FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーは5年生の夏休みに再結成された不死鳥の騎士団の本部になったロンドンのグリモールド・プレイス12番地で屋敷しもべ妖精のクリーチャーに出会いました。ところがクリーチャーはハリーにとてつもない災いをもたらす事になってしまったんですよね。(全3項目)

3-1.グリモールド・プレイス12番地で
ハリーが屋敷しもべ妖精のクリーチャーと出会ったのはクリーチャーが再結成された不死鳥の騎士団の本部のロンドンのグリモールド・プレイス12番地に住んでいたからでまずはウィーズリー家の人々にその話を聞きました。

何でもウィーズリーおばさんによれば変な事ばかりするそうでロンに言わせればいかれぽんちであんなのは見た事がないんだそうです。いかれぽんちじゃないと言うハーマイオニーにロンはこう反論したというわけですよね。

「あいつの最大の野望は首を切られて母親と同じように楯に飾られる事なんだぜ。ハーマイオニーそれでもまともかい?」

ハリーがクリーチャーと実際に顔を合わせたのは12番地に入って一夜明けた2日目の事で客間の掃除をしている時でした。クリーチャーはハリーやその場にいたウィーズリー一家の面々に全く関心を示そうとはしませんでした。

ハリーは笑っていいのかどうか分りませんでした。クリーチャーは全員を憎々しげに見詰めて誰も自分の言う事が聞こえないと信じ切っているらしくブツブツと言い続けました。それは差別用語満載の言葉だったんですよね。

「いやらしい血を裏切る者とそのガキたち」とか「穢れた血」です。クリーチャーに言わせるとハーマイオニーは「穢れた血め。ずうずうしく鉄面皮で立っている」との事だそうです。何故クリーチャーはそうなったのか?

シリウスによればシリウスの母親の肖像画からの狂った命令を受けていたからなのだそうです。シリウスの両親は狂信的な純血主義者で本性を現すまではヴォルデモートが正しい考え方をしていると思っていたとの事でした。

マグル生まれを排除し純血の者が支配するという魔法族の浄化に賛成だった。何とシリウスの弟レギュラスは死喰い人になっていてシリウスの両親も当初はそんなレギュラスをまさに小さな英雄と思っただろうとの事でした。

3-2.クリスマス休暇のクリーチャー
そんなクリーチャーとハリーはクリスマス休暇にも顔を合せる事になりました。アーサー氏が騎士団の任務中にヴォルデモートの蛇のナギニに襲われ重傷を負い聖マンゴ魔法疾患障害病院に担ぎ込まれる事になったからです。

ハリーにロンとフレッドにジョージそれにジニーはダンブルドアが作った「移動キー」でグリモールド・プレイス12番地にやって来ました。到着した時クリーチャーは厨房の扉から玄関ホールへ出て行く所だったんですよね。

「戻って来た。血を裏切るガキどもが。父親が死にかけてるというのは本当なのか?」

こう言うクリーチャーにシリウスは「出て行け!」と吠えました。そしてロンの腕時計で明け方の5時10分過ぎでした。厨房の扉が開いてウィーズリーおばさんが入って来ました。おばさんは一同にこう言ったというわけです。

「大丈夫ですよ。お父さまは眠っています。後でみんなで面会に行きましょう。今はビルが看ています。午前中仕事を休む予定でね」

アーサー氏は一命を取り留めました。シリウスは「朝食だ!」と言うと勢いよく立ち上がりクリーチャーを呼び出しました。しかしクリーチャーは呼び出しには応じませんでした。それから暫くの間は姿を見せませんでした。

クリスマスにハーマイオニーがクリーチャーが寝床にしている納戸にプレゼントを持って行ったのでハリーとロンも同行しました。そこにクリーチャーの姿はありませんでした。シリウスは一同にこう訊いたというわけです。

「そう言えば近頃誰かクリーチャーを見かけたかい?」

シリウスのこの問いにはハリーが「ここに戻って来た夜に見たきりだよ。シリウスおじさんが厨房から出て行けって命令してたよ」と答えました。シリウスもやはりクリーチャーを見たのはあの時が最後だと言ったのでした。

「出て行っちゃったって事はないよね?つまり出て行けって言った時この館から出て行けという意味に取ったのかなあ?」

こう訊くハリーにシリウスは屋敷しもべ妖精は衣服を貰わない限り出て行く事はできない。主人の家に縛りつけられていると答えました。しかしかつてドビーはマルフォイの家を離れてプリベット通り4番地にやって来ました。

ハリーがそれを言うとシリウスは一瞬ちょっと不安そうな顔をしましたが後でクリーチャーを探すと言いました。クリーチャーは屋根裏部屋に潜んでいるのをシリウスが見つけました。ハリーは何だか落ち着きませんでした。

シリウスはブラック家の形見の品を探してもっと自分の巣穴に持ち込もうとしていたという筋書きで満足していました。再び姿を現したクリーチャーは何だか前より機嫌が良いように見え従順に命令に従うようになりました。

