FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーはロンから聞いて知っていたのに禁句の「ヴォルデモート」を口走って狼人間フェンリール・グレイバック率いる人さらい一味に捕まってしまいマルフォイの館に連れて行かれる事となりました。ところがそれでむしろ判った事があったというわけです。事態の進展と打開に繋がったのです。(全3項目)

3-1.禁句を言って
ハリーたち3人の分魂箱を探す旅は7ヵ月余りの歳月が過ぎていましたが1つを発見し破壊した後は膠着状態が続いていました。ヴォルデモートも同様で未だに「ニワトコの杖」を見つける事はできずにいたというわけですよね。

ところが何とその両方が時を同じくして動き出す事になりました。ハリーたちのほうは知っているのにも関わらずハリーが禁句の「ヴォルデモート」を口走ってしまったからです。ハリーたちは人さらい一味に捕まりました。

当初はハーマイオニーがかけた呪いでハリーの顔が膨らんでいたので人さらい一味は自分たちが捕まえたのがハリー・ポッターとは気づきませんでした。ところがそのハーマイオニーのほうが気づかれてしまったんですよね。

ハリー・ポッターと一緒に旅をしている事が判っている。そう「日刊予言者新聞」に掲載されていたというわけです。ハーマイオニーはハリーだけでなく自分の顔にも続けて呪いをかけるべきだったというわけなんですよね。

ハリーたちがそんな状況に陥っている時にハリーの額の傷痕が痛むようになりました。ブルガリアの杖職人グレゴロビッチから「ニワトコの杖」を奪って行った若者が一体誰なのかヴォルデモートがついに突き止めたのです。

ヴォルデモートはその人物がいる所に向かっていました。一方人さらい一味のリーダーで狼人間のフェンリール・グレイバックはハリーをマルフォイの館に連れて行くと言いました。そこにヴォルデモートがいるからでした。

魔法省に連れて行ったらあいつらはハリーを捕まえた事を自分の手柄にしてしまうからだそうです。グレイバックは腕に「闇の印」が刻印されていないので直接ここにはヴォルデモートを呼び寄せる事ができないんですよね。

こうしてハリーたちはマルフォイの館に行く事になりました。

3-2.ベラトリックス・レストレンジの狂気
ブルガリアの杖職人のグレゴロビッチから「ニワトコの杖」を奪って行ったのはゲラート・グリンデルバルドだった。ヴォルデモートが向かっていたのはグリンデルバルドが収監されているヌルメンガードだったんですよね。

そのためハリーたちが連れて行かれた時マルフォイの館にはいませんでした。そしてここでもやはりという展開になりマルフォイ一家はハリーを特定するのに手間取りました。ハリーが違う杖を使っていたからなんですよね。

ハリーとハーマイオニーはダンブルドアがゴドリックの谷に住むバチルダ・バグショットにグリフィンドールの剣を預けたのではと推測して向かいました。しかしハリーとハーマイオニーは間違っていたというわけですよね。

そしてこっちのほうはハーマイオニーが推測した通りでハリーが両親の墓参りに来るのではと考えてヴォルデモートは罠を仕掛けていました。2人は際どくヴォルデモートから逃れましたがハリーは杖を失う事になったのです。

捕まった時ハリーが使っていた杖はロンが別の人さらい一味から奪った2本の内の1本でした。柊と不死鳥の杖は17才の誕生日にハリーがハグリッドから貰ったモークトカゲの巾着袋に入っていました。そのためだったのです。

マルフォイ一家はハリーを特定するのに手間取りました。息子のドラコもハリーを連れて来たのが狼人間のフェンリール・グレイバックだったという事もあってお世辞にも到底協力的とは言い難い態度だったというわけです。

マルフォイ一家がハリーを特定するのに手間取っている内にそこにベラトリックス・レストレンジが現れました。ところがです。ベラトリックスはグリフィンドールの剣を見て血相を変えました。剣を強く握って蒼白な顔です。

