FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

学校を護っているはずなのにトンクスが急に任務を放棄してダンブルドアに会いに来たのは何故なのか?トンクスの守護霊はどうして大きな動物に変わったのか?髪がくすんだ茶色になったのは?ハリーたち3人とジニーがその理由を知る時がついにやって来ました。(全3項目)

3-1.医務室にて
学校を護っているはずなのにトンクスが急に任務を放棄してダンブルドアに会いに来ていた。ハリーはトンクスはシリウスの事を愛していた。だから様子がおかしいのではと言いハーマイオニーもそれで納得したんですよね。

ハリーにロンとハーマイオニーが実を云うとトンクスはリーマス・ルーピンの事が好きでその事が原因で元気がなかったんだと知ったのは学期末にダンブルドアがスネイプに殺害された後の事だったというわけなんですよね。

ずっとここにいるわけにはいかない。さあ行こう。ハグリッドにこう言われてもハリーは「嫌だ」と拒絶してダンブルドアのそばを離れようとはしませんでした。すると別の声が「ハリー行きましょう」と言ったんですよね。

ハグリッドよりもっと小さくてもっと温かい手がハリーの手を包んで引き上げました。ハリーはほとんど何も考えずに引かれるままにその手に従いました。ハリーを城に向かわせたその手はジニーだったというわけですよね。

「医務室に行くのよ」とジニーが言うとハリーは「怪我はしてない」と応えました。マクゴナガル先生の命令だそうです。ハリーが「他に誰が死んだの?」と訊くとジニーは「心配しないで。私たちは大丈夫」と答えました。

ドラコ・マルフォイが誰かの死体を跨いだと言った。ハリーがそう指摘をするとジニーは「ビルを跨いだのよ。だけど大丈夫。生きてるわ」と言いました。しかしハリーはジニーの声のどこかに不吉なものを感じ取りました。

ビルは少し面倒な事になったんだそうです。狼人間のフェンリール・グレイバックに襲われたのだそうです。でも襲った時は変身していなかった。マダム・ポンフリーはビルが今までと同じ顔ではなくなると言ったそうです。

病棟に着いて扉を押し開くとネビルが扉近くのベッドに横になっているのが目に入りました。眠っているようです。そしてロンにハーマイオニーとルーナにトンクスとルーピンが病棟の一番奥にあるベッドを囲んでいました。

そのベッドに横たわっていたのがビルだったのです。

3-2.無残な姿のビル
扉が開く音で全員が一斉に顔を上げハーマイオニーが駆け寄ってハリーを抱き締めルーピンも心配そうな顔で近寄って来てハリーに「大丈夫か?」と訊きハリーは「僕は大丈夫」と答え「ビルはどうですか?」と訊きました。

ハリーの問いに誰も答えませんでした。ハーマイオニーの背中越しにベッドを見るとビルが寝ているはずの枕の上にひどく切り裂かれ不気味な見知らぬ顔がありました。マダム・ポンフリーが軟膏を傷口に塗りつけています。

きつい臭いのする緑色の軟膏でした。ハリーが「呪文か何かで傷を治せないんですか?」と訊くとマダム・ポンフリーはこう答えました。ビルの傷は狼人間に噛まれたためもはや手の施しようがないというわけなんですよね。

「この傷にはどんな呪文も効きません。知っている呪文は全部試してみましたが狼人間の噛み傷には治療法がありません」

するとロンが見詰める念力で何とか治そうとするかのようにしてビルの顔をじっと見ながら「だけど満月の時に噛まれたわけじゃない。グレイバックは変身していなかった。だからビルは絶対には。本物の?」と言いました。

そして戸惑いがちにルーピンを見ました。ルーピンは「ああビルは本物の狼人間にはならないと思うよ」と言いました。しかし呪いのかかった傷なので全く汚染されないという事ではないとルーピンは言ったというわけです。

これからビルは何らかの狼的な特徴を持つ事になるんだそうです。今度はロンはダンブルドアなら何か上手いやり方を知っているかもしれないと言いました。しかしそんなロンにジニーがダンブルドアは死んだと告げました。

それを聞いてルーピンは「まさか!」と言うと否定してくれる事を望むかのように視線をジニーからハリーへと激しく移動させましたがハリーが否定しない事が判るとビルのベッド脇の椅子に座り込み両手で顔を覆いました。

ハリーはルーピンが取り乱すのを初めて見ました。見てはいけない個人の傷を見てしまったような気がしてハリーはルーピンから目を逸らしロンを見ました。黙って目を見交わす事でハリーはジニーの言う通りと伝えました。

マダム・ポンフリーもマクゴナガル先生もハリーからスネイプがダンブルドア校長を殺害したと聞いてショックを隠せませんでした。やがてそこにウィーズリー夫妻とビルと婚約していたフラーがやって来たというわけです。

