FC2ブログ
杖を持つ者がこんな事をするなんて。ハリーが小鬼の自分を助けたり屋敷しもべ妖精の墓穴を掘ったりするのでグリップフックはハリーの事を変な魔法使いだと言いハリーに向かってこう言いました。ハリーたち3人とグリップフックの話し合いは全く予想外の激論になったのですが・・・(全3項目)

3-1.激しい論争に
個人的な利益を求めない人だと自分が認める魔法使いがいるとすればそれはハリーあなたです。小鬼や屋敷しもべ妖精は今夜ハリーが示してくれたような保護や尊敬には慣れてはいない。杖を持つ者がこんな事をするなんて。

グリップフックはこう言いハリーは「杖を持つ者」と繰り返しました。通常なら杖を持つ者つまり魔法使いは小鬼を助けたりはしないし死んだ屋敷しもべ妖精のために墓穴をスコップで掘ったりはしないというわけですよね。

そのためグリップフックはハリーの事をとても変な魔法使いだと言ったのです。額の傷痕が刺すように痛みヴォルデモートが意識を北に向けているこの時にそしてハリーは隣の部屋のオリバンダー翁に問い質したい事がある。

そんなこの時にグリップフックの「杖を持つ者」という言葉はハリーの耳に奇妙に響きました。グリップフックは「杖を持つ権利は魔法使いと小鬼の間で長い間論争されて来ました」と静かに言ったというわけなんですよね。

「でも小鬼は杖なしで魔法が使える」

それに対しロンがこう反論しました。これにグリップフックは「それは関係のない事です!魔法使いは杖の術の秘密を他の魔法生物と共有する事を拒みました。我々の力が拡大する可能性を否定したのです!」と言いました。

「だって小鬼も自分たちの魔法を共有しないじゃないか。剣や甲冑を君たちがどんな風にして作るかを僕たちには教えてくれないぜ。金属加工については小鬼は魔法使いが知らないやり方を」

グリップフックの顔に血が上って来たのに気づきハリーは「そんな事はどうでもいいんだ」と言いました。さらにハリーは「魔法使いと小鬼の対立じゃないしその他の魔法生物との対立でもないんだ」とも言ったんですよね。

するとグリップフックは意地悪な笑い声を上げ「ところがそうなのですよ。全くその対立なのです!」と言いました。闇の帝王がいよいよ力を得るにつれてあなたたち魔法使いはますますしっかりと我々の上位に立っている。

グリンゴッツは魔法使いの支配下に置かれ屋敷しもべ妖精は惨殺されている。それなのに杖を持つ者つまり魔法使いの中で誰が抗議をしているとグリップフックは言いました。するとハーマイオニーが黙っていませんでした。

「私たちがしているわ!」

3-2.懇願するハリーに対してグリップフックは?
ハーマイオニーは背筋を正し目を輝かせながら「私たちが抗議しているわ!それにグリップフック私は小鬼やしもべ妖精と同じぐらい厳しく狩り立てられているのよ!私は穢れた血なの!」とそう言い放ったというわけです。

ハーマイオニーが自分の事を自ら「穢れた血」と呼んだためロンは「自分の事をそんな風に」と呟きました。それを聞いてハーマイオニーはロンに「どうしていけないの?」と問い質したんですよね。さらにこう言いました。

「穢れた血それが誇りよ!新しい秩序の下での私の地位はグリップフックあなたと違いはないわ!マルフォイの館であの人たちが拷問にかけるために選んだのは私だったのよ!」

ハーマイオニーは話しながら部屋着の襟を横に引きベラトリックスにつけられた切り傷を見せました。喉に赤々と細い傷がありました。ハーマイオニーはグリップフックに向かって矢継ぎ早に質問をぶつけたというわけです。

「ドビーを解放したのがハリーだという事をあなたは知っていた?私たちが何年も前から屋敷しもべ妖精を解放したいと望んでいた事を知っていた?」

こう言った後ハーマイオニーはグリップフックに「例のあの人」つまりヴォルデモートを打ち負かしたいという気持ちが私たち以上に強い人なんかいないわと気まずそうにそわそわするロンを無視して言ったというわけです。

グリップフックはハリーに向けたのと同じような好奇の目でハーマイオニーを見詰めました。それから唐突に「レストレンジ家の金庫で何を求めたいのですか?中にある剣は偽物です。こちらが本物です」と言ったのでした。

グリップフックはハリーたち3人の顔を順番に見て「あなたたちはもうその事を知っているのですね。あそこにいた時私に嘘をつくように頼みました」と言いました。これに対してハリーはこう訊いたというわけなんですよね。

