FC2ブログ
ハリーは懲戒尋問に出廷するためアーサー氏に付き添われて初めて魔法省に赴きました。懲戒尋問のほうはめでたくもハリーは無罪放免を勝ち取ったのですが問題はその帰り道でした。魔法大臣コーネリウス・ファッジが地下9階で会っていた人物が問題だったのです。(全3項目)

3-1.魔法省へ
よりによってハリーがちょうど吸魂鬼に襲われたその時にマンダンガス・フレッチャーが護衛の任務を放棄してしまったがためにハリーは学校の外で「守護霊の呪文」を行使する事を余儀なくされたというわけなんですよね。

そのためハリーは8月12日に懲戒尋問に出廷するためアーサー氏が付き添って初めて魔法省に赴く事になったというわけです。ところが当日の朝に突然開始時間が8時に繰り上がり場所も地下の古い10号法廷に変更されたのです。

そのためアーサー氏とハリーは大慌てで地下に行く羽目になってしまいました。しかしそこにアルバス・ダンブルドアが被告側証人として姿を現しハリーの胸には勇気と希望が湧く力強い感情が芽生えたというわけですよね。

ダンブルドアは目撃証人としてハリーが吸魂鬼に襲われた直後に現場に駆け付けたフィッグばあさんを連れて来てくれました。法廷での議論はハリーの主張通りに吸魂鬼がいたのかいなかったのかが最大の争点になりました。

しかし結果はハリーの無罪放免で決着しました。ハリーは法廷を出ると待っていたアーサー氏にそれを報告しました。当然の如くアーサー氏は大いに喜んでくれましたがやはり一抹の不安を抱いていたようでこう言いました。

「ハリーそりゃよかった!まあもちろん君を有罪にできるはずはないんだ。証拠の上では。しかしそれでも正直言うと私はやっぱり」

ハリーが大法廷で裁かれたと知ってアーサー氏は驚きましたが「君をすぐ連れて帰ろう。吉報を君からみんなに伝えられるように」と言ってアーサー氏とハリーは階段を上り始めました。ところがだったというわけですよね。

地下9階の廊下に出た所でアーサー氏は突如として黙り込みました。そこに魔法大臣コーネリウス・ファッジがいて背が高く滑らかなプラチナ・ブロンドの顎が尖った青白い顔の男と声を潜ませ話していたというわけですよね。

それはルシウス・マルフォイ氏でした。

3-2.ハリーとアーサー氏に気づくと
ハリーとアーサー氏の足音を聞きつけルシウス氏のほうもはっと会話を中断しました。そして目を細めハリーの顔をじっと見たかと思うと「これはこれはこれは。守護霊ポッター殿」と皮肉を込めた挨拶をして来たのでした。

その冷たい声にハリーは何か固い物に衝突したかのように息が止まりました。それと言うのもそのこれも冷たい灰色の目を最後に見たのは「死喰い人」のフードの切れ目だったからです。あれから2ヵ月も経っていないのです。

三大魔法学校対抗試合の最終課題「第3の課題」が行われた6月24日にハリーはヴォルデモートの復活を目撃しその場には大勢の死喰い人が馳せ参じて来ました。その大勢の死喰い人の中にルシウス・マルフォイ氏がいました。

そのルシウス氏が臆面もなく自分の顔をまともに見ようとは。しかも所もあろうに魔法省にいる。何と魔法大臣コーネリウス・ファッジとルシウス氏が話している。ハリーは信じられない思いだったというわけなんですよね。

「たった今大臣が君が運良く逃げ遂せたと話してくださった所だポッター。驚くべき事だ。君が相変わらず危うい所をすり抜けるやり方と来たら。実に蛇のようだ」

気取った声でこう言ったルシウス氏にハリーは「ああ。ああ僕は逃げるのが上手いよ」と言葉を返しました。アーサー氏は警告するようにハリーの肩を掴んでいました。ルシウス氏は今度はアーサー氏に声をかけて来ました。

「何とアーサー・ウィーズリーもか!ここに何の用かねアーサー?」

何の用かと尋ねられてアーサー氏は「ここに勤めている」と素気なく答えました。するとルシウス氏は「まさかここではないでしょう?」と言うと眉を上げアーサー氏の肩越しに後ろの扉をちらりと見るとこうも言いました。

