FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

クリスマス休暇明けに10人の死喰い人がアズカバンを脱獄してその内の1人のオーガスタス・ルックウッドがヴォルデモートに例の「武器」に関する極めて有用な情報をもたらしました。そして事が起きたのはふくろう試験の最終日で「魔法史」の試験の真っ最中だったというわけです。(全3項目)

3-1.ふくろう試験最終日に
ハリーは急いでいました。急ぎに急いでいました。しかし到着した医務室に目当ての人はいませんでした。胸に4本もの「失神光線」を受けたマクゴナガル先生は聖マンゴ魔法疾患障害病院に移送されそこにはいませんでした。

その日はふくろう試験の最終日で午後から大広間で「魔法史」の試験でした。ところがハリーは眠り込んでしまいそこで見た夢が大いに問題でした。シリウスがヴォルデモートに捕まり魔法省で拷問を受けていたんですよね。

ハグリッドもいませんでした。マクゴナガル先生が駆けつけたその時にアンブリッジと4人の闇祓いが小屋にやって来てハグリッドを逮捕しようとしたのです。ハグリッドは逃げる事を余儀なくされたというわけなんですよね。

さらにはダンブルドア校長もいませんでした。ダンブルドアはハリーの身代わりになりホグワーツを去って行きました。事の発端はハーマイオニーが作った「闇の魔術に対する防衛術」の自習グループだったというわけです。

「ダンブルドア軍団」と名付けられたその自習グループの存在がマリエッタ・エッジコムの密告でアンブリッジの知る所となりました。リーダーのハリーが退学を免れるようにダンブルドアはその身代りになったんですよね。

もはやホグワーツに不死鳥の騎士団のメンバーは1人も残っていない。頭が真っ白のままハリーは医務室を出ました。言いようのない恐怖が毒ガスのように湧き上がりハリーは途方に暮れました。そこでだったというわけです。

頭の中で「ロンとハーマイオニー」と声が聞こえてハリーは再び走り出しました。2人を見つけるとハリーは空いている教室を探してそこに飛び込みました。そこでハリーはロンとハーマイオニーにこう訴えたというわけです。

「シリウスがヴォルデモートに捕まった」

しかしそれはヴォルデモートがハリーに仕掛けた罠だったのです。

3-2.それはあまりに有り得ない
どうやってかは分らない。でもどこなのかははっきりと判る。魔法省の「神秘部」に小さなガラスの球で埋まった棚が沢山ある部屋があるんだ。シリウスとヴォルデモートは97列目の棚の奥にいるとハリーはそう訴えました。

あいつがシリウスを使って何だか知らないけどそこにある自分が手に入れたい物を取らせようとしているんだ。シリウスを助けに「神秘部」に行くんだ。大声でそう訴えたハリーにハーマイオニーはこわごわこう言いました。

「あの。どうやって。ヴォルデモートはどうやって誰にも気づかれずに神秘部に入れたのかしら?」

ハリーは声を荒げて「僕が知るわけないだろう?僕たちがどうやってそこに入るかが問題なんだ!」と言いました。しかしハーマイオニーは一歩ハリーに詰め寄ると「ちょっと考えてみて」とそう反論をしたというわけです。

ハーマイオニーは今は夕方の5時だから魔法省には大勢の人が働いている。ヴォルデモートもシリウスも世界一のお尋ね者なのだから闇祓いだらけの建物に気づかれずに入れるわけがないとそうハリーに言ったというわけです。

さらにハーマイオニーはハリーには「人助け癖」というのがある。例えばハリーは去年の三大魔法学校対抗試合の「第2の課題」でも助ける必要のなかったフラー・デラクールの妹を助けたなんて事もあったと指摘しました。

もう1つ付け加えるとしたならハリーは2年生の時もジニーを助けに「秘密の部屋」に飛び込んで行きました。この件にもヴォルデモートは関わっていました。つまりヴォルデモートはハリーのこの「人助け癖」を知っている。

だからハーマイオニーは確かめなくてはならないとそう言うのです。そこでハリーたちがいた教室に偶然入って来たジニーとルーナの2人にも手伝って貰い唯一監視されていないアンブリッジの部屋の暖炉を使う事にしました。

