊きました。ハリーとロンの問いかけに対してハーマイオニーはこう答えたというわけなんですよね。

「うーん。多分ハグリッドがここにいないという事にあんまり注意を向けたくなかったんじゃないかな」

これを聞いてロンが半分笑いながら「注意を向けないってどういう事?気づかないほうが無理だろ?」と疑問を呈しました。するとハーマイオニーが反論するその前にトレッドヘアの長髪を垂らした女性が近づいて来ました。

つかつかと近づいて来た長身の黒人の女性はアンジェリーナ・ジョンソンでした。ハリーが「やあアンジェリーナ」と挨拶をするとアンジェリーナは「やあ休みはどうだった?」とハリーにきびきびと挨拶を返したのでした。

しかし答えも待たずに言葉を続け「あのさ私グリフィンドール・クィディッチ・チームのキャプテンになったんだ」と言いハリーは「そりゃいいや」と言って笑顔を浮かべました。それは1つの改善点が期待できたからでした。

アンジェリーナの試合前演説は前任者のオリバー・ウッドほど長くはないだろうと思ったからです。オリバー・ウッドは一昨年が最終学年でホグワーツを卒業して昨年度クィディッチは三大魔法学校対抗試合でお休みでした。

「うん。それでオリバーがもういないから新しいキーパーが要るんだ。金曜の5時に選抜するからチーム全員に来て欲しい。いい?そうすれば新人がチームに上手く嵌るかどうか判るし」

アンジェリーナにこう言われてハリーは「オッケー」と答えました。アンジェリーナはにっこりすると歩き去りました。ロンの脇に腰掛けてトーストの皿を引き寄せながらハーマイオニーは何とはなしにこう言ったのでした。

「ウッドがいなくなったこと忘れてたわ。チームにとっては随分大きな違いよね」

ハリーは反対側に座りながら「多分ね。いいキーパーだったから」と言いましたがロンが「だけど新しい血を入れるのも悪くないじゃん?」と言いました。するとそこに何百羽ものふくろうが上の窓から舞い込んで来ました。

ふくろうは大広間の至る所に降りて手紙や小包みを宛先人に届けて朝食を取っている生徒に大量に水滴を浴びせました。外は間違いなく大雨のようです。ヘドウィグは見当たりませんでしたがハリーは驚きもしませんでした。

連絡して来るのはシリウスだけですしまだ24時間しか経っていないのでシリウスから新しい知らせがあるとは思えないからでした。ところがハーマイオニーの元にはメンフクロウが降りて来て嘴には新聞をくわえていました。

シェーマスの事を思い出しハリーは苛立って「何のためにまだ読んでるの?僕はもう読まない。クズばっかりだ」と言いました。ハーマイオニーは暗い声で「敵が何を言ってるのか知っておいたほうがいいわ」と言いました。

ハーマイオニーは「日刊予言者新聞」を広げて顔を隠しハリーとロンが食べ終わるまで顔を現しませんでした。そして読み終わって新聞を丸めて自分の皿の脇に置きながらハーマイオニーはハリーに短くこう言ったのでした。

「何もない。あなたの事もダンブルドアの事もゼロ」

3-3.時間割を渡されて
今度はマクゴナガル先生がテーブルを回って時間割を渡していました。渡された時間割を見てロンが「見ろよ今日のを!」と呻きました。何故ならそれはもう凄まじいばかりのある意味ではとても濃い時間割だったからです。

最初がビンズ先生の「魔法史」で次がスネイプの「魔法薬学」が二時限続きでその次がトレローニー先生の「占い学」それから最後がロンに言わせるとアンブリッジ婆ぁの「闇の魔術に対する防衛術」という事なんですよね。

「これ全部1日でだぜ!フレッドとジョージが急いでずる休みスナックボックスを完成してくれりゃなあ」

するとそこにフレッドが現れて「我が耳は聞き違いしや?」と言うとジョージと一緒にハリーの横に無理やり割り込みました。それから「ホグワーツの監督生がよもやずる休みしたいなど思わないだろうな?」と言いました。

ロンはフレッドの鼻先に時間割を突き付けて「今日の予定を見ろよ。こんな最悪の月曜日は初めてだ」と不平たらたらと言いました。月曜日の欄を見てフレッドも確かに同情したようでロンに向かってこう言ったんですよね。

「もっともだ弟よ。良かったら鼻血ヌルヌル・ヌガーを安くしとくぜ」

ロンが疑わしげに「どうして安いんだ?」と訊くとジョージが鰊の燻製を取りながら「何故なればだ体が萎びるまで鼻血が止まらない。まだ解毒剤がない」と答えたのでロンは時間割をポケットに入れ憂鬱にこう言いました。

「ありがとよ。だけどやっぱり授業に出る事にするよ」

すると今度はハーマイオニーが「ところでずる休みスナックボックスの事だけど実験台求むの広告をグリフィンドールの掲示板に出す事はできないわよ」とフレッドとジョージを見抜くような目つきで見ながら言いました。

それを聞いてジョージが唖然として「誰が言った?」と訊くとハーマイオニーが「私が言いました」と答えた後に「それにロンが」とも言いましたが当のそのロンは慌てて「僕は抜かして」とそう言ってしまったんですよね。

ハーマイオニーはロンを睨みつけましたがフレッドとジョージはニヤニヤ笑いました。クランペットにたっぷりバターを塗りながらフレッドはハーマイオニーにこう言いました。経験者だからこそ言える言葉というわけです。

「君もその内調子が変わって来るぜハーマイオニー。五年目が始まる。まもなく君はスナックボックスをくれと僕たちに泣きつくであろう」

今日の最後に
新学期初日に組み分け帽子は「我らが内にて固めねば崩れ落ちなん内部より」と歌ってホグワーツの生徒同士が結束しなければならないと警告しました。しかしハリーは「とても無理だね」と到底不可能だと言ったのでした。

それはスリザリンのテーブルで今年度監督生に任命されたドラコ・マルフォイが王様然と振る舞っていたからです。この組み分け帽子の付け加えられた新しい歌詞については他の寮生もやはり議論を戦わせていたんですよね。

私はスリザリンはもちろんの事ですが他のハッフルパフにレイブンクローの生徒もハリーとは全く違う理由で「全員が仲良くするなんて絶対に無理だ」とそう言っていたと思いますね。それはハリーの事というわけですよね。

ハリーがいては全員が仲良くなるなんて到底不可能だ。4年生のレイブンクロー生もハリーを見て襲われるのではとばかりに群れを固めました。ハリーも「あんな連中と仲良くするように努めるべきだな」と皮肉っていました。

4年生のレイブンクロー生たちもまたきっととても無理だとそう思っていたんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2519-2064bf04