FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ゼノフィリウス氏によればあの三角の印は「死の秘宝」の印なんだそうです。そしてその全ては「三人兄弟の物語」から始まるのだそうです。そして何とハーマイオニーがその物語の原書を持っていました。そこでハーマイオニーが読んで聞かせる事になったというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.全ては三人兄弟の物語から始まる
ハリーはロンとハーマイオニーを見ましたが2人ともゼノフィリウス氏の言った事が理解できなかったようです。そこでハリーはゼノフィリウス氏に「死の秘宝?」と問いかけました。するとこんな言葉が返って来たのでした。

「その通り。聞いた事がないのかね?まあそうだろうね。信じている魔法使いはほとんどいない。君の兄さんの結婚式にいたあの戯けた若者がいい証拠だ」

こう言うとゼノフィリウス氏はロンに向かって頷いたのでした。そしてさらに言葉を続けて「悪名高い闇の魔法使いの印を見せびらかしていると言って私を攻撃した!無知も甚だしい」とそう言ったというわけなんですよね。

ゼノフィリウス氏によれば秘宝には闇の「や」の字もないんだそうです。少なくとも一般的に使われている単純な闇の意味合いはないのだそうです。それならばゼノフィリウス氏は何故あの印を首からぶら下げていたのか?

あのシンボルは他の信奉者が「探求」を助けてくれる事を望んで自分が仲間である事を示すため使われているだけの事なんだそうです。しかしゼノフィリウス氏がそう説明してもハリーはまだ理解する事はできませんでした。

そこでハリーは「すみませんが僕にはまだよく分りません」と言いました。するとゼノフィリウス氏は「そう。いいかね信奉者たちは死の秘宝を求めているのだ」と言いました。するとハーマイオニーがこう訊いたのでした。

「でも死の秘宝って一体何ですか?」

ハーマイオニーのこの問いにゼノフィリウス氏は「君たちは三人兄弟の物語をよく知っているのだろうね?」と問い返しました。ハリーは「いいえ」と答えましたがロンとハーマイオニーは何と同時に「はい」と答えました。

「さてさてミスター・ポッター全ては三人兄弟の物語から始まる。どこかにその本があるはずだが」

ゼノフィリウス氏は重々しく頷くとこう言いました。そして漠然と部屋を見回して羊皮紙や本の山に目をやりました。するとハーマイオニーが「ラブグッドさん。私がここに持っています」とそう言ったというわけですよね。

ハーマイオニーはビーズバックからダンブルドアに遺贈された「吟遊詩人ビードルの物語」の蔵書を引っ張り出したというわけなんですよね。

3-2.三人兄弟の物語
その蔵書を見てゼノフィリウス氏は「原書かね?」と鋭く訊いてハーマイオニーが頷くと「さあそれじゃ声を出して読んでみてくれないか?みんなが理解するためにはそれが一番よい」とそう言ったというわけなんですよね。

ハーマイオニーは緊張したように「あっ。判りました」と答えて本を開き小さく咳払いをすると読み始めました。その時ハリーはそのページの一番上に自分たちが調べている例の三角の印がついている事に気づいたんですよね。

「昔々三人の兄弟が寂しい曲がりくねった道を夕暮れ時に旅していました」

ハーマイオニーがここまで読んだ所でロンが「真夜中だよ。ママが僕たちに話して聞かせる時はいつもそうだった」と言いました。ハーマイオニーは「邪魔しないで」という目つきでちらりと見てロンはこう言ったのでした。

「ご免。真夜中のほうがもうちょっと不気味だろうと思っただけさ!」

ハリーも思わず口を挟んでしまい「うんそりゃあ僕たちの人生にはもうちょっと恐怖が必要だしな」と言いました。一方ゼノフィリウス氏はあまり注意して聞いていない様子で窓の外の空を見詰めていたというわけですよね。

ハリーが続けてよと言いハーマイオニーは再び読み始めました。何でもその三人兄弟はやがて歩いて渡れないほど深くて泳いで渡るには危険過ぎる川に着きました。でもその三人は魔法を学んでいたというわけなんですよね。

そのため杖を一振りしただけでその危なげな川に橋をかけました。半分ほど渡った所で三人はフードを被った何者かが行く手を塞いでいるのに気づきました。そして「死」が三人に語りかけました。ここでまただったのです。

「ちょっと待って。死が語りかけたって?」

今度はこうハリーが口を挟みました。ハーマイオニーは「お伽噺なのよ」と答えてハリーは「そうかご免。続けてよ」と言いました。ハーマイオニーは「そして死が三人に語りかけました」と繰り返してまた読み始めました。

三人の新しい獲物にまんまとしてやられてしまったので「死」は怒っていました。というのも旅人は大抵その川で溺れ死んでいたからなのだそうです。でも「死」は狡猾で三人兄弟が魔法を使った事を誉めるふりをしました。

