FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ダンブルドアの目に勝ち誇った光を見たような気がした。見た直後にハリーはそれを自分の勘違いだと思いました。そんなハリーは17才の誕生日を迎える目前についにプリベット通り4番地を永遠に去る事になりました。ところがだったというわけなんですよね。出発したその直後に・・・(全3項目)

3-1.次の瞬間には
ダンブルドアの目に勝ち誇った光を見たような気がした。そう思ったハリーでしたが次の瞬間には勘違いだと思ってしまいました。でもハリーはそれが決して勘違いなどではないという事を知る事になるというわけですよね。

そんなハリーは17才の誕生日を迎える目前についにプリベット通り4番地を永遠に去る事になりました。ダーズリー一家もヴォルデモートと死喰い人が狙う可能性があるために一旦プリベット通り4番地を離れる事になりました。

ダーズリー一家はヘスチア・ジョーンズとディーダラス・ディグルが迎えに来てバーノン叔父さんが運転する車に乗り出発して行きました。ハリーはマッド・アイ・ムーディが「付き添い姿くらまし」で移動する予定でした。

ところがハリーを迎えに来たのは13人もの大人数でした。マッド・アイが唸るように「作戦変更だ」と言いました。魔法省の魔法法執行部部長のパイアス・シックネスが寝返って「姿現わし」ができないようにしたそうです。

それだけではなくこの4番地を「煙突飛行ネットワーク」と結ぶ事も「移動キー」を置く事も禁じてしまったんだそうです。ハリーを保護しヴォルデモートがハリーに手出しをできないようにするという口実との事だそうです。

しかもハリーはまだ「16才」で未成年の魔法使いなので魔法を使うと探知される。そこでハリーは魔法を使わない手段で次の所へと連れて行く。さらに敵の目を欺くために取られたのが「7人のハリー・ポッター作戦」でした。

6人がポリジュース薬でハリーの姿になり2人一組になって各々が別の目的地をめざすという作戦でした。当然の如く当初ハリーは「絶対駄目だ!」と言って髪の毛を提供する事は拒否しましたが結局は受け入れたんですよね。

ところがでした。ムーディが「全員無事でな。約1時間後にみんな隠れ穴で会おう」と言い3つ数えて14人が一斉に出発した次の瞬間にハリーたちは少なくとも30人のフードを被った集団に包囲されていたというわけですよね。

今日ハリーが移動するという事を闇の陣営つまりヴォルデモートと死喰い人たちは知っていたのです。

3-2.あれが本物だ!
叫び声が上がり緑色の閃光があたり一面に煌きました。またしても緑色の閃光が走ってそれがヘドウィグに命中してハリーはヘドウィグを失いました。シリウスのバイクに乗っていたハグリッドは囲みを突き破ったのでした。

エンジンの轟音を凌ぐ大声でハリーは「ハグリッド。戻らなきゃ。戻らなきゃ!」とさらに続けて「ハグリッド!戻ってくれ!」と叫びましたがハグリッドはハリーにこう応えてアクセルを吹かしたというわけなんですよね。

「ハリー俺の仕事はお前さんを無事に届ける事だ!」

それでもなおハリーは「止まれ。止まれ!」と叫びましたが4人の死喰い人が2人を追って包囲網から離れて来ました。バイクのサイドカーに乗っていたハリーも「ステューピファイ!麻痺せよ!」と叫んで応戦したのでした。

やがてハリーの乗っていたサイドカーがバイクから離れて本格的に落ち始めました。ハグリッドは手でハリーのローブの背中を捕まえて落ちて行くサイドカーから持ち上げました。ハリーはバイクの座席に這い上がりました。

追っ手に向かってハリーは次から次へと「失神呪文」を放ちましたが一番近くにいた死喰い人がそれを避けようとしたその拍子にフードが滑り落ちました。それは奇妙に無表情な顔のスタン・シャンパイクだったんですよね。

「エクスペリアームス!」

死なせちゃいけないと思わずハリーがこう叫ぶとまだフードを被ったままのもう1人の死喰い人が「あれだ。あいつがそうだ。あれが本物だ!」と叫びました。次の瞬間2人の追っ手は退却してハリーの視界から消え去りました。

「ハリー何が起こった?連中はどこに消えた?」

こう訊くハグリッドにハリーは「分らないよ!」と答えましたが不安でした。フード姿の死喰い人が「あれが本物だ!」と叫んだからでした。そこでハリーはハグリッドに早くここから離れようと言ったというわけですよね。

