FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

こうして2週間に渡るふくろう試験が始まり初日は「呪文学」で火曜日は「変身術」で水曜日は「薬草学」で木曜日は「闇の魔術に対する防衛術」でした。そして金曜日は「古代ルーン語」でハリーとロンは1日お休みでハーマイオニーが受けました。そして試験は2週目に入って行って・・・(全3項目)

3-1.2週間に渡るふくろう試験がスタートして
こうして2週間に渡るふくろう試験がスタートしました。まず初日に行われたのは「呪文学」でした。全体としては中々上手くできたとハリーはそう思ったもののまずかったと思う出来事もまたあったというわけなんですよね。

それは「変色呪文」と「成長呪文」を混同した事でオレンジ色に変わるはずのネズミがびっくりするほど膨れ上がりハリーが間違いに気づいて訂正するまでに何とアナグマほどの大きさになってしまっていたというわけです。

ハリーはその場にハーマイオニーがいなくてよかったと思い済んだ後もその事は黙っていましたがロンには話す事ができました。ロンはディナー用大皿を大茸に変えてしまいしかも何故そうなったか分からなかったそうです。

ロンはそれをハリーに打ち明けたので話す事ができたというわけです。その夜ものんびりしている暇はありませんでした。夕食後は談話室に直行して次の日の「変身術」の復習に没頭する事となったというわけなんですよね。

ベッドに入った時ハリーの頭は複雑な呪文モデルやら理論でガンガン鳴っていました。翌日の午前中の筆記試験では「取り替え呪文」の定義を忘れましたが午後から行われた実技のほうは思ったほど悪くはありませんでした。

少なくともイグアナ一匹を丸々消失させる事に成功しました。一方悲劇は隣のテーブルのハンナ・アボットで完全に上がってしまいどうやったのか課題のケナガイタチをどんどん増やしフラミンゴの群れにしてしまいました。

鳥を捕まえたり大広間から連れ出したりで試験は10分間中断されました。水曜日は「薬草学」の試験でした。牙つきゼラニウムに少し噛まれた以外はハリーはまあまあの出来だとそう思いました。そしてそれは木曜日でした。

この日は「闇の魔術に対する防衛術」でここで初めてハリーは確実に合格したと思いました。筆記試験はどの質問にも苦もなく解答できましたし特に楽しかったのは実技でした。そこには担当教諭のアンブリッジがいました。

玄関ホールへの扉のそばで冷やかに見ていました。

3-2.ハリーは「闇の魔術に対する防衛術」では「O・優」?
そんなアンブリッジの目の前でハリーは逆呪いや防衛呪文を全てこなしました。まね妖怪追放呪文を完全にやってのけたのを見て再びハリーの試験官をしていたトフティ教授が「おーっブラボー!」と歓声を上げたのでした。

「いやあ実によかった!ポッターこれでお終いじゃが。ただし」

こう言うとトフティ教授は少し身を乗り出し「わしの親友のチベリウス・オグデンから君は守護霊を創り出せると聞いたのじゃが?特別点はどうじゃな?」と言いました。ハリーは杖を構えまっすぐアンブリッジを見ました。

「エクスペクトパトローナム!守護霊よ来たれ!」

ハリーはアンブリッジがクビになる事を想像してこう唱えました。杖先から銀色の牡鹿が飛び出して大広間を端から端までゆっくりと駆けました。トフティ教授だけではなく試験官全員が振り向いてその動きを見つめました。

牡鹿が銀色の霞となって消えて行くとトフティ教授が静脈の浮き出たごつごつした手で夢中で拍手をして「素晴らしい!よろしい。ポッターもう行ってよし!」と言いハリーは実技試験を終えて大広間を出たというわけです。

扉脇のアンブリッジのそばを通り過ぎる時に目が合いました。アンブリッジのだだっ広い締まりのない口元に意地の悪い笑いが浮かびましたがハリーは気になりませんでした。ハリーは誰にも言うつもりはありませんでした。

思い違いだという可能性があったからでした。しかしそうでなければハリーはたった今ふくろう試験で「O・優」を取ったという事になります。そして金曜日は「古代ルーン語」の試験でしたがハリーとロンは1日お休みでした。

週末にたっぷり時間があるので勉強は一休みと2人は決めました。開け放した窓のそばで伸びをしたり欠伸したりしながらハリーとロンはチェスに興じました。窓から暖かな初夏の風が流れ込んで来ていたというわけですよね。

森の端で授業をしているハグリッドの姿が遠くに見えました。ハリーはどんな生き物を観察しているのだろうと想像をしました。男の子が少し後ろに下がっているようなのでユニコーンに違いないとハリーはそう思いました。

その時肖像画の入口が開いてハーマイオニーがよじ登って来ました。ひどく機嫌が悪そうでした。ロンが伸びをしながら欠伸交じりで「ルーン語はどうだった?」と訊くとハーマイオニーは腹立たしげにこう答えたのでした。

「1つ訳し間違えたわ。エーフワズは協同って意味で防衛じゃないのに。私アイフワズと勘違いしたの」

ロンは面倒臭そうに「ああそう。たった1ヵ所の間違いだろ?それならまだ君は」と言いましたがハーマイオニーは「そんなこと言わないで!たった1つの間違いが合格不合格の分かれ目になるかもしれないのよ」と言いました。

それに加えてハーマイオニーにはもう1つ機嫌を悪くする事があったんだそうです。怒ったようにそう言った後ハーマイオニーは誰かがまたアンブリッジの部屋にニフラーを入れた。あの新しい扉からどうやって入れたのか?

