FC2ブログ
その後も色んな出来事がありましたがついに学期末になりふくろう試験が始まりました。最初の日に行われたのは「呪文学」の試験でした。午前中は筆記試験が行われて昼食後は順番に呼び出されての実技試験でした。ハリーの実技試験の試験官はトフティ教授でした。(全3項目)

3-1.色んな出来事があった後で
アンブリッジが校長になったその日の午後を「ウィーズリーの暴れバンバン花火」で大混乱に陥れたフレッドとジョージだったのですがそれはイースター休暇明け初日の事でした。2人はまたやってくれたというわけですよね。

フレッドとジョージは東棟の廊下を沼地にして「呼び寄せ呪文」を使ってアンブリッジに没収された箒を取り戻すと悪戯専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズの開店を大々的に宣言してホグワーツを去って行きました。

2人がいなくなり「悪ガキ大将」の座が空席になった事で城内は群雄割拠状態になり混乱はますます拡大する事になりました。一方ハリーたち3人はとんでもない事をハグリッドに約束させられる事になってしまったんですよね。

巨人の所から帰って来て以来ハグリッドは生傷が絶えませんでした。やっとその理由をハリーたちに教えてくれたのですが実はハグリッドは異父兄弟のグロウプという巨人を連れ帰って「禁じられた森」に隠していたのです。

俺は近々クビになる可能性が高い。ハグリッドはホグワーツに戻ってからずっとアンブリッジは自分を追い出す機会を狙っていたと言うのです。もちろん自分は出て行きたくはない。グロウプがいるからというわけですよね。

それでもアンブリッジは自分を追い出そうとするだろう。そこでグロウプの事をハリーたちに頼みたいとハグリッドは言うのです。これで何もかもお終いというわけではない。ここを出たならダンブルドアの手助けができる。

不死鳥の騎士団の役に立つ事ができる。それでハリーたちにはグラブリー・プランク先生がいるからちゃんと試験を乗り切れる。しかしそれをハリーとハーマイオニーから聞いたロンは約束を破るしかないと言ったのでした。

他にもハリーにフレッドとジョージのシーカーにビーター2人が抜けたのにも関わらず一戦目のスリザリン戦と二戦目のハッフルパフ戦ではザル状態だったロンの大車輪の活躍でグリフィンドール・チームが優勝したのでした。

そんな色々な事があった後にハリーたち3人はふくろう試験つまり普通魔法使いレベル試験を迎えたというわけなんですよね。

3-2.ついにふくろう試験始まる
こうしてふくろう試験前夜を迎えましたがその日の夕食は意気が上がりませんでした。ハリーとロンはあまり話しませんでしたが1日中勉強した後なのでもりもり食べました。一方ハーマイオニーはそうではありませんでした。

頻繁にナイフとフォークを置いてテーブルの下に潜り込んではカバンから本を掴み出して事実や数字を確かめていました。ちゃんと食べないと夜眠れなくなるよとロンが忠告したその時ハーマイオニーの指の力が抜けました。

そのために皿に滑り落ちたフォークが大きな音を立てました。玄関ホールのほうをじっと見ながらハーマイオニーが微かな声で「ああどうしよう。あの人たちかしら?試験官かしら?」とそう言ったというわけなんですよね。

ハリーとロンは腰掛けたままくるりと振り向きました。大広間に繋がる扉を通しアンブリッジとそばに立っている古色蒼然たる魔法使いたちの小集団が見えました。ロンが近くに行ってもっとよく見ようかとそう言いました。

ハリーとハーマイオニーが頷いて3人は玄関ホールに続く両開きの扉のほうに急ぎました。敷居を越えた後はゆっくり歩き落ち着き払って試験官のそばを通り抜けました。腰の曲がった小柄な魔女がマーチバンクス教授では?

ハリーはそう思いました。マーチバンクス教授は少し耳が遠いようでアンブリッジとは数十センチしか離れていないのに大声で話していました。マーチバンクス教授は目を凝らしてあたりを見回すとこう言ったんですよね。

「ところでこの頃ダンブルドアからの便りがない!どこにおるのか皆目分からないのでしょうね?」

ロンが靴紐を結び直すふりをして3人が階段下でぐずぐずするのを睨みながらアンブリッジが「分りません。でも魔法省がまもなく突き止めると思いますわ」と答えましたがマーチバンクス教授はこう言葉を返したんですよね。

「さてどうかね。ダンブルドアが見つかりたくないのならまず無理だね!私には判りますよ。この私がNEWT(いもり)の変身術と呪文学の試験官だったのだから。あれほどまでの杖使いはそれまで見た事がなかった」

だからダンブルドアは見つからないとマーチバンクス教授は言うのです。何だか落ち着かない夜でした。誰もが最後の追い込みで勉強していましたが大してはかどっているようには見えずハリーは早めにベッドに入りました。

しかし何時間も経ったのではと思えるほど長い間目が冴え眠れませんでした。進路相談でマクゴナガル先生はどんな事があってもハリーを闇祓いにするために力を貸すと激しく宣言しました。ハリーはそれを思い出しました。

いざ試験の時が来てみるとハリーはもう少し実現可能な希望を言えばよかったと思いました。眠れないのは自分だけではないとハリーは気配を感じていました。しかし誰も口を利かずやがて1人2人と眠りに落ちて行きました。

翌日の朝食の時も5年生は口数が少なくパーバティは小声で呪文の練習をして目の前の塩入れを動かしていました。ハーマイオニーは「呪文学問題集」を読み直していましたが目の動きが激しく早くて目玉がぼやけて見えました。

ネビルはナイフとフォークを落としてばかりでマーマレードを何度も引っくり返しました。朝食が終わると生徒はみんな教室に行きましたが5年生と7年生は玄関ホールでうろうろしていました。そして9時半になった時でした。

