FC2ブログ
ハリーたちはアバーフォース・ダンブルドアに助けられて「ホッグズ・ヘッド」から新たにできた秘密の抜け穴を通ってホグワーツに入る事ができました。ところがヴォルデモートの分魂箱はホグワーツに隠したのと蛇のナギニだけではなかったんですよね。もう1つあったのてす。(全3項目)

3-1.スネイプが命と引き換えに差し出したのは?
こうして無計画にもホグズミードに飛び込んで行ったハリーたちでしたが「ホッグズ・ヘッド」から新たにできた秘密の抜け穴を通って「必要の部屋」に入る事ができました。ハリーたちを出迎えたのはネビルだったのです。

そして何と分魂箱が隠されていたのも「必要の部屋」で破壊したのはハリーでもロンでもハーマイオニーでもなくクラッブでした。クラッブが部屋に「悪霊の火」を放ってヴォルデモートの分魂箱は破壊されてしまいました。

これで残っている分魂箱は蛇のナギニだけになりました。ハリーたちはヴォルデモートを追って「叫びの屋敷」に行きました。そこにヴォルデモートが蛇のナギニと共にいたからです。ところがだったというわけですよね。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫から奪った分魂箱はロンとハーマイオニーが「秘密の部屋」に入ってそこにあったバジリスクの亡骸の牙を使ってハーマイオニーが破壊しました。しかし残りの1つが問題だったのでした。

ヴォルデモートはナギニが殺害される事を恐れしっかり守っていました。ナギニを囲んでいる守りを貫く呪文はあるのだろうか?しかし何も思いつきません。一度失敗すればハリーは自分の居場所を知られてしまうからです。

そこにスネイプが呼ばれてやって来ました。するとヴォルデモートは「ニワトコの杖」が自分の思い通りにならない。以前持っていたイチイの木の杖と全く変わらないとスネイプに言い始めました。そしてだったんですよね。

それは自分が「ニワトコの杖」の真の所有者ではないからだとヴォルデモートはスネイプに言いました。お前がアルバス・ダンブルドアを殺害した。お前が真の所有者だとそう言いヴォルデモートはスネイプを殺害しました。

ヴォルデモートは去りスネイプはナギニに首を噛み切られて死んで行きました。そんなスネイプの前にハリーは「透明マント」を脱いで姿を現しました。そんなハリーにスネイプが差し出したのは「記憶」だったんですよね。

ハリーは校長室に行くと「合言葉は?」と問われて反射的に「ダンブルドア!」と叫びました。驚く事にはガーゴイルは横に滑りハリーを迎え入れました。ハリーは「憂いの篩」でスネイプの「記憶」を見たというわけです。

衝撃の内容が含まれていました。

3-2.ダンブルドアと
スネイプの「記憶」はハリーがこれまでに「憂いの篩」で見た中でも群を抜いて長期間に渡っていてスネイプがホグワーツに入学する前から僅かほんの数カ月前にスネイプがした事まで含まれていたというわけなんですよね。

そこでハリーはグロスター州のディーンの森で牝鹿の守護霊で導きスネイプがグリフィンドールの剣を自分に渡した事も知りました。そしてその衝撃の内容はハリーは何故自分が蛇語を解し話せるのかの理由を知ったのです。

ヴォルデモートが両親のポッター夫妻を殺害し1才3ヵ月の幼子のハリーをも殺害しようとしたその時にヴォルデモートの魂の一部がハリーに付着した。そのためハリーはヴォルデモートの思いを共有していたというわけです。

その魂の一部がハリーに付着して守られている限りヴォルデモートは死ぬ事ができぬ。ハリーは長いトンネルの向こうにダンブルドアとスネイプを見ているような気がしました。ハリーはこうして知ったというわけですよね。

ハリーはヴォルデモートに殺害されるためにヴォルデモートが待つ「禁じられた森」に行きました。ハリーはヴォルデモートから「死の呪文」を放たれましたが逝ったその先でハリーはアルバス・ダンブルドアに会いました。

ダンブルドアの話の内容は多岐に渡りました。まず最初に聞いたのは果たして自分は死んだのかという事でした。ダンブルドア先生は死んでいる。それなら自分も死んでいる?この問いにダンブルドアは「違う」と答えました。

ここでハリーはヴォルデモートが自分の血を取り込んで体を再生させたと聞いた時にダンブルドアの目に勝ち誇った光を見たような気がしたその理由を知ったのでした。母リリーの護りがハリーとヴォルデモートの中にある。

ヴォルデモートが生きている限りハリーの命を繋ぎ止めている。そのためハリーは死んではいないとダンブルドアはそう言うのです。さらにダンブルドアは柊と不死鳥の杖が借り物の杖を破壊した理由も説明してくれました。