「言われた通りにするんだ!どんなに危険な状態なのかお前には分っていない!」

ベラトリックスは剣を見た途端その場を取り仕切り始め文句を言う妹のナルシッサに金切り声でこう言い放ちました。恐ろしい狂気の形相でした。杖から一筋の炎が噴き出し絨毯に焼け焦げ穴を空けるほどの怒りようでした。

ナルシッサは一瞬戸惑いましたがグレイバックに「捕虜を地下牢に連れて行きなさい」と言いました。するとここでベラトリックスはハーマイオニーだけ置いて行けと言いました。剣の事を問い質すためというわけですよね。

こうしてハーマイオニーを除くハリーにロンとマルフォイの館に一緒に連れて来られたディーン・トーマスと小鬼のグリップフックは今いた客間の真下にある地下牢に移される事になりました。そこには先客がいたのでした。

ルーナ・ラブグッドに杖職人のオリバンダー翁です。

3-3.脱出したその後に
ルーナが無事でここにいた!まさにハリーにとっては「地獄に仏」でルーナはハリーたちが縛られていた縄を解いてくれました。そのお陰でハリーは助けを呼ぶ事ができました。シリウスの形見の両面鏡で呼んだんですよね。

ルーナは父親のゼノフィリウス氏が発行する「ザ・クィブラー」でハリーを擁護する記事を載せまくったために囚われの身になっていたのです。そして何と驚く事には屋敷しもべ妖精のドビーが駆けつけてくれたんですよね。

ドビーのお陰でハリーたちはディーンも小鬼のグリップフックもさらにはルーナもオリバンダー翁もマルフォイの館から脱出する事ができました。そしてハリーたちがこうして捕まった事で判った事があったというわけです。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの分魂箱が隠されているという事です。ベラトリックスはグリフィンドールの剣を見て血相を変えました。恐ろしい狂気の形相でした。何故そうなってしまったのか?

グリフィンドールの剣はホグワーツの校長室にあったのをルーナにネビルとジニーが盗み出そうとしました。その理由はダンブルドアが遺言でハリーに譲ると言ったのだから本来ハリーの手元にあるべきと考えたんでしょう。

しかし残念ながら未遂に終わりスネイプ校長はグリフィンドールの剣をグリンゴッツのレストレンジ家の金庫に預けました。ところが預けた剣は贋物でした。でもベラトリックスはその事を知らなかったというわけですよね。

そのためベラトリックスはハリーたち3人がグリンゴッツの自分つまりレストレンジ家の金庫に押し入りグリフィンドールの剣を盗み出したとそう思いました。そしてそのついでにあの大切な預かり物も盗んだのではと恐れた。

それが我が君すなわちヴォルデモートが預けた分魂箱というわけです。そこでハリーは小鬼のグリップフックにグリンゴッツの金庫破りを手伝って欲しいと依頼してグリップフックは考えた末に承諾したというわけですよね。

こうしてハリーたちはグリンゴッツの金庫破りをするためにグリップフックとの協議を始めたというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーが禁句の「ヴォルデモート」を口走った事で結果として事態は大きく進展し打開される事となりました。まず第1はヴォルデモートの分魂箱がグリンゴッツのレストレンジ家の金庫に隠されているという事が判りました。

第2にはフェンリール・グレイバック率いる人さらい一味が小鬼のグリップフックをハリーたちを捕まえたちょうど同じ日に捕まえていたという事です。これで金庫破りを手伝ってくれる人材の確保がハリーたちはできました。

第3にはハリーを擁護する記事を父親のゼノフィリウス氏が「ザ・クィブラー」に載せまくった事でルーナは囚われの身になってしまいました。ところがハリーはマルフォイの館の地下牢でルーナと再会して助けられたのです。

第4にはロンはハリーとハーマイオニーの元を離れてしまい2人は絶望のどん底に突き落とされる事になってしまいました。そしてロンはビルとフラーの新居「貝殻の家」に身を寄せそこがハリーたちの脱出先になった事です。

その全てが「災い転じて福と成す」の展開になっているというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.