ハリーは一度か二度クリーチャーが自分を熱っぽく見詰めている事に気づきました。しかしハリーに気づかれていると判るとクリーチャーはいつも素早く目を逸らすのです。ハリーはもやもやした疑惑を抱く事になりました。

しかしクリスマスが終わって急激に元気をなくし不機嫌になり無口で気難しくなって行くシリウスには言えませんでした。

3-3.ひどくうれしそうなクリーチャー
そしてそれはふくろう試験最終日の事でした。午後から行われた「魔法史」の試験中にハリーは眠り込んでしまい夢を見ました。シリウスがヴォルデモートに捕まって魔法省の「神秘部」で拷問を受けているという内容です。

ハリーは走りに走りました。医務室にいるマクゴナガル先生にシリウスが捕まったと言うつもりでした。しかし医務室にはマクゴナガル先生はいませんでした。聖マンゴ魔法疾患障害病院に移送されてしまったんだそうです。

何せ「失神光線」が胸に4本も直撃したのです。ダンブルドアもいない。ハグリッドもいない。もはやホグワーツには不死鳥の騎士団のメンバーが1人もいない。そこでハリーは今度はロンとハーマイオニーに訴えたんですよね。

ところがハーマイオニーは言うのです。シリウスもヴォルデモートも世界一のお尋ね者なのよ。それに今は夕方の5時で魔法省には大勢の人が働いている。闇祓いだらけの建物に気づかれずどうやって入る事ができると思う?

ハリーはアーサー氏がヴォルデモートの蛇に襲われるのを夢で見ました。しかしハーマイオニーは今回のはあまりにも有り得ない。確かめなくてはならないと訴えました。そこで再びアンブリッジの部屋の暖炉を使いました。

唯一監視されていないからです。ハリーは煙突飛行粉を火格子に一摘み投げ入れて踊る炎に頭を突っ込むと「グリモールド・プレイス12番地!」と叫びました。そこにシリウスの姿はなくいたのはクリーチャーだったのです。

何だか随分うれしそうです。ただ最近両手をひどく傷つけたようで包帯をぐるぐる巻きにしていました。クリーチャーは妙に勝ち誇った目つきでこそこそとハリーを盗み見ながらこのように告げたというわけなんですよね。

「ポッター坊主の頭が暖炉にあります。この子は何でやって来たのだろう?クリーチャーは考えます」

ハリーがクリーチャーに「シリウスはどこだ?」と問い質すとクリーチャーは含み笑いをして「ご主人様はお出かけです」と答えました。さらにはクリーチャーは自分以外には誰もいないともやはりうれしそうに言いました。

やがてクリーチャーはこれまでにない高笑いをすると「ご主人様は神秘部から戻って来ない!クリーチャーはまた奥様と2人きりです!」と上機嫌で言いました。そして走って玄関ホールへと消えて行ってしまったのでした。

ここまででした。ハリーはアンブリッジに捕まりロンもハーマイオニーも手伝っていたジニーとルーナも捕まりさらにネビルも捕まっていました。しかしハーマイオニーが機転を利かしてアンブリッジを外に連れ出しました。

アンブリッジはフィレンツェが「占い学」の教師になって荒れ狂い殺気立つケンタウルスに連れ去られました。ロンとジニーにネビルとルーナもハリーとハーマイオニーを追って校庭に駆けつけて来たというわけですよね。

6人はセストラルに乗ってシリウスを助けに魔法省へと行きました。しかしやはりハーマイオニーの言う通りだったのです。これはヴォルデモートが仕掛けた罠でした。ハリーに予言を封印したガラス球を取らせるためでした。

予言球はネビルが蹴飛ばして破壊してしまいました。ヴォルデモートは予言の全容を知る事はできませんでした。それからシリウスはハリーを助けに駆けつけてベラトリックス・レストレンジに殺害されてしまったんですよね。

ハリーは父親とも兄とも慕っているかけがえのないシリウスを死なせてしまったというわけなんですよね。

今日の最後に
屋敷しもべ妖精は衣服を貰わない限り出て行く事はできない。主人の家に縛りつけられているとシリウスは言いました。でも出て行こうと思えばできる。かつてドビーがマルフォイの家を離れたとハリーがそう指摘しました。

ところがクリーチャーは自由な屋敷しもべ妖精でドビーと同じなんですよね。シリウスがクリーチャーが父の古いズボンを抱き締めているのを見たと言っています。クリーチャーは自分の意志で12番地に留まっているのです。

ドビーはハリーにマルフォイ家の人たちは自分が自由にならないよう靴下1つ渡さないように気をつけていると言っています。私はクリーチャーにはクリーチャーなりの理由があってここ12番地に留まっているとそう思います。

その理由が後にハリーに思わぬ結果をもたらす事になると私はそう思いますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.