FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ポリジュース薬でベラトリックス・レストレンジに成り済ましたハーマイオニーのダイアゴン横丁入場はとてつもなく目立ってしまいハリーは「引き返して出直すべきでは?」と思いました。しかしそこに死喰い人のトラバースが現れてハリーたちは引き返せなくなりさらには最悪の展開が待ち受けていました。(全3項目)

3-1.死喰い人のトラバースと遭遇して
突然目の前に現れた魔法使いが死喰い人のトラバースだとグリップフックに教えられハリーはハーマイオニーに耳打ちして知らせようと横歩きでにじり寄りました。そのトラバースはハーマイオニーに冷たくこう言いました。

「単にあなたに挨拶をしようとしただけだ。しかし私が目障りだという事なら」

ハリーはようやくその声を思い出しました。トラバースはゼノフィリウス氏の家に呼び寄せられた死喰い人の1人でした。そんなトラバースにハーマイオニーは失敗を取り繕うために急いでこう言ったというわけなんですよね。

「いやいやトラバースそんな事はない。暫くだった」

ハリーが教えずともハーマイオニーはこの男がトラバースだと知っていました。するとトラバースは「いやあ正直言ってベラトリックスこんな所でお見かけするとは驚いた」と言うのです。ハーマイオニーはこう言いました。

「そうか?何故だ?」

ハーマイオニーのこの問いに対してトラバースは「それは」と言うと咳払いをしました。それから「聞いた話だがマルフォイの館の住人は軟禁状態だとか。つまり。その。逃げられた後で」とそう答えたというわけですよね。

ハリーはハーマイオニーが冷静でいてくれるようにと願いました。もしそれが本当ならばベラトリックスは公の場に現れるはずはないからです。でもこれでグリンゴッツで本物と鉢合わせになるという心配もありませんよね。

「闇の帝王はこれまで最も忠実にあの方にお仕えした者たちをお許しになる。トラバースあなたは私ほどにあの方の信用を得ていないのではないか?」

ハーマイオニーはこう言って見事にベラトリックスの侮蔑的な調子を真似ました。トラバースは感情を害したようでした。しかし同時に怪しむ気持ちは薄れたようでトラバースは今しがたロンが倒した男をちらりと見ました。

トラバースはロンが「失神の呪文」で倒した男をちらりと見て「こいつは何ゆえお怒りに触れたのですかな?」と訊いたのでした。

3-2.招かざる客人と並んで
トラバースの問いにハーマイオニーは「それはどうでもよい。二度とそんな事はできまい」と冷たく答えました。するとトラバースは「杖なし」たちの中には厄介なものもいるようですなと言い始めたというわけなんですよね。

トラバースによれば物乞いだけしている内は自分は別に構わないが先週ある女が魔法省で自分に弁護をしてくれと求めて来て「私は魔女です。魔女なんです。あなたにその証拠を見せます!」と言ったとの事なんだそうです。

トラバースはその女性のキーキー声を真似て「まるでその女に私が自分の杖を与えるとでも思ったみたいに-しかし今あなたは」と言うと興味深げに「誰の杖をお使いかなベラトリックス?噂ではあなたの杖は」と言いました。

ハーマイオニーはベラトリックスの杖を上げて「私の杖はここにある。トラバース一体どんな噂を聞いているのかは知らないが気の毒にも間違った情報をお持ちのようだ」と答えトラバースは若干驚いた様子だったのでした。

トラバースは今度はロンに目を向けて「こちらのお連れはどなたかな?私には見覚えがないが」と言いました。ロンは実在しない架空の人物に成り済ましているので当然答えは用意していてハーマイオニーはこう答えました。

「ドラゴミール・デスバルドだ。英語はほとんどしゃべれない。しかし闇の帝王の目的に共鳴している。トランシルバニアから我々の新体制を見学に来たのだ」

ロンが他人に成り済ますのには外国人が一番安全だろうと3人は決めていました。英語はほとんど話せないという事にしておけばしゃべらなくともその理由が納得できるというわけです。トラバースはこう挨拶をしたのでした。

