FC2ブログ
ハーマイオニーのお陰でホグワーツで働くようになってから僅か一週間後にドビーは大好きなハリーと再会する事ができました。そんなドビーとハリーはクリスマスにはプレゼントを贈り合いました。すると何とその事がドビーがハリーの窮地を救う事に繋がったんですよね。(全3項目)

3-1.クリスマスに
こうしてドビーはホグワーツで働くようになってから僅か一週間後にハリーと再会する事ができました。ハリーたち3人が厨房を立ち去るに当たりドビーは躊躇しながらハリーに向かってこう問いかけたというわけですよね。

「ハリー・ポッター・・・ドビーがいつかあなた様をお訪ねしてもよろしいでしょうか?」

ハリーが「もちろんさ」と即答するとドビーは笑顔を見せました。そこでドビーはハリーを訪ねて来ました。それはクリスマスの朝でハリーは突然目覚めて何故急に意識がはっきりしたのだろうと不思議に思ったんですよね。

そう思いつつハリーは目を開けました。すると大きな丸い緑の目をした何かが暗闇の中からハリーを見詰め返していました。その何かはあまりに近くにいたので鼻と鼻がくっつきそうでした。ハリーは思わずこう叫びました。

「ドビー!辞めてよ。びっくりするじゃないか!」

慌ててドビーから離れようとした拍子にハリーは危うくベッドから転げ落ちそうになりました。ドビーは指を口に当てて後ろに飛び退きながら「ドビーはご免なさいなのです!」と心配そうに言い続けてこう言ったのでした。

「ドビーはただハリー・ポッターにクリスマスおめでとうを言ってプレゼントを差し上げたかっただけなのでございます!ハリー・ポッターはドビーがいつかハリー・ポッターに会いに来ても良いとおっしゃいました!」

ハリーは「ああ判ったよ」と応えながらもまだ