FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーたちが知っている範囲内ではアンブリッジの最初の査察はフリットウィック先生の「呪文学」のようでした。ところがその晩ハーマイオニーが唐突に「闇の魔術に対する防衛術」を自習すると言い出しその教師にハリーを指名したのです。それが更なる教育令の制定に繋がったのです。(全3項目)

3-1.アンブリッジの罰則から戻って来ると
ハリーたち3人にフレッドとジョージそれにリー・ジョーダンとアリシア・スピネットを含むグリフィンドールの7年生が知っている範囲内ではフリットウィック先生の「呪文学」がアンブリッジの査察を最初に受けたようです。

ところがその日の午後マクゴナガル先生の「変身術」の授業にハリーたちが行くとアンブリッジがクリップボードを持って教室の隅に座っていました。ハリーは昼食時の減点ややり取りの事などすっかり忘れてしまいました。

先回の記事で言ったようにアンブリッジはマクゴナガル先生に個人的な悪感情を持っています。そのため二度に渡り「ェヘンェヘン」と咳払いをして授業を中断させマクゴナガル先生に冷たい怒りを放たれる事となりました。

一体そのように中断ばかりなさって私の通常の教授法がどんなものかお判りになるのですか?私は通常自分が話している時私語は許さない。マクゴナガル先生がこう言うとアンブリッジは横面を張られたような顔をしました。

それからアンブリッジは書く事に専念しました。授業終了後アンブリッジは「査察の結果は10日後に受け取る事になります」と告げましたがマクゴナガル先生は無関心な口調で冷たく「待ち切れませんわ」と応えたのでした。

そしてその日の夜です。アンブリッジの罰則から戻って来たハリーをロンとハーマイオニーが待っていてくれたのですが何とハーマイオニーが「闇の魔術に対する防衛術」を自習すると言い出しました。さらにだったのです。

自分たちに必要なのはちゃんとした先生。呪文の使い方を教えてくれて間違ったら直してくれる先生。そして何とそれはハリーだとハーマイオニーは言うのです。ハリーに「闇の魔術に対する防衛術」を教えろと言うのです。

ハリーはハーマイオニーをじっと見ました。それからロンを見ました。ハーマイオニーが突拍子もない計画の説明を始めた時には呆れ果ててロンと目を見交わす事がありますがハリーは今度もそうだろうと思ったんですよね。

ロンは顔をしかめていましたが明らかに考えていました。それからロンが「そいつはいいや」と言いハリーが「何がいいんだ?」と訊くとロンはハリーが「闇の魔術に対する防衛術」を教える事がいいとそう言ったのでした。

3-2.ホグズミード明けの月曜日に
ハリーが「闇の魔術に対する防衛術」を教えるという提案をした後ハーマイオニーは丸々2週間一言もそれに触れませんでした。そして9月も終わろうとするある荒れ模様の夜に再びその話題が突然持ち出されたというわけです。

ハリーは「闇の魔術に対する防衛術」で学年のトップだった。ハリーは3年生の時に初めてこの科目の事がよく判った先生に習ってしかも初めて同じ試験を受けて自分に勝ったとハーマイオニーはハリーにそう言ったのでした。

ハリーはヴォルデモートから「賢者の石」を救ったし毒蛇の王バジリスクをやっつけてトム・リドルを滅ぼした。それに百人以上の吸魂鬼を一度に追い払ったしまたしてもヴォルデモートを撃退した。数々の困難を乗り越えた。

ほとんどいつも何かに助けられたし幸運だった部分が多かった。でもハリーだけが「服従の呪文」を完全に退けたし「守護霊」も創れる。だからハリーが「闇の魔術に対する防衛術」に優れていないふりをするのは無意味だ。

一人前の大人の魔法使いにさえできない色々な事がハリーはできるとハーマイオニーは言いだから「闇の魔術に対する防衛術」を教えるべきなんだそうです。それにハリーの言う事を聞きたいという人は驚くほどに沢山いる。

そこでハーマイオニーは10月最初の週末はホグズミード行きだから関心のある人はあの村で集まり討論したらどうかしらとハリーに提案して来ました。ハーマイオニーが討論の場に指定したのは「ホッグズ・ヘッド」でした。

「ホッグズ・ヘッド」にはハリーたち3人以外に総勢25名が集まりました。その場ではハリーが有体の守護霊を創れるとか校長室にある剣でバジリスクをやっつけた話だとか「賢者の石」を救ったという事も話題に上りました。

こうしてロンとハーマイオニーを含めると27名がハリーから「闇の魔術に対する防衛術」を習う事になりました。残りの週末をハリーは今学期になって初めてと言えるほど幸せな気分で過ごしました。それは日曜日もそうです。

ハリーとロンは日曜日のほとんどをまたも溜った宿題を片付けるのに費やしました。それ自体は到底楽しいとは言えませんでしたが秋の名残の陽射しが燦々と降り注いでいたので宿題を外に持ち出して木陰でくつろぎました。