3-3.私も気にしない
ウィーズリーおばさんはマダム・ポンフリーから嫌な臭いの緑色の軟膏を受け取りビルの傷に塗り込み始めました。ジニーは少し目を細めフラーを凝視していてフラーは凍りついたような表情でビルを見下ろしていました。

アーサー氏も「ダンブルドアが逝ってしまった」と呟くように言ってショックを受けているようでした。しかしウィーズリーおばさんはビルだけを見ていました。おばさんは啜り泣きをしてその涙がビルの顔へと落ちました。

もちろんどんな顔になったって構わないわ。そんな事はどうでもいいと言いました。ところがおばさんがもうすぐ結婚するはずだったのにと言ったその時の事でした。突然フラーが大声でそれはどういう意味だと言いました。

どういう意味ですか?この人が結婚するはずだった?フラーにこう言われおばさんは驚いたように涙に濡れた顔を上げました。フラーは狼人間なんかがビルに自分を愛する事を辞めさせられないとそう言ったというわけです。

私だけで十分2人分美しいと思います。傷痕は私のハズバンドが勇敢だという印です。それにそれは私がやります。フラーは激しい口調でそう言うと軟膏を奪っておばさんを押し退けました。誰も何も言いはしなかったのでした。

フラーのビルと結婚するという気持ちに全く揺らぎがない事を知ったおばさんはついにフラーにビルと結婚する事を許すと告げました。抱き合って泣くおばさんとフラーを見てハリーたち3人とジニーは呆然としていました。

「判ったでしょう!」

こう張り詰めた声がしてトンクスがルーピンを睨んでいました。トンクスはさらにルーピンに「フラーはそれでもビルと結婚したいのよ。噛まれたというのに!そんな事はどうでもいいのよ!」とそう言ったというわけです。

これにルーピンはほとんど唇を動かさずに突然表情を強張らせて「次元が違う。ビルは完全な狼人間にはならない。事情が全く」と言いました。しかしトンクスはルーピンのローブの胸元を掴んで揺さぶるとこう言いました。

「でも私も気にしないわ。気にしないわ!百万回もあなたにそう言ったのに」

学校を護っているはずなのに急に任務を放棄してダンブルドアに会いに来たのは何故なのか?どうしてトンクスの守護霊は大きな動物へと変わったのか?くすんだ茶色の髪になったのは?ハリーは突然その理由が判りました。

ルーピンはトンクスの目を避けて床を見詰めながら「私も君に百万回も言った。私は君にとって歳を取り過ぎているし貧乏過ぎる。危険過ぎる」と言いました。するとそこにウィーズリーおばさんがこう口を挟んで来ました。

「リーマスあなたのそういう考え方は馬鹿げているって私は最初からそう言ってますよ」

しかしルーピンはしっかりした口調で「馬鹿げてはいない。トンクスには誰か若くて健全な人がふさわしい」と言いました。するとアーサー氏が小さく微笑みながら「でもトンクスは君がいいんだ」と言ったというわけです。

「それに結局の所リーマス若くて健全な男がずっとそのままだとは限らんよ」

アーサー氏はこう言いビルのほうを悲しそうに見ました。それでもルーピンは落ち着かない様子で周りを見回し一同の目を避けながら「今は。そんな事を話す時じゃない。ダンブルドアが死んだんだ」とそう言ったのでした。

「世の中に少し愛が増えたと知ったらダンブルドアは誰よりもお喜びになったでしょう」

マクゴナガル先生が素気なくこう言いました。こうしてトンクスとルーピンは結婚する事になったというわけなんですよね。

最後に
改めて考えてみるとこの名場面集というシリーズはそれぞれの登場人物の「らしくない場面」を紹介するという内容になるので今週取り上げたニンファドーラ・トンクスについてはおっちょこちょいのシーンは登場しません。

こうしてトンクスにとってはめでたくもルーピンと結婚できる事になりました。しかしルーピンの苦悩は結婚後もまた続く事になってしまいましたよね。それと云うのもルーピンの性格が生真面目過ぎるからなんでしょうね。

トンクスが妊娠して普通なら妻の懐妊は吉報で喜べる事なのに自分が狼人間であるが故にむしろ苦しむ事になってしまった。満月の日に狼に変身する子供だったらどうしようとか自分のせいで差別されると恐れたんですよね。

でもハリーが敢えて突き放して逃げようとしたルーピンをトンクスの元に帰るようにしました。我が子の誕生に立ち会いルーピンは最上の喜びを味わう事ができました。そこでハリーを息子の名付け親にしたというわけです。

ハリーもそれでつくづくそうして良かったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.