ヴォルデモートのほうがハリーよりも死ぬ事を恐れていた。一方ハリーは死ぬかもしれないという事を受け入れむしろ積極的に迎え入れた。ヴォルデモートには決してできない事だったがハリーはそれをしたというわけです。

その事でハリーの勇気が勝った。ハリーの杖がヴォルデモートの杖を圧倒した。その結果2本の杖の間には2人の持ち主の関係を反映した何事かが起こりハリーの杖はヴォルデモートの杖の力と資質の一部を吸収したそうです。

そこでヴォルデモートがハリーを追跡したその時にハリーの杖はヴォルデモートを認識した。血を分けた間柄でありながら不倶戴天の敵であるヴォルデモートを認識してハリーの杖はヴォルデモート自身の魔法を吐き出した。

ハリーの柊と不死鳥の杖はハリーの並外れた勇気とヴォルデモート自身の恐ろしい魔力を併せ持っていた。だからルシウス・マルフォイ氏の哀れな棒切れなど敵うはずなどないとダンブルドアはハリーにそう言ったのでした。

そのためにルシウス・マルフォイ氏の杖は破壊されたんだそうです。

3-3.最後の対決
ヴォルデモートが生きている限り自分は死なない。それを手土産にハリーは「禁じられた森」に戻って来ました。ヴォルデモートはナルシッサ・マルフォイにハリーの死を確認させましたがナルシッサは嘘をついてくれました。

最後に残されたヴォルデモートの分魂箱すなわち蛇のナギニはネビルがやっつけてくれました。他ならぬヴォルデモート自身がネビルの頭の上に載せた「組み分け帽子」から何とグリフィンドールの剣が出て来たんですよね。

「禁じられた森」に行く途中でハリーがネビルに頼んだのです。それから再開されたホグワーツの戦いはケンタウルスにクリーチャー率いる屋敷しもべ妖精に大量の援軍が加わって闇の陣営は多勢に無勢の総崩れ状態でした。

そして最後はハリーとヴォルデモートが1対1でまさに雌雄を決するために対決しました。ここでは今度はハリーが色々と多岐に渡る説明をヴォルデモートにしましたが中でも特筆すべきは「ニワトコの杖」の事でしょうね。

ヴォルデモートはスネイプがアルバス・ダンブルドアを殺害したのだから「ニワトコの杖」の真の所有者はスネイプだと言って蛇のナギニにスネイプを始末させました。しかしスネイプは真の所有者ではなかったんですよね。

スネイプがダンブルドアを殺害する事は事前にダンブルドアがスネイプにそう言ってあらかじめ決められていました。そのためスネイプはダンブルドアを殺害しましたがダンブルドアを打ち負かしてはいなかったんですよね。

ダンブルドアから「ニワトコの杖」を奪ってダンブルドアを打ち負かしていたのはドラコ・マルフォイでした。しかしマルフォイは自分が「ニワトコの杖」の真の所有者になっていた事を全く知らなかったというわけです。

そのため「ニワトコの杖」はダンブルドアの亡骸と共にホグワーツに埋葬されました。そのドラコを打ち負かしたのは何とハリーでした。マルフォイの館でハリーがドラコから力ずくで持っていた杖を奪い打ち負かしました。

だからマルフォイの館を脱出したその時点で「ニワトコの杖」の真の所有者はハリーになっていました。ヴォルデモートが放った「死の呪文」は当然の如くヴォルデモート自身に撥ね返りハリーは最後の戦いに勝利しました。

これで魔法界には真の平和が訪れたというわけなんですよね。

最後に
ネビルはルーナにジニーと共にスネイプ校長体制に対する抵抗運動を展開していました。ところがルーナはクリスマス休暇で汽車で帰る途中で捕まってしまってジニーはイースター休暇で自宅に帰った後は戻りませんでした。

そのためついに最後に1人になってネビルは「必要の部屋」に隠れる事を余儀なくされました。そしてネビルが凄く空腹になって「何か食べる物が欲しい」と願ったらこの「ホッグズ・ヘッド」に繋がる通路ができたそうです。

つまりこの秘密の通路もまたネビルが「必要の部屋」に隠れなくてはならなくなったという災いが転じてハリーたちが「ホグワーツに入りたい」という願いを叶えてくれる福になったというわけです。他にもありますよね。

ハリーたちは狼人間フェンリール・グレイバック率いる人さらい一味に捕まりマルフォイの館に連れて行かれましたがハリーはドラコ・マルフォイから力ずくで杖を奪って「ニワトコの杖」の真の所有者になれたんですよね。

それからハリーはヴォルデモートが自分の血を取り込んで肉体を再生させたと聞いた時ダンブルドアがその目に「勝ち誇った光」を見た理由もヴォルデモートから「死の呪文」を放たれた後ダンブルドアから聞きましたよね。

これもまたヴォルデモートに「死の呪文」を放たれるという災いの後に知った福というわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2567-9061ae94