FC2ブログ
ハリーはダンブルドアの目に勝ち誇った光を見たような気がしましたが次の瞬間には勘違いだと思いました。しかし勘違いなどではない事をおよそ3年後に他ならぬそのダンブルドアの口から極めて意外な形で聞かされる事になったんですよね。それは摩訶不思議な形でした。(全3項目)

3-1.兄弟杖の事を知って
ハリーを三大魔法学校対抗試合の4人目の代表選手にして優勝するよう取り計らい優勝杯を「移動キー」にしてリドル・ハングルトンの教会墓地に連れて来させる。ヴォルデモートが立てたこの計画は上手く行ったんですよね。

ヴォルデモートはハリーの血を使って以前より強くなって蘇りハリーに触る事ができるようになりました。ところが詰めを誤りました。ハリーは逃げ生きてホグワーツに帰りダンブルドアにその事を知らせたというわけです。

ヴォルデモートはそもそも自分を凋落させたシビル・トレローニーの予言の全容を知りたいと思いました。魔法省の「神秘部」には予言を封印したガラス球があるのでそれを手に入れれば予言の全容を知る事ができるのです。

しかしその予言球は封印した予言に関わる者しか取る事ができません。そこでヴォルデモートはハリーにその予言球を取らせて配下の死喰い人に奪わせようとしました。ところがその予言球は破壊されてしまったんですよね。

激昂したヴォルデモートは魔法省に姿を現しハリーを殺害しようとしました。その前に立ち塞がったのがアルバス・ダンブルドアでした。ヴォルデモートは魔法省の多くの職員に目撃されてしまい復活が公になったのでした。

それからまもなくの事でした。ヴォルデモートは杖職人のオリバンダー翁を拉致して自分の杖とハリーの杖が同じ不死鳥の尾羽根を芯に持つ兄弟杖で他の者の杖を使えば問題は解決する事を知りました。そこでだったのです。

ヴォルデモートはルシウス・マルフォイ氏に杖を差し出させました。アルバス・ダンブルドアは始末しました。後はハリー・ポッターを亡き者にしさえすれば自分にはもはや脅威の存在はいなくなるというわけなんですよね。

セブルス・スネイプが不死鳥の騎士団のメンバーの1人のマンダンガス・フレッチャーからハリーがプリベット通り4番地を離れる正確な日付を聞き出しました。おそらくヴォルデモートは今度こそはとそう思ったんでしょうね。

3-2.ハリーの柊と不死鳥の杖が
当初ハリーはマッド・アイ・ムーディが迎えに来て「付き添い姿くらまし」でプリベット通り4番地を離れる事になっていました。ところが魔法法執行部の部長のパイアス・シックネスの寝返りでできなくなってしまいました。

パイアス・シックネスがプリベット通り4番地を「煙突飛行ネットワーク」と結ぶ事も「移動キー」を置く事も「姿現わし」で出入りする事も禁止してしまったのです。そこで取ったのが「7人のハリー・ポッター作戦」でした。

13人の騎士団員が大挙してやって来てその内の6人がポリジュース薬でハリーの姿になり7組に分かれてそれぞれが別の騎士団員の家に向かう。魔法省にはハリーは7月30日の夜中までは動かないという偽の情報を流しました。

それでもヴォルデモートはこのあたりの空全体を2人の死喰い人にパトロールさせているに違いない。だからこうすれば敵方の死喰い人は7人の内の誰が本物なのか分からないので追跡するのはもう不可能になるというわけです。

しかしヴォルデモートと死喰い人たちはハリーが7月30日の夜中まで動かないというのは偽情報だという事も知っていましたしハリーがプリベット通り4番地を離れる正確な日付も知っていて上空で来るのを待ち構えていました。

そのためにハリーを含めた14人の騎士団一行は少なくとも30人のフードを被った集団つまりは死喰い人たちに取り囲まれる事になってしまいました。ハリーはシリウスのバイクのサイドカーに乗ってハグリッドと一緒でした。

ハリーは追っ手に向かって次から次へと「失神呪文」を放ちました。一番近くにいた死喰い人がそれを避けようとした拍子にフードが滑り落ちました。それは奇妙に無表情なスタン・シャンパイクだったというわけですよね。

ハリーはスタン・シャンパイクが無実なのに釈放されないという事をアーサー氏から聞いていました。そこでハリーは死なせてはいけないと思って「エクスペリアームス!」と叫びました。この呪文が問題だったんですよね。

もう1人のまだフードを被ったままの死喰い人が「あれだ。あいつがそうだ。あれが本物だ!」と叫びました。次の瞬間には追っ手は退却して視界から消えました。その死喰い人たちはヴォルデモートに知らせに戻ったのです。

ハリーとハグリッドが目指していたのはテッド・トンクス氏の家でした。到着する寸前にヴォルデモートが姿を現しました。風に乗った煙のように箒にもセストラルにも乗らずに飛んで来てヴォルデモートは杖を上げました。