ハーマイオニーは今まさにその現場を通って来てアンブリッジが物凄い剣幕で叫んでいたのを見たのだそうです。どうやらニフラーがアンブリッジの足を食いちぎろうとしたらしい。ハリーとロンは同時にこう言ったのでした。

「いいじゃん」

ハーマイオニーは熱くなって「よくないの!アンブリッジはハグリッドがやったと思うわ。憶えてる?ハグリッドがクビになって欲しくないでしょ!」と言いましたがハリーが窓の外を顎でしゃくってこう答えたんですよね。

「ハグリッドは今授業中。ハグリッドのせいにはできないよ」

しかしハーマイオニーはそんなハリーの事を時々とってもお人好しとそう言うのです。アンブリッジが証拠が挙がるのを待つとでも思うのとハーマイオニーは言うのです。でもハーマイオニーは女子寮に行ってしまいました。

どうやらそのまま激怒している事に決めたようです。ロンはクイーンを前進させてハリーのナイトを叩きのめしながら「愛らしくて優しい性格の女の子だよな」と小声で皮肉交じりのジョークを飛ばしたというわけですよね。

3-3.ふくろう試験も2週目に
ハーマイオニーの険悪ムードはほとんど週末中続きましたが土曜日曜の大部分を月曜日の「魔法薬学」の試験準備に追われていたハリーとロンにとって無視するのは簡単でした。ハリーが一番受けたくない試験だったのです。

それにこの「魔法薬学」こそが自分を「闇祓い」の野望から転落させるきっかけになる事は間違いないとハリーは思いました。案の定筆記試験は難しかったのでした。ただポリジュース薬の問題は満点が取れたと思いました。

2年生の時に禁を破って飲んでいるのでポリジュース薬の効果は正確に記述できたのでした。そして午後の実技試験はハリーが予想していたほど恐ろしいものではありませんでした。何故ならスネイプがいなかったからでした。

スネイプが関わっていないとハリーはいつもよりずっと落ち着いて魔法薬の調合ができました。ハリーのすぐそばにいたネビルもまた魔法薬のクラスでハリーが見た事がないほどにうれしそうにしていたというわけですよね。

マーチバンクス教授が「試験終了です。大鍋から離れてください」と言った時ハリーはサンプルを入れるフラスコにコルク栓をしつつ高い点は取れないかもしれないが運が良ければ落第点は免れるだろうという気がしました。

グリフィンドールの談話室に戻りながらパーバティ・パチルがうんざりしたように「残りはたった4つ」と言いました。するとハーマイオニーが噛みつくようにこう言いました。でも誰もが無反応で言葉を返そうとはしません。

「たった!私なんかまだ数占いがあるのよ。多分一番手強い学科だわ!」

誰も噛みつき返すほど愚かではなかったのでハーマイオニーは怒鳴る相手が見つからず結局は談話室でのクスクス笑いの声が大き過ぎると1年生を何人か叱りつけるだけで終わりました。火曜日は「魔法生物飼育学」でした。

ハリーはハグリッドの体面を保つためこの「魔法生物飼育学」は絶対良い成績を取ろうと決心していました。実技試験は「禁じられた森」の端の芝生でやはり午後に行われました。まずはナールを正確に見分ける試験でした。

12匹のハリネズミの中に隠れているナールを正確に見分ける試験です。コツは順番にミルクを与える事でした。

今日の最後に
ふくろう試験1週目の最後つまり金曜日に行われたのは選択科目の1つの「古代ルーン語」でハリーとロンは履修していなかったので1日お休みでした。ハーマイオニーは選んでいたので試験を受けたというわけなんですよね。

何でもハーマイオニーは1つ訳し間違えたんだそうですね。エーフワズは「協同」という意味で「防衛」ではないのにアイフワズと勘違いしたのだそうです。つまりはアイフワズが「防衛」という意味という事なんでしょうね。

かつてハリポタ関連の複数のサイトでハリーの額に刻まれた稲妻形の傷痕は古代ルーン文字という説が主張されていました。つまりここでハーマイオニーに訳し間違えさせたのはヒントに当たるのではと私はそう考えました。

ハリーの額に刻まれた稲妻形の傷痕は「防衛」を意味するアイフワズだ。これを母親のリリーがハリーの額に刻んだのでヴォルデモートが放った「死の呪文」は放った本人に撥ね返りハリーは死なずに済んだというわけです。

でも結局ハーマイオニーが「古代ルーン語」を学んだのはダンブルドアが遺贈した「吟遊詩人ビードルの物語」の蔵書を読むためでした。ハリーの額の傷痕の稲妻形は特に意味があっての事じゃなかったというわけですよね。

このハリーの額の稲妻形の傷痕が古代ルーン文字だという説は残念ながら間違いだったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.