FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ヴォルデモートの事と不死鳥の騎士団の活動内容をハリーに説明すべきか否か?この事でシリウスとウィーズリーおばさんが激しい論戦を繰り広げる事となりました。結局アーサー氏とルーピンがシリウスの意見に賛成してハリーは情報提供して貰う事になったのですが・・・(全3項目)

3-1.夕食後に
手紙の内容から察するにロンとハーマイオニーは同じ所にいるらしい。ハリーは「隠れ穴」だと思っていましたが再会してみると2人がいたのはロンドンのグリモールド・プレイス12番地にある不死鳥の騎士団の本部でした。

しかしロンもハーマイオニーも騎士団のメンバーではないので会議には入れて貰えないんだそうです。ただフレッドとジョージが発明した「伸び耳」のお陰で騎士団の活動内容はある程度は知っているとの事なのだそうです。

今厨房では重要会議をしているそうです。実はその会議の内容こそがハリーが夢で見ていた廊下の先にある鍵の掛かった扉についての事だったというわけです。そしてその会議が終わり厨房で夕食を取る事になったのでした。

会話もだいたい一段落していてウィーズリーおばさんが欠伸をしながら「もうお休みの時間ね」と言いましたがシリウスが「いやモリーまだだ」と言ったかと思うとハリーのほうを向いてこう言ったというわけなんですよね。

「いいか君には驚いたよ。ここに着いた時。君は真っ先にヴォルデモートの事を訊くだろうと思っていたんだが」

シリウスが「ヴォルデモート」の名前を口にしたので瞬時に雰囲気が変わりました。一瞬前は眠たげでくつろいでいたのに今や警戒し張り詰めています。シリウスの言葉にハリーは憤慨してこう言葉を返したというわけです。

「訊いたよ!ロンとハーマイオニーに訊いた。でも2人が言ったんだ。僕たちは騎士団に入れて貰えないからだから」

この後はハリーに情報の提供をするか否かでシリウスとウィーズリーおばさんの間で激しい論戦が繰り広げられました。しかしアーサー氏とルーピンがシリウスの「ハリーに情報提供すべき」という意見に賛成したのでした。

こうしてハリーは不死鳥の騎士団の活動内容やヴォルデモートが今どうしているのかの説明を受ける事になったのでした。

3-2.今ヴォルデモートは?
シリウスに「何が知りたい?」と問われるとハリーは深く息を吸い込んでこの1ヵ月間ずっと自分を悩ませていた質問をしました。ハリーがまたも「ヴォルデモート」の名前を口にしたので周囲の一同はぎくりとしたのでした。

「ヴォルデモートはどこにいるの?あいつは何をしているの?マグルのニュースをずっと見てたけどそれらしいものはまだ何もないんだ。不審な死とか」

周りの人々が身震いするのを無視してハリーはこう訊きました。それは不死鳥の騎士団が知る限りでは不審な死がまだないからなんだそうです。騎士団はヴォルデモートの想像以上に色々と知っているとの事なのだそうです。

それなら何故ヴォルデモートは人を殺害する事を辞めたのか?それは自分に注意を向けたくないからなんだそうです。それは復活が自分の思い通りに行かなかったからなのだそうです。ハリーがそうさせたとの事だそうです。

ハリーが当惑をして「どうやって?」と訊くとシリウスが答えてくれました。ハリーは生き残るはずじゃなかったんだそうです。死喰い人以外は知るはずじゃなかった。ところがハリーは証人として生き残ってしまいました。

しかもハリーはヴォルデモートが蘇った事を一番知られたくない人物にさらにすぐさま確実に知らせたのだそうです。それはすなわちヴォルデモートが唯一恐れる魔法使いのアルバス・ダンブルドアその人との事だそうです。

ハリーのお陰でダンブルドアはヴォルデモートの復活から1時間後には不死鳥の騎士団を呼び集める事ができたんだそうです。それなら不死鳥の騎士団の面々は何をしているのか?ハリーのこの問いにはシリウスが答えました。

ヴォルデモートが計画を実行できないようにできる限りの事をしている。シリウスがこう答えるとハリーはすぐに「あいつの計画がどうして判るの?」と訊き返しハリーのこの問いにはルーピンがこう答えてくれたのでした。

「ダンブルドアは洞察力が鋭い。しかもその洞察は結果的に正しい事が多い」

そのダンブルドアが考えるヴォルデモートの計画というのはます自分の軍団を再構築する事なんだそうです。かつては膨大な数を指揮下に収めた。脅したり魔法をかけて従わせた魔法使いに魔女と忠実な死喰い人だそうです。

それにありとあらゆる闇の生き物たち。ヴォルデモートは巨人を招集しようと計画していましたがその巨人は目をつけているグループの1つに過ぎないのだそうです。ところがここで大きな問題が立ち塞がるというわけです。

不死鳥の騎士団はヴォルデモートが手下を集めるのをできるだけ阻止している。ところがそれがなかなか厄介なんだそうです。一番重要なのは極力多くの魔法使いたちにヴォルデモートが復活した事を知らせ警戒させる事だ。

何故それが厄介なのか?何故なら魔法大臣コーネリウス・ファッジがヴォルデモートの復活を真っ向から否定しているからなんだそうです。ファッジはダンブルドアが自分の失脚を企んでいるとそう思っているのだそうです。

ファッジは自分が魔法大臣である事に執着し自分が賢いと信じ込もうとしている。そしてダンブルドアは単に騒動を引き起こそうとしているだけなんだと考えているんだそうです。一体どうしてそんな風に考えられるのか?