「君は地下2階のはず。マグル製品を家にこっそり持ち帰りそれに魔法をかけるような仕事ではありませんでしたかな?」

アーサー氏は今やハリーの肩に指を食い込ませながら「いいや」と答えました。そして今度はハリーがルシウス氏に「そっちこそ一体何の用だい?」と訊きました。ルシウス氏は胸のあたりを撫でつけながらこう答えました。

「私と大臣との私的な事はポッター。君には関係ないと思うが。全く君がダンブルドアのお気に入りだからといって他の者も皆君を甘やかすとは期待しないで欲しいものだ」

こう言った後ルシウス氏は「では大臣。お部屋のほうに参りますか?」と言ってファッジは「そうしよう」と答えるとハリーとアーサー氏に背を向けて「ルシウスこちらへ」と言ってファッジとルシウス氏は立ち去りました。

3-3.2人が去った後に
ファッジとルシウス氏は低い声で話しながら大股で立ち去りました。アーサー氏は2人がエレベーターに乗り込んで姿が見えなくなるまでハリーの肩を放しませんでした。ハリーは憤慨すると吐き捨てるようにこう言いました。

「何か用があるなら何であいつはファッジの部屋の前で待っていなかったんだ?ここで何してたんだ?」

ハリーのこの問いにアーサー氏は「こっそり法廷に入ろうとしていた。私はそう見るね」と答えました。アーサー氏は大変動揺した様子で誰かが盗み聞きをしていないかと確かめるようにハリーの肩越しに目を走らせました。

「君が退学になったかどうかを確かめようとしたんだ。君を屋敷まで送ったらダンブルドアに伝言を残そう。マルフォイがまたファッジと話をしていたとダンブルドアに知らせないと」

アーサー氏はこうも言いました。ハリーが「2人の私的な事って一体何があるの?」と尋ねるとアーサー氏は怒ったように「金貨だろう」と答えました。ルシウス・マルフォイ氏はあらゆる事に気前よく寄付したんだそうです。

いい人脈が手に入る。そうすれば都合の悪い法律の通過を遅らせたりするなどの有利な計らいを受けられる。ルシウス・マルフォイって奴はいいコネを持っているのだそうです。エレベーターが来て2人も乗り込んだのでした。

ハリーはアーサー氏に考えながらこう訊きました。もしもファッジがルシウス・マルフォイ氏みたいな死喰い人に会っていてしかも1人で会っていたら死喰い人たちに「服従の呪文」をかけられていないと言えるのだろうか?

ハリーのこの問いに対してアーサー氏は我々つまり不死鳥の騎士団もそれを考えなかったわけではない。しかしダンブルドアは今の所はファッジは自分の考えで動いているとそう見てるとの事でした。しかしというわけです。

ダンブルドアが言うにはそれだから安心というわけではないとの事だそうです。

今日の最後に
魔法大臣コーネリウス・ファッジに用事があると言うなら何故ルシウス・マルフォイ氏はファッジの部屋の前で待っていなかったのか?ハリーのこの疑問に対してアーサー氏はこのように答えているというわけなんですよね。

「こっそり法廷に入ろうとしていた。私はそう見るね」

しかしアーサー氏は大変動揺した様子でハリーの肩越しに目を走らせた。もちろんこの時ハリーは全く知らなかったのですが実は不死鳥の騎士団のメンバーが交代で魔法省の地下9階の扉の見張りをしていたというわけです。

ルシウス・マルフォイ氏がここにいた。アーサー氏はひょっとしてルシウス氏は騎士団のメンバーがそこにいるという事に気がついている。あるいは知っているのではとそれを恐れて動揺していたと私はそう思うんですよね。

実際ルシウス氏は気づいていたと私は思います。魔法省の地下9階にいてルシウス氏が取った行動はその時見張りをしていた騎士団のメンバーに「服従の呪文」をかける事でした。この扉の向こうにあの「武器」があるのです。

「服従の呪文」をかけた騎士団のメンバーに例の「武器」を奪わせる。それがルシウス氏の地下9階にいた目的だったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2572-d8967b4c