ところがそんな土曜日以来のはち切れるような幸福感も月曜日の朝に新しく貼り出された告示で雲散霧消してしまいました。それは定期的に3人以上の生徒が集まる組織に団体にチームにグループにクラブは一旦解散される。

そして高等尋問官つまりアンブリッジに再結成の許可を願い出て承認されなければ存在してはいけない。承認のない団体等に属する事が判明した生徒は退学処分にするという教育令第24号に則ったものだったというわけです。

3-3.異常に緊張した雰囲気の大広間
誰かがあいつつまりはアンブリッジにべらべらしゃべったに違いない。こう言うロンにハーマイオニーはそれは考えられないと言いました。会合終了時にハーマイオニーは出席したメンバーに羊皮紙に名前を署名させました。

その名前を署名させた羊皮紙にハーマイオニーが呪いをかけたので誰かがアンブリッジに告げ口をしたら誰がそうしたかは確実に判りその誰かさんはとっても後悔するのだそうです。ハリーたち3人は大広間に向かいました。

全部の寮にこの掲示が貼られたかどうか確かめるためです。ハリーたちが大広間に入るとアンブリッジの掲示がグリフィンドールだけに貼られたのではない事がはっきりしました。動きがいつもよりも激しかったからでした。

それぞれのテーブルを生徒たちが忙しく行き来し掲示の事を相談し合っていておしゃべりが異常に緊張していました。ハリーたちが席に着くや否やネビルにディーンにフレッドとジョージそれにジニーがやって来たのでした。

待ってましたとばかりに駆けつけると「読んだ?」とか「あいつが知ってると思うか?」とか「どうする?」と訊いて来て誰もがハリーを見ていました。そんな一同にハリーは「とにかくやるさ。もちろんだ」と答えました。

ジョージが「そう来ると思った」と言い笑顔を見せてハリーの胸をポンと叩いてフレッドは「監督生さんたちもかい?」と言うとロンとハーマイオニーを冷やかすように見てハーマイオニーが落ち着き払ってこう答えました。

「もちろんよ」

ロンが振り返りながら「アーニーとハンナ・アボットが来たぞ。さあレイブンクローの奴らとスミス。誰も痘痕っぽくないなあ」と言いました。ハーマイオニーが言った例の呪いが顔に表れていないかどうかを見たからです。

「痘痕はどうでもいいわ。あの人たちお馬鹿さんね。今ここに来たら駄目じゃない。本当に怪しまれちゃうわ。座ってよ!」

ハーマイオニーははっとしたような顔をしてこう言いました。ハーマイオニーはアーニーとハンナに必死で身振り手振りをしてハッフルパフのテーブルに戻るようにと口の形だけで伝えました。一方ジニーはこう言いました。

「私マイケルに言って来る。全く馬鹿なんだから」

ジニーは焦れったそうにベンチをくるりと跨ぐとレイブンクローのテーブルに急ぎました。現在付き合っているマイケル・コーナーの所に行くためです。ハリーはジニーを目で追いました。チョウが遠くない場所にいました。

チョウは「ホッグズ・ヘッド」に連れて来た巻き毛の友達に話しかけていました。アンブリッジの告示にチョウが恐れを成し会合に来なくなる事をハリーは危惧したからです。告知の本格的な反響は大広間を出てからでした。

何とアンブリッジの告知はクィディッチのチームも含まれているんだそうです。そのためハリーはアンブリッジに対して二度と癇癪を起さないで欲しい。アンジェリーナがそうハリーとロンに告げたというわけなんですよね。

ハリーはほとんど泣きそうなアンジェリーナに「判った判ったよ。心配しないで行儀よくするから」と言ったのでした。

今日の最後に
そんなアンブリッジの掲示が貼られた月曜日の夜にシリウスがグリフィンドール寮の談話室の暖炉に顔を出し言って来たのが例の「ホッグズ・ヘッド」で行われた秘密の「闇の魔術防衛」グループの事だったというわけです。

ハリーがどうしてその事を知ってるのと詰問するとシリウスは会合の場所はもっと慎重に選ばなくてはいけない。よりによって客の少ない「ホッグズ・ヘッド」では盗み聞きもし易い。ハーマイオニーは勉強不足と答えました。

何とベールを被った魔女に変装していたのがマンダンガス・フレッチャーだったんだそうです。そのマンダンガスが報告しシリウスも知る所となり談話室の暖炉に顔を出したというわけです。そしてというわけなんですよね。

ハリーたちのこの「ホッグズ・ヘッド」での会合を盗み聞きしてアンブリッジに告げ口をした人物がいたのです。当然その人物はハーマイオニーが呪いをかけた羊皮紙には名前を書いてはいません。ホグワーツの生徒でもない。

シリウスのハーマイオニーもまだまだ勉強しなければならないという指摘は実に的確で鋭かったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.