「でもその金庫にあるのは偽の剣だけじゃないだろう?君は多分他の物も見ているね?」

ハリーの心臓はこれまでにないほど激しく打っていました。ハリーは傷痕の疼きを無視しようとさらに頑張りました。グリップフックは再び指に顎髭を絡ませました。そして暗にハリーの問いには答えられないと言いました。

何でもグリンゴッツの秘密を話す事は我々の綱領に反するんだそうです。小鬼は素晴らしい宝物の番人なので我々に託された品々は往々にして小鬼の手により鍛練された物なのだがそれらの品に対しての責任があるそうです。

グリップフックは剣を撫でハリーそして次にハーマイオニーに最後はロンと眺めると今度は逆の順番で視線を戻すと暫くして「こんなに若いのにあれだけ多くの敵と戦うなんて」と言いました。ハリーはこう言ったのでした。

「僕たちを助けてくれる?小鬼の助けなしに押し入るなんてとても望みがない。君だけが頼りなんだ」

グリップフックは腹立たしい答え方で「私は。考えてみましょう」と答えました。それを聞いてロンが怒ったように「だけど」と言いましたがハーマイオニーがロンの肋骨を小突いてハリーは「ありがとう」と言いました。

グリップフックは頭を下げハリーの「ありがとう」に応えると脚を曲げてビルとフラーのベッドにこれ見よがしに横になり「どうやら骨生え薬の効果が出たようです。やっと眠れるかもしれません。失礼して」と言いました。

3-3.グリンゴッツのレストレンジ家の金庫に
ハリーが「ああもちろんだよ」と言い3人は部屋を出ました。その際ハリーは屈んでグリップフックの横からグリフィンドールの剣を取りました。逆らいはしなかったもののグリップフックの目には恨みがましい色が浮かんだ。

扉を閉める時ハリーはそう感じました。ロンは「嫌なチビ。僕たちがやきもきするのを楽しんでやがる」と囁きました。一方ハーマイオニーは「ハリー」と名前を呼びハリーとロンを踊り場の中央まで引っ張って行きました。

「あなたの言っている事はつまりこういう事かしら?レストレンジ家の金庫に分魂箱の1つがある。そういう事なの?」

ハリーは「そうだ」と答えると詳しい説明を始めました。ベラトリックスは自分たちがグリンゴッツのレストレンジ家の金庫に入ったと思って逆上するほど怯えていた。どうしてだ?自分たちが何を見たと思ったのだろう?

自分たちが他に何を取ったと思ったんだろう?ベラトリックスが「例のあの人」つまりヴォルデモートに知れるのではないかと思って正気を失うほど恐れた物なんだとハリーはロンとハーマイオニーに言ったというわけです。

しかしロンは困惑した顔で自分たちが探していたのはヴォルデモートが今まで行った事のある場所じゃないか?あるいは何か重要な事をした場所じゃないか?と訊きました。グリンゴッツはそのいずれにも該当しませんよね。

ロンの問いに対しハリーは「グリンゴッツに入った事があるかどうかは分らない」と答えました。何故ならヴォルデモートは誰も何も遺してくれなかったんだから若い時にグリンゴッツに金貨なんか預けていなかったはずだ。

でもダイアゴン横丁に最初に行った時に銀行を外から見た事はあったのだろう。あいつはグリンゴッツの金庫の鍵を持つ者を羨ましく思ったんじゃないかな。あの銀行が魔法界に属している事の真の象徴に見えたのだと思う。

それに忘れてはならない事があるとハリーはロンとハーマイオニーに言ったというわけなんですよね。

今日の最後に
ベラトリックスはハリーたちがグリフィンドールの剣を持っていたと知ってグリンゴッツのレストレンジ家の金庫にハリーたちが押し入って金庫破りをしたと勝手に思い込んでハーマイオニーを激しく責め立てたんですよね。

実はそう仕向けてグリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの分魂箱があるとハリーに気がつかせたのはダンブルドアというわけです。剣はジニーにルーナとネビルが校長室から盗み出そうとして失敗しました。

スネイプ校長は剣をグリンゴッツのレストレンジ家の金庫に預けましたが何とそれは偽物でした。本物は校長室の別の所に隠されスネイプがグロスター州のディーンの森の池の底に沈めハリーとロンに引き渡したんですよね。

当然グリフィンドールの剣の偽物をグリンゴッツのレストレンジ家の金庫に預けろと肖像画のダンブルドアが指示してスネイプ校長はそうした。何故ならばレストレンジ家の金庫に分魂箱があるとダンブルドアは知っていた。

ダンブルドアはハリー5年生の学期末に魔法省でベラトリックスに会っています。その時ダンブルドアは開心術でベラトリックスがヴォルデモートから分魂箱を受け取ってグリンゴッツに預けた事を見抜いたと私は思いますね。

だからこそ肖像画のダンブルドアはスネイプ校長にそう指示をしたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2643-cc116868