「ハリー奴らを撒いたと思うぞ。上手くやったぞ!」

ハグリッドはこう言いましたがハリーはそう思えませんでした。ハリーは恐怖がひたひたと押し寄せるのを感じていました。それはハグリッドにとっては残念な事にハリーの杞憂には終わらなかったというわけなんですよね。

ヴォルデモートがやって来たからです。

3-3.ハリーの柊と不死鳥の杖が
2人の死喰い人がバイクの両側に再び現れハリーの額の傷痕が焼けるように痛みました。そしてハリーは見ました。ヴォルデモートが風に乗った煙のように箒にもセストラルにも乗らずに飛んで来て白い指が再び杖を上げました。

ハグリッドは恐怖の叫び声を上げバイクを一直線に下に向けました。ハリーは生きた心地がせず失神呪文を乱射しました。1人が落ちて行ったので命中したようです。その時バーンという音が聞こえエンジンが火を噴きました。

バイクは制御不能になり落ちて行きました。またしても緑色の閃光が幾筋かハリーとハグリッドを掠めて通り過ぎました。ハリーは死を覚悟しました。間近に箒に乗ったフード姿の死喰い人が迫りその腕が上がったのでした。

ハグリッドが「この野郎!」と怒りの叫び声を上げながらバイクから飛び降りその死喰い人に襲いかかりました。ハリーが恐怖に目を見開くその前をハグリッドは死喰い人もろとも落ちて行ってしまったというわけですよね。

箒はハグリッドの重さに耐えられなかったのです。そしてハリーはヴォルデモートが「俺様のものだ!」と叫ぶのを聞きました。もうお終いだとハリーは思いました。ヴォルデモートの姿も見えず声も聞こえなくなりました。

残っていた1人の死喰い人が道を開けるのがちらりと見えました。その途端に「アバダ」と「死の呪文」を唱える声が聞こえてハリーは傷痕の激痛で目を固く閉じました。その時でした。ハリーの杖が勝手に動いたんですよね。

まるで巨大な磁石のように杖が自分の手を引っ張って行くのをハリーは感じました。閉じた瞼の間からハリーは杖が金色の炎を噴き出すのを見ました。バシンという音と共に怒りの叫びが聞こえ死喰い人は大声を上げました。

ヴォルデモートは「しまった!」と叫びました。何故かハリーの目と鼻の先にドラゴン噴射のボタンが見えてハリーは杖を持っていないほうの手を握って拳でボタンを叩きバイクは炎を吹き出し一直線に地上に向かいました。

「お前の杖だ。セルウィンお前の杖をよこせ!」

ハリーの背後でヴォルデモートがこう叫ぶのが聞こえました。相変わらずヴォルデモートの姿は見えませんでしたがハリーはその存在を感じました。横を見るとヴォルデモートの赤い両眼と目が合いハリーは思ったのでした。

きっとこれがこの世の見納めだ。ところがです。その時ヴォルデモートの姿が消えました。ハリーは耳を劈き地面を揺るがす衝突音と共に池の泥水の中に突っ込みました。不死鳥の騎士団の保護呪文の範囲内に入ったのです。

ハリーはまたしてもヴォルデモートから逃れ生き延びたのです。

今日の最後に
ヴォルデモートは拉致した杖職人のオリバンダー翁から自分の杖とハリーの杖は同じ不死鳥の尾羽根を芯に持つ兄弟杖という事を聞き出し他の者の杖を使えば事は解決すると思ってルシウス・マルフォイ氏の杖を使いました。

ところがその杖は破壊されヴォルデモートはまたしてもハリーを始末する事ができませんでした。戻ってヴォルデモートはオリバンダー翁を責め立てましたがオリバンダー翁は何故そうなったかは分らないと答えたのでした。

そこでヴォルデモートが追い求めたのが「ニワトコの杖」というわけですよね。しかしその杖が一体どこにあるのか分りません。何でもブルガリアの杖職人のグレゴロビッチが持っているらしいというのが唯一の情報でした。

しかしグレゴロビッチはヴォルデモートが見つけた時には既に「ニワトコの杖」を持っていませんでした。でもヴォルデモートが一心不乱に「ニワトコの杖」を追い求めている間にハリーたちは出発したというわけですよね。

それはヴォルデモートの分魂箱を探し出して破壊するためというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.