その理由はヴォルデモートが戻って来た事を受け入れれば魔法省がここ14年ほど遭遇した事がないような大問題になる。ファッジはどうしても正面切ってヴォルデモートの復活と向き合えない。だからだというわけですよね。

ダンブルドアが嘘をついて自分を転覆させようとしていると信じ込むほうが楽というわけです。だからヴォルデモートが復活したと説得するのは難しいんだそうです。そもそもそんな事は誰も信じたくないとの事だそうです。

不死鳥の騎士団の面々も声を大にしてヴォルデモートが復活したとは言えないのだそうです。魔法省に勤めている人がそんな事をおおっぴらに言えば職を失う事になるからだそうです。今それをしているのは1人だけなのです。

それはアルバス・ダンブルドアその人というわけですよね。そのために魔法省はダンブルドアの信用を失墜させようとしているのだそうです。先週もダンブルドアは国際魔法使い連盟の議長職を投票で失っているんですよね。

魔法使いの最高裁のウィゼンガモット法廷の主席魔法戦士からも降ろされたんだそうです。勲一等マーリン勲章を剥脱する話もあるのだそうです。このように魔法省はダンブルドアの信用を失墜させようとしているそうです。

3-3.極秘にしか手に入らないもの
声を大にして唯一ヴォルデモートは復活したと言っているためダンブルドアは数々の役職から降ろされている。それでもダンブルドアは蛙チョコレートの魔法使いカードにさえ残れば何も気にしないと言っているそうです。

しかしこんな懸念もあるとアーサー氏が指摘しました。ダンブルドアがこんな調子で魔法省に楯突き続けていたらアズカバン行きになるかもしれない。もしダンブルドアが幽閉されたら騎士団としては最悪の事態だそうです。

ダンブルドアが立ちはだかり企みを見抜いていると知っていればこそヴォルデモートも慎重になるからなんだそうです。ダンブルドアが取り除かれるなんて事になればヴォルデモートにはもはや邪魔者はいなくなるそうです。

「でもヴォルデモートが死喰い人をもっと集めようとすればどうしたって復活した事が表沙汰になるでししょう?」

ハリーが必死の思いでこう訊くとシリウスがこう答えました。ヴォルデモートは魔法使いの家を個別訪問して正面玄関をノックするわけじゃなく騙し呪いをかけ恐喝する。ヴォルデモートは隠密行動は手慣れているそうです。

「いずれにせよ奴の関心は配下を集める事だけじゃない。他にも求めているものがある。奴が全く極秘で進める事ができる計画だ。今はそういう計画に集中している」

続けてシリウスはこう言いました。ハリーは即座に「配下集め以外に何を?」と訊き返しました。シリウスとルーピンがほんの一瞬だけ目配せをしたような気がハリーはしました。それからシリウスがこう答えたんですよね。

「極秘にしか手に入らない物だ」

言葉の意味が理解できずにハリーがきょとんとしているとシリウスは「武器のような物というかな。前の時には持っていなかった物だ」と言葉を付け加えました。前の時とは前に勢力を持っていた時の事という事だそうです。

「それどんな種類の武器なの?アバダ・ケダブラ呪文より悪いもの?」

ハリーのこの質問にはシリウスもルーピンもさらには他の誰も答える事はできませんでした。ジニーを上に連れて行ったウィーズリーおばさんが戻って来ていて「今すぐベッドに行きなさい。全員です」と命じたからでした。

おばさんはハリーには十分な情報を与えた。これ以上何かを言うのならいっそハリーを騎士団に引き入れろとそう言うのです。しかし不死鳥の騎士団は成人の魔法使いだけで組織されているので駄目とルーピンが言いました。

ハリーたちには考えも及ばないような危険が伴うんだそうです。シリウスも今度はおばさんと言い争いはせずハリーへの説明はこれで終了という事になったというわけなんですよね。

今日の最後に
ヴォルデモートが恐れる唯一の魔法使いはアルバス・ダンブルドアその人だ。ハリーは11才の誕生日にハグリッドにダンブルドアが校長をしているからヴォルデモートはホグワーツに手を出す事ができないとそう聞きました。

そして今回の不死鳥の騎士団の面々のハリーに対する説明でヴォルデモートがダンブルドアを恐れているのはその圧倒的な魔法力の違いだけではない。ヴォルデモートはダンブルドアのその洞察力の鋭さをも恐れているのだ。

それが明らかになりましたよね。ハリーの最大の功績はヴォルデモートが自分が復活した事を一番知られなくないダンブルドアにすぐさま知らせた事なんだそうですね。ダンブルドアがヴォルデモートの抑止力になっている。

ダンブルドアが企みを見抜いているからヴォルデモートも慎重になる事を余儀なくされているというわけです。そしてシリウスとルーピンが目配せした後に話そうとしてウィーズリーおばさんに阻止されたのが例の事です。

その「武器」とは一体何なのか?ハリーは今年度一杯かけてこの謎を追い求めて行く事になるというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.