「ほう?初めましてドラゴミール」

ロンは「初めって」と挨拶を返し手を差し出しました。するとトラバースは指を2本だけ出して汚れるのが怖いとでも言うようにロンと握手しました。死喰い人はマグル生まれだけでなく外国人にも偏見を持っているようです。

「ところであなたもこちらの-えーと-共鳴しておられるお連れの方もこんなに早朝ダイアゴン横丁に何用ですかな?」

トラバースはこう訊きハーマイオニーは「グリンゴッツに用がある」と答えました。するとトラバースは「何と私もだ」と言いました。金それも汚い金!それなくして我々は生きられないとトラバースはそう言ったのでした。

「しかし実を言うと指の長い友達と付き合わねばならんのは嘆かわしい限りだ」

何故金の事を「汚い」と言うのか?トラバースはその理由をこう言いました。ハリーはグリップフックの指が一瞬首を締めつけるのを感じました。目の前で小鬼と付き合うのは嘆かわしいと言われては面白くないでしょうね。

トラバースは「参りましょうか?」とハーマイオニーを先へと促しハーマイオニーはしかたなくトラバースと並んで歩き曲がりくねった石畳の道を小さな店舗の上に一際高く聳える雪のように白い建物へと向かったのでした。

ロンはひっそりとハーマイオニーとトラバースの脇を歩きハリーとグリップフックはその後ろに従いてグリンゴッツに向かったのでした。

3-3.最初の関門
警戒心の強い死喰い人が同行するなど最も望ましくない展開でした。トラバースがすっかりベラトリックスだと思い込んでハーマイオニーの横を歩いているのでハリーはロンともハーマイオニーとも話ができないんですよね。

それは最悪でした。そうこうする内に大理石の階段の下に着いてしまいました。階段の上には大きなブロンズの扉がありました。グリップフックが警告していた通り扉の両側には小鬼ではなく魔法使いが立っていたのでした。

細長い金の棒を持っています。トラバースは「ああ潔白検査棒だ」と言うと大袈裟な身振りをして溜め息をつき「原始的だ。しかし効果あり!」と言って階段を上がると左右の魔法使いに向かって頷いたというわけですよね。

魔法使いたちは金の棒を上げトラバースの体を上下になぞりました。その「潔白検査棒」が身を隠す呪文や隠し持った魔法の品を探知する棒だという事をハリーは知っていました。まずは最初の関門というわけなんですよね。

僅か数秒しかないと判断してハリーはドラコ・マルフォイの杖を2人の門番に順番に向けて「コンファンド錯乱せよ」と呪文を2回呟きました。幸いブロンズの扉から中を見ていたトラバースはその事に気づかなかったのでした。

2人の門番はハリーが放った呪文に撃たれた途端ビクッとしました。ハーマイオニーは長い黒髪を背中に波打たせて階段を上がりました。

今日の最後に
ダイアゴン横丁に入ってからベラトリックスに成り済ましたハーマイオニーとドラゴミール・デスバルドという外国人になったロンは死喰い人のトラバースと出くわしてしまいましたね。ハリーにとっては最悪の展開でした。

警戒心の強い死喰い人のトラバースが同行するのはハリーにとって最も望ましくない事でした。トラバースがハーマイオニーの横を歩いているのでハリーはハーマイオニーの横に行って口添えをする事もできないんですよね。

しかし悪い事ばかりではありませんでしたね。トラバースは他ならぬハリーたちがマルフォイの館を脱出した後はそこの住人が軟禁状態になっていると教えてくれました。つまりはベラトリックスもというわけなんですよね。

すなわち前述のようにグリンゴッツで本物のベラトリックスと鉢合わせになる心配と懸念もなくなったというわけです。むしろベラトリックスを外出禁止にしてくれたヴォルデモートに感謝したいくらいというわけですよね。

しかし入口の「潔白検査棒」はほんの序の口というわけです。まだまだ更なる困難がハリーたちを待ち受けているというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.