ハリーはもうお終いだと思いました。ヴォルデモートがどこにいるのか姿も見えず声も聞こえなくなりました。声が聞こえて来たかと思うとヴォルデモートは「死の呪文」を唱えようとしていました。ところがだったのです。

「アバダー」

額の傷痕の激痛でハリーは目を固く閉じました。その時でした。ハリーの柊と不死鳥の杖が勝手に動きました。まるで巨大な磁石のように杖はハリーの手を引っ張りました。閉じた瞼の間からハリーはそれを見たんですよね。

柊と不死鳥の杖が金色の炎を噴き出しました。その炎でヴォルデモートがルシウス・マルフォイ氏から借り受けた杖は破壊されたのです。そしてハリーとハグリッドは保護呪文の範囲内に入って生き永らえる事ができました。

またしてもハリーはヴォルデモートの魔の手から逃れたのです。

3-3.ダンブルドアから
一体何が起こったのか?柊と不死鳥の杖は何をしたのか?ハリーがその事実を知ったのは翌年5月の事でした。何とハリーはアルバス・ダンブルドアその人の口から数々の疑問の答えを聞く事になったというわけなんですよね。

ハリーは「叫びの屋敷」で死に行くスネイプから「記憶」を差し出され校長室に行くと「憂いの篩」でそれを見ました。そしてハリーは自分が死ななければヴォルデモートを真に滅ぼす事はできないと知ってしまったのです。

ヴォルデモートがハリーを殺害しようとしたその時にヴォルデモートの魂の欠片がハリーに付着したのです。それがためにハリーは蛇語を解し話せるようになったのでした。ハリーは「禁じられた森」へと向かったのでした。

ヴォルデモートに「死の呪文」で撃たれたハリーはダンブルドアに会いました。先生は死んでいる。それなら自分も死んでいる?ハリーのこの問いにダンブルドアは「違うと思うぞ」と答えました。それは一体何故なのか?

あいつは自分の血を入れた。昨日の記事でその場面を振り返りました。ヴォルデモートがハリーの血を使って自身の体を再生し蘇ったと聞いた時にハリーはダンブルドアの目に勝ち誇った光を見たような気がしたんですよね。

次の瞬間ハリーはそれを勘違いだと思いました。しかし勘違いではありませんでした。ヴォルデモートがハリーの血を取り込んだ事でハリーの母親リリーの護りをも取り込んだためにハリーは決して死なないというわけです。

ハリーの柊と不死鳥の杖は何故ヴォルデモートがルシウス・マルフォイ氏から借り受けた杖を破壊したのか?ハリーのこの疑問にもダンブルドアは答えてくれました。それは数々の要因が折り重なった末の事なんだそうです。

ヴォルデモートは蘇った時にハリーに魂の一部を付着させたままハリーの母リリーの護りの魔法を取り込み意図せずしてハリーとの絆を二重に強めた。その状態でハリーの杖つまり兄弟杖と自分の杖を戦わせたんだそうです。

戦ったあの夜ヴォルデモートはハリーよりも死ぬ事を恐れていた。その一方でハリーは死ぬかもしれないという事を受け入れむしろ積極的に迎え入れた。ハリーの勇気が勝った。ハリーの杖がヴォルデモートの杖を圧倒した。

その結果2本の杖の間に2人の持ち主の関係を反映した何事かが起こってハリーの杖はヴォルデモートの杖の力と資質の一部を吸収したのだそうです。そこで追跡した時にハリーの杖はヴォルデモートを認識したんだそうです。

血を分けた間柄でありながら不倶戴天の敵であるヴォルデモートを認識したハリーの杖はヴォルデモート自身の魔法の一部をヴォルデモートに向けて吐き出した。ハリーの杖は2つの要素を兼ね備えていたとの事だそうです。

それはハリーの並外れた勇気とヴォルデモートの恐ろしい魔力なのだそうです。だからルシウス・マルフォイ氏の杖は破壊されたというわけなんですよね。

今日の最後に
4年生の学期末にリトル・ハングルトンの教会墓地でヴォルデモートと対決した時のハリーはまさにセドリック・ディゴリーは殺害されてしまって周囲を取り囲むのは全員が死喰い人という事で最悪中の最悪の状態でしたよね。

しかしその見返りは十二分にあったというわけです。ヴォルデモートがハリーの血を使って自身の体を再生し蘇ったためにヴォルデモートはハリーの母リリーの護りの魔法をも取り込んでハリーは不死身になったんですよね。

さらに兄弟杖を無理やり戦わせた事でハリーの柊と不死鳥の杖はヴォルデモートの恐ろしい魔力を吸収したのです。ハリーの杖は金色の炎を噴き出しルシウス・マルフォイ氏の杖は破壊されハリーはまたも生き永らえました。

そしてハリーは再びヴォルデモートに「死の呪文」を放たれましたが死ななかったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2611-a0bc65fa