FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

マクゴナガル先生は今学期最初の授業でハリーたちに「動物もどき」を教えました。それが何と後に大いに役立つ事になりました。さらにはマクゴナガル先生が学期初日にハーマイオニーに貸した物が罪なき2つの命を救う事に繋がったのでした。(全3項目)

3-1.今学期最初の授業で教えた事が
そもそもの事の始まりは今学期ハリーたち3人が初めて受けた「占い学」の授業でハリーがトレローニー先生から死の宣告を受けた事でした。そして次の授業は「変身術」でしたが生徒たちは心ここに在らずという状態でした。

1人を除く誰もがハリーが今にも死ぬんじゃないかと注目していたからです。そのためマクゴナガル先生が「動物もどき」を教えるために目の周りにメガネと同形の縞があるトラ猫に変身したのを見てもいなかったんですよね。

ところが今学期最初の「変身術」の授業でマクゴナガル先生が「動物もどき」を教えた事が後に大いに役立つ事になりました。それは学期末試験が終了した後の事でした。ハリーたち3人はハグリッドの小屋を訪ねたのでした。

ヒッポグリフのバックビークの処刑が決まりハリーたちはハグリッドを1人にはしておけないと駆けつけたのです。ところがここでハーマイオニーがミルク入れに隠れているスキャバーズを見つけて3人は驚愕する事となりました。

ハリーたちは裏口から城に戻る事になりました。ところが城に戻る途中で黒い巨大な犬が現れてロンを連れ去りました。ハリーとハーマイオニーは黒い犬を追いました。2人が辿り着いた所は何と「叫びの屋敷」だったのです。

黒い犬は実は「動物もどき」のシリウス・ブラックでした。するとそこにルーピン先生が駆けつけて来てスキャバーズはネズミではなく魔法使いで「動物もどき」のピーター・ペティグリューだとそう言ったというわけです。

シリウス・ブラックも同意見でした。ハリーとロンは目を合わせ無言で同じ事を考えました。やはりシリウス・ブラックはアズカバンで狂ったんだ。しかしそれなら何故ルーピンまでもが同じ意見なんだというわけですよね。

「でもルーピン先生。スキャバーズがペティグリューのはずがありません。そんな事あるはずないんです。先生はその事をご存知のはずです」

こう言ったハーマイオニーに対してルーピン先生は「どうしてかね?」と訊きました。そこでハーマイオニーはこう答えました。もしピーター・ペティグリューが「動物もどき」だったらみんながその事を知っているはずだ。

マクゴナガル先生の授業で「動物もどき」の勉強をして登録簿にマクゴナガル先生が載っているのは見たがペティグリューの名前は載っていなかった。こう答えたハーマイオニーにルーピン先生はこう言葉を返したのでした。

「またしても正解だハーマイオニー。でも魔法省は未登録の動物もどきが三匹ホグワーツを徘徊していた事を知らなかったのだ」

3-2.何故3人は「動物もどき」になったのか?
「叫びの屋敷」は決して呪われてはいなかった。村人がかつて聞いたという叫びや吠え声はルーピン先生が出した声だったんだそうです。話は全てそこから始まる。ルーピン先生が噛まれて人狼になったからなのだそうです。

ルーピン先生が噛まれたのはまだ小さい頃だったんだそうです。両親は手を尽くしましたがあの頃は治療法がなかったのだそうです。スネイプがルーピン先生に調合してくれた魔法薬はごく最近開発された物なのだそうです。

あの薬で自分は無害になる。満月の夜の前の1週間あれを飲みさえすれば狼に変身しても自分の心を保つ事ができて自分の事務所で丸まっているだけの無害な狼でいられる。そして再び月が欠け始めるのを待つというわけです。

トリカブト系の脱狼薬が開発されるまでルーピン先生は月に一度完全に成熟した怪物に成り果てたんだそうです。ホグワーツに入学するのは不可能と思われた。しかしダンブルドアが校長になって同情してくれたのだそうです。

きちんと予防措置を取りさえすればルーピン先生が学校に来てはいけない理由などないとおっしゃってくれたんだそうです。そこでホグワーツの校庭には「暴れ柳」が植えられてこの屋敷が作られたという事なのだそうです。

その頃のルーピン先生の変身ぶりは恐ろしいものでした。当人にとって狼人間になるのはとても苦痛に満ちた事だったんだそうです。噛むべき対象の人間から引き離され代わりに自分を噛み引っ掻いたとの事なのだそうです。