クラス毎に呼ばれて再び大広間に入るとそこはハリーが「憂いの篩」で見た通りに模様替えされていました。父親にシリウスにスネイプがOWL(ふくろう)を受けていた場面でした。4つの寮のテーブルは片付けられていました。

その代わりに沢山の個人用の小机が奥の教職員テーブルのほうを向いて並んでいました。一番奥に生徒と向かい合う形でマクゴナガル先生が立っています。全員が着席し静かになるとマクゴナガル先生はこう言ったのでした。

「始めてよろしい」

マクゴナガル先生は自分の机に置かれた巨大な砂時計を引っくり返しました。その机には予備の羽根ペンにインク瓶と羊皮紙の巻紙が置いてありハリーがドキドキしながら試験用紙を引っくり返すと最初の問題はこれでした。

(a)物体を飛ばすために必要な呪文を述べよ。
(b)さらにそのための杖の動きを記述せよ。

ハリーの右に3列そして前に4列離れた席でハーマイオニーはもう羽根ペンを走らせていました。棍棒が空中高く上がりトロールの分厚い頭蓋骨の上に大きな音を立てて落ちた時の思い出がちらりとハリーの頭を過りました。

ハリーは笑顔になり答案用紙に覆いかぶさるようにして書き始めました。そして2時間後玄関ホールで試験問題用紙をしっかり握ったままハーマイオニーが不安そうに「まあそれほど大変じゃなかったわよね?」と言いました。

3-3.午後は「呪文学」の実技試験
「元気の出る呪文」を十分に答えたかどうか時間が足りなくなっちゃって自信がない。しゃっくりを止める反対呪文を書いた?私判断がつかなくて。書き過ぎるような気がした。それと23番の問題はとまさに立て板に水です。

そこでロンはハーマイオニーに厳しい声で「もうこの事は了解済みのはずだ。終った試験をいちいち復習するなよ。本番だけで沢山だ」と言ったのでした。そして5年生は他の生徒たちと一緒に昼食を取ったというわけです。

その時には4つの寮のテーブルがまた元通りに戻っていました。それからぞろぞろと大広間の脇にある小部屋に移動し実技試験に呼ばれるのを待ちました。名簿順に何人かずつ名前が呼ばれ残った生徒は最後の追い込みでした。

ブツブツ呪文を唱えたり杖の動きを練習したり時々間違えて互いに背中や目を突いたりしていました。ハーマイオニーがアンソニー・ゴールドスタインにグレゴリー・ゴイルにダフネ・グリーングラスと一緒に呼ばれました。

ハーマイオニーは震えながら小部屋を出て行きました。試験が済んだ生徒は小部屋に戻らないのでハリーもロンもハーマイオニーの試験がどうだったのか分りません。するとロンがハリーに励ますようにこう言ったのでした。

「大丈夫だよ。呪文学のテストで一度112点も取ったこと憶えてるか?」

10分後フリットウィック先生がパンジー・パーキンソンにパドマ・パチルにパーバティ・パチルと共にハリーの名前を呼びました。ロンが小声で「頑張れよ」と応援してハリーは手が震えるほど固く杖を握り締めたのでした。

大広間に入ると扉のすぐ内側に立っていたフリットウィック先生が「トフティ教授の所が空いているよポッター」と言いました。フリットウィック先生が指差した奥の隅に小さいテーブルがあり試験官が座っていたのでした。

見た所は一番年老いて禿げた試験官でした。少し離れた所にマーチバンクス教授がいてドラコ・マルフォイの試験を半分ほど終えたようです。ハリーが近づくとトフティ教授はメモを見ながら鼻眼鏡越しに様子を窺いました。

そして「ポッターだね?有名なポッターかね?」と言って来てハリーはマルフォイが嘲るような目つきで見るのを目の端からはっきり見ました。するとマルフォイが浮上させていたワイングラスが床に落ちて砕けたのでした。

ハリーはついニヤリとしました。トフティ教授は励ますようににっこり笑い返し年寄りっぽいわなわな声で「よーしよし堅くなる必要はないでな。さあこのゆで卵立てを取ってコロコロ回転させて貰えるかの」と言いました。

全体として中々上手くできたとハリーは思いました。例えば「浮遊呪文」は間違いなくマルフォイのよりずっと良かったと思いました。でも全てが良かったというわけではなくまずかった所もあったというわけなんですよね。

今日の最後に
試験が始まる前日の夜に試験官の教授陣がホグワーツ入りしマーチバンクス教授は最近ダンブルドアからの便りがない。どこにいるのか皆目分からないんでしょうねとアンブリッジに対して苛立ちを漏らしていたんですよね。

「さてどうかね。ダンブルドアが見つかりたくないのならまず無理だね!私には判りますよ。この私がNEWT(いもり)の変身術と呪文学の試験官だったのだから。あれほどまでの杖使いはそれまで見た事がなかった」

アンブリッジは「分りません。でも魔法省がまもなく突き止めると思いますわ」と答えました。しかしそんなアンブリッジにマーチバンクス教授はこう言ったのです。何とマーチバンクス教授はダンブルドアの試験官でした。

それはそれで物凄い事なんですが実はこの時ダンブルドアはマーチバンクス教授の目の前にいたと私はそう思いますね。ハリーが2年生の時もダンブルドアは一時期停職になった事がありますがその時もそうだったんですよね。

ダンブルドアはマントがなくても透明になる事ができます。すなわち透明になってハリーに付き添っていたというわけですよね。ダンブルドアは後に「どうしてその事を知っているの?」という事を口にしているんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2531-bc5dcb69