そこからグリモールド・プレイス12番地の厨房の暖炉に行きシリウスがいないかどうかを確かめるというわけです。しかしイースター休暇明けにもハリーがその暖炉を使ったのでアンブリッジは既に対策を施していたのです。

ハリーたちはアンブリッジに捕まってしまいました。さらにクラッブに連れて来られてネビルまでもが加わりました。当然アンブリッジはハリーに何故自分の部屋に入ったのかとその理由を訊きハリーは回答を拒否しました。

そこででした。

3-3.魔法省へ
自発的に話すチャンスを与えたのにお前は断った。そう言うとアンブリッジはドラコ・マルフォイにスネイプを呼んで来なさいと命じました。それを聞いてハリーは自分は何て馬鹿だったんだろうと後悔する事となりました。

不死鳥の騎士団のメンバーがまだ1人残っていたのです。スネイプだ。アンブリッジはスネイプに真実薬をもう一瓶欲しいと言いました。しかしスネイプは真実薬の在庫はもうないと事実上アンブリッジの要請を拒否しました。

ハリーは何とかしてシリウスがヴォルデモートに捕まった事をスネイプに伝えようとしました。ハリーはアンブリッジの部屋を出て行こうとするスネイプに向かってこう叫びました。しかし残念ながら駄目だったんですよね。

「あの人がパッドフットを捕まえた!あれが隠されている場所であの人がパッドフットを捕まえた!」

スネイプは振り返ってハリーを見ましたが不可解な表情でした。スネイプが判ったのかどうかは不明でした。そしてスネイプは部屋を出て行ってしまいました。最後の頼みの綱のスネイプがついにいなくなってしまいました。

アンブリッジは必死にそして懸命に自分で自分を説得しているようでした。ドラコ・マルフォイは待ち切れないという表情を浮かべてアンブリッジを見ていました。アンブリッジはハリーに向かってこう言い放ったのでした。

「磔の呪いなら舌も緩むでしょう」

これを聞いてハーマイオニーが悲鳴を上げアンブリッジに「それは違法です」と言いました。しかしアンブリッジは全く意に介さず魔法大臣コーネリウス・ファッジも知らなければ痛くも痒くもないとまで言ったんですよね。

するとハーマイオニーは泣くふりをしながら話をしようとしていたのはダンブルドアだと言い始めました。ハリーは気がつきましたがアンブリッジやその場にいたスリザリン生はハーマイオニーの演技に気づきませんでした。

ハーマイオニーはアンブリッジを城の外に連れ出しました。ハリーも一緒でした。そこにはフィレンツェが「占い学」の教師になった事で殺気立つケンタウルスがいました。アンブリッジはケンタウルスに連れ去られました。

杖もなく一体どうやって魔法省へと行けばいいのか?ハリーとハーマイオニーがそう話しているとロンにジニーとルーナにネビルがやって来ました。魔法省に行く方法ならあるとルーナがこう言ったというわけなんですよね。

「それは解決済みだと思ったけど。全員飛ぶのよ!」

ハリーにロンとハーマイオニーそれにジニーとルーナとネビルの6人はセストラルに乗って魔法省に向かったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーたち3人にジニーにルーナとネビルの6人はセストラルに乗ってシリウスがヴォルデモートに捕まったとそう思い込み魔法省に向かいました。ハリーは昨年度まではセストラルを見る事ができてはいなかったんですよね。

リトル・ハングルトンの教会墓地でセドリック・ディゴリーが殺害されるのを目撃しハリーはセストラルが見えるようになりました。今更かもしれませんがセストラルは死を見た者だけが見る事のできる魔法動物だからです。

ハグリッドが巨人の居住地から帰って来て最初の「魔法生物飼育学」の授業で教えたのです。セドリック・ディゴリーの死を見てハリーが見えるようになっているに違いないとそう思ってハグリッドは取り上げたんですよね。

ハリーがセストラルが見えるようになった事にもヴォルデモートが深く関わっているというわけです。そのお陰でハリーは魔法省に向かう事ができました。こうしてハリーはヴォルデモートが仕掛けた罠に嵌って行きました。

でも後に起こった事を考えると果たしてヴォルデモートのために良かったのか悪かったのか分からなくなって来ますよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.