村人はその騒ぎや叫びを聞いてとてつもなく荒々しい霊の声だと思った。ダンブルドアはむしろ噂を煽った。今でもこの「叫びの屋敷」がもう静かになって何年も経つのに村人が近づこうとしないのはそういう事だそうです。

しかし狼に変身する事を除けば人生であんなに幸せだった時期はなかったんだそうです。それは生まれて初めてシリウス・ブラックにピーター・ペティグリューとジェームズ・ポッターの素晴らしい友人ができたからでした。

その3人の友人が月に一度姿を消すルーピンに気づかないはずはない。ルーピンは色々と言い訳を考えました。それは正体を知ったら途端に自分を見捨てるのではないかとそれを怖がったのだそうです。ところがたったのです。

3人はついに本当の事を悟ってしまった。それでも3人はルーピンを見捨てはしなかったんだそうです。見捨てないばかりか3人がしてくれたその事こそがすなわち「動物もどき」になるという事だったというわけなんですよね。

どうやれば「動物もどき」になれるのか?3人はほぼ3年の歳月を費やしてようやくやり方が判ったのだそうです。何しろ「動物もどき」変身はまかり間違うととんでもない事になる。そして3人は5年生の時やり遂げたそうです。

「でもそれがどうしてあなたを救う事になったの?」

こう訊くハーマイオニーにルーピン先生は「人間だと私と一緒にいられない。だから動物として私に付き合ってくれた。狼人間は人間にとって危険なだけだからね」と答えました。だから3人は「動物もどき」になったのです。

3-3.シリウスとバックビークを救うために
シリウス・ブラックはハリーの命を狙っていたのでは?それなら何故ロンとスキャバーズを連れ去ったのか?実はシリウスが命を狙っていたのはハリーではなくスキャバーズことピーター・ペティグリューだったんですよね。

世間ではハリーの両親ポッター夫妻の「秘密の守人」はシリウスと思われていました。ダンブルドアもまた当時はポッター夫妻の「秘密の守人」はシリウスだと魔法省に報告していました。それが違っていたというわけです。

シリウスがポッター夫妻にピーター・ペティグリューに変更すべしと言ったのです。ヴォルデモートは自分を
追うだろう。まさかピーター・ペティグリューが「秘密の守人」だとは思うまいとそう思って勧めたんですよね。

ところがポッター夫妻を裏切っていたのはルーピンではなくてピーター・ペティグリューでした。シリウスは間違っていたのです。シリウスがアズカバンを脱獄したのはピーター・ペティグリューを亡き者にするためでした。

しかしペティグリューは逃げてシリウスは捕まりました。そこでダンブルドアはハーマイオニーに逆転時計を使って3時間前に戻れとそう言ったのでした。ヒッポグリフのバックビークとシリウスを同時に助けるためでした。

逆転時計は今学期ハーマイオニーが複数の授業と試験を同時刻に受けるために学期初日にマクゴナガル先生が渡してくれました。マクゴナガル先生はこれを借りるために魔法省にありとあらゆる手紙を書いてくれたそうです。

自分たちがバックビークを救い出す。そしてバックビークに乗りシリウスが閉じ込められている6階のフリットウィック先生の部屋に行きシリウスはバックビークに乗って逃げる。そうすればシリウスもバックビークも助かる。

「そんなこと誰にも見られずにやり遂げたら奇跡だわ!」

ハーマイオニーはこう不安を漏らしましたがハリーは「でもやってみなきゃ。そうだろう?」と言って実行へと移しました。この試みは見事に成功してハリーとハーマイオニーはバックビークとシリウスを助けたんですよね。

最後に
ハリーはハーマイオニーが持っていた逆転時計で3時間前に戻りヒッポグリフのバックビークとシリウスを助けました。さらに牡鹿の守護霊を創り出して百体もの吸魂鬼を追い払い自分自身の命をも救ったというわけですよね。

マクゴナガル先生は何でも魔法省にハーマイオニーは模範生だから勉強以外には絶対これを使わないと言ったんだそうです。しかしハーマイオニーは3時間前に戻ってシリウスとバックビークを救うのに使ってしまいましたね。

まあマクゴナガル先生はおそらくは知らなかったんでしょうから「知らぬが仏」という事なんでしょうか?マクゴナガル先生はハーマイオニーには絶対の信頼を寄せているので夢にも思わなかったという事なんでしょうか?

そう私は思いますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.