そして「死」を免れるほど賢い三人にそれぞれ褒美をあげると言ったんだそうです。一番上の兄は戦闘好きだったので存在するどの杖よりも強い杖をくださいと言ったそうです。決闘をすれば必ず持ち主が勝つという杖です。

「死」を克服した魔法使いにふさわしい杖を要求したのです。そこで「死」は川岸のニワトコの木まで歩いて行き下がっていた枝から1本の杖を作りそれを一番上の兄に与えました。二番目の兄は傲慢な男だったのだそうです。

そのため「死」をもっと辱めてやりたいと思いそこで人々を「死」から呼び戻す力を要求しました。すると「死」は川岸から一個の石を拾い二番目の兄に与えると「この石は死者を呼び戻す力を持つであろう」と言いました。

ところがだったのです。

3-3.一番下の弟だけは
そして次に「死」は一番下の弟に何が欲しいかと尋ねました。三番目の弟は兄弟の中で一番謙虚でしかも一番賢い人でした。そして「死」を信用していませんでした。そんな一番下の弟が「死」に対して要求をした物とは?

その弟は「死」に跡を追けられずにその場から先に進む事ができるような物が欲しいと言いました。そこで「死」は渋々自分の持ち物の「透明マント」を与えました。するとここでまたもハリーがこう口を挟んだんですよね。

「死が透明マントを持っていたの?」

ハリーのこの問いに答えたのはロンで「こっそり人間に忍び寄るためさ。両腕をひらひら振って叫びながら走って襲いかかるのに飽きちゃう事があってさ」と答えたその後に「ご免ハーマイオニー」と謝ったというわけです。

それから「死」は道を開け三人兄弟が旅を続けられるようにしたのだそうです。三人は今しがたの冒険の不思議さを話し合い「死」の贈り物に感嘆しつつ旅を続けましたが三人はやがて分れそれぞれの目的地に向かいました。

一番上の兄は1週間ほど旅をして遠い村に着き争っていた魔法使いを探し出しました。何せ武器が「ニワトコの杖」ですから当然その後に起こった決闘に勝たないわけはありません。死んで床に倒れる敵を置き去りにしました。

それから一番上の兄は旅籠に行き「死」そのものから奪った強力な杖について大声で話し自分は無敵になったと自慢しました。その晩の事です。1人の魔法使いがワインに酔いつぶれて眠っている一番上の兄に忍び寄りました。

その盗っ人は杖を奪いついでに一番上の兄の喉を掻き切りました。こうして「死」は一番上の兄を自分のものにしました。一方二番目の兄は一人暮らしをしていた自分の家へと戻りました。そして早速だったというわけです。

そこですぐに死人を呼び戻す力のある石を取り出し手の中で三度回しました。驚いた事にそしてうれしい事に若くして死んだ昔結婚を夢見た女性の姿が現れました。ところが現れたその女性が曲者だったというわけですよね。

彼女は悲しそうで冷たく二番目の兄とはベールで仕切られているかのようです。この世に戻って来たもののその女性は完全にはこの世になじめず苦しみました。二番目の兄は望みのない思慕で気も狂わんばかりになりました。

そして彼女と本当に一緒になるためにとうとう自らの命を絶ちました。こうして「死」は二番目の兄を自分のものにしました。しかし一番下の弟は「死」が何年探しても決して見つける事ができなかったというわけですよね。

一番下の弟はとても高齢になった時についに「透明マント」を脱いで息子にそれを与えました。そして一番下の弟は「死」を古い友人として迎えて喜んで「死」と共に行き同じ仲間として一緒にこの世を去ったんだそうです。

ハーマイオニーは「三人兄弟の物語」を読み終え本を閉じたというわけなんですよね。

今日の最後に
ハーマイオニーがこの三角の印を最初に目にしたのはハリー17才の誕生日にダンブルドアから遺贈された「吟遊詩人ビードルの物語」の蔵書でその翌日にはゼノフィリウス氏が首からぶら下げているのを見たというわけです。

そしてゴドリックの谷に行ってハリーの両親の墓参りをした際に古い墓石に刻まれているのを目撃してリータ・スキーター著の「アルバス・ダンブルドアの真っ白な人生と真っ赤な嘘」でもこの三角の印を見たんですよね。

ダンブルドアがグリンデルバルドに宛てて書いた手紙の写真が掲載されていてそこにもまた同じ三角の印があった。そこでハーマイオニーは「これは大事な印に違いない!」とそう考えるに至ったというわけなんですよね。

そこでハリーにダンブルドアは死んでもうこの世の人ではないしグリンデルバルドは生きているのか死んでいるのか全く分からないので印の意味を訊くならゼノフィリウス氏しかいないから会いたいと申し入れたんですよね。

そしてゼノフィリウス氏はこの三角の印は「死の秘宝」の印だとハリーたちに教えてくれました。全ては「三人兄弟の物語」から始まる。ロンとハーマイオニーは知っていましたがハリーだけが知らなかったというわけです。

そこでハーマイオニーが読んで聞かせたというわけです。そしてついにハリーたちは「死の秘宝」とは何かを知る事になるというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.