FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

「第3の課題」まで1ヵ月を切り最後のハードルを乗り越えるためにロン・ハーマイオニーと共に様々な呪文や呪いを覚えたり練習したりする日々が続いたハリーでしたが・・・「占い学」の授業では!夢が夢ではなく現実のことだと初めて気づいたのでした。(全4項目)

4-1.「悪戯専門店」のこと
翌日シリウスに手紙を出すために早起きしたハリーたち3人でしたが、前夜は夜遅くまでクラウチ氏のことを話していたので3人とも寝不足で腫れぼったい目をしていました。

結局クラウチ氏は行方知れずのままでハリーは断片的な情報しか得ることができませんでしたがヴォルデモートが「より強く」なっているという話には信憑性があるようでした。

手紙を出すために朝早くふくろう小屋に来た3人でしたが早朝なのに「もう2人」手紙を出しに現れたのは何と!フレッドとジョージでした。

脅迫がどうの汚い手に出る時だのと激しく議論しながら2人がふくろう小屋に入って来るものだから心配するハリーとハーマイオニーでしたが・・・

ロンはフレッドとジョージはママを困らせるためではなく「悪戯専門店」のことを真剣に考えていて店を始めるために金貨が必要なので・・・

最近金儲けに取り憑かれているのだと2人に言ったのでした。

4-2.「第3の課題」に向けて・・・
「魔法史」の授業終了後に「闇の魔術」の教室に急いだ3人は空になった教室に入ってすぐハリーは単刀直入にムーディに「(クラウチ氏を)見つけたのですか?」と訊ねました。

当然目の前にいる人物(ムーディことクラウチ・ジュニア)が殺してしまったのですから「見つかった」などと答えるハズはなく・・・

クラウチ氏のことはダンブルドアが魔法省に知らせたし、お前たちの手には負えんので後は「第3の課題」に集中することだと言ったのでした。

翌朝にはシリウスから即座に返事の手紙が来て「もう変なところへ出ていかないと約束してくれ」という抗議の言葉が綴られていました。

そんなシリウスにハリーは学校時代に自分のしたことを棚に上げて説教する資格があるのか?!と怒りましたがハーマイオニーは「あなたのことを心配してるんじゃない!」と厳しい声で言ったのでした。
4-3.「占い学」の授業で・・・
そんななわけで「第3の課題」に向けて準備を始めた3人!図書室に行って役に立ちそうな呪文や呪いを探し出して来ては空いた教室でそれを練習したりして自由時間を過ごすなどしました。

そうこうする内にハーマイオニーは「数占い」ロンとハリーは「占い学」の授業の時間となり2人は北塔のてっぺんにある「いつもの」教室に行きました。

「占い学」の教室は5月の下旬なのに暖炉の火が点けっぱなしで、うだるような暑さだったのでハリーはトレローニー先生がそっぽを向いた隙に窓を開けて風が少し入るようにしました。

それが風だけではなく「招かざる客」をも入るようにしてしまったのでした。

トレローニー先生がランプを消したので教室が暗くなり窓から入るそよ風が顔を撫でてハリーの瞼が重たくなって来ました。ふと気がつくと・・・

ハリーはワシミミズクの背に乗って高い丘の上に立つ蔦の絡んだ古い屋敷に入って行きました。ワシミミズクから降りると巨大な蛇と1人の男が見えました。

ハリーが夢だと思って見ていたのは実は『現実の事』でした。肘掛椅子の奥から杖が出て来て、冷たい声が「クルーシオ!苦しめ!」と呪文を唱えるとハリーの額の傷が焼きごてを当てられたように痛みました。

ハリーが目を開けるとハリーは両手で顔を覆い教室の床に倒れていました。ロンがすぐそばに膝をつき恐怖の表情を浮かべて「大丈夫か?」と聞きました。

ハリーは立ち上がると「医務室に行く」と言って教室を出ましたが、もちろん医務室には行かず以前に受けたシリウスのアドバイス通りに校長室に向かったのでした。

4-4.この場面でのダンブルドア
この後見た夢の詳細をなるべく忘れないようにして校長室に到着したハリーでしたが、ハリーが校長室に入った時には魔法大臣コーネリウス・ファッジとムーディにダンブルドアの3人が・・・

ハリーが先日出くわした「クラウチ氏失踪事件」について議論しているところでした。ここでの3人の議論とダンブルドアの発言内容には興味深いものがありますよね。

まずはバーサ・ジョーキンズが行方不明になっている件とクラウチ氏が失踪している件との関連性について大臣は繋がりなど分からないと言っていますが2人の失踪にはいずれもヴォルデモートが関わっていること。

大臣は「半巨人」だというだけでボーバトンの校長マダム・マクシームを疑っていますが、ダンブルドアは「疑っておらんよ」と明確にそれを否定しています。

ハリーが漏れ聞いた3人の議論の内容を聞いただけでもダンブルドアが事の次第の全容をきっちり把握していることが判りますよね。

本日の最後に
魔法大臣コーネリウス・ファッジはクラウチ氏失踪事件について議論している所にちょうど偶然にもタイミングよくハリーが現れてくれてと思ったんでしょうが・・・

当然ダンブルドアは「この日の、この時間」にハリーが校長室に来ることが解かっていたので、ハリーの登場日時にタイミングを合わせて3人の会合をセッティングしたんだと思います。

つまりはハリーの登場をてぐすね引いて待ち構えていたというわけです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第4巻「炎のゴブレット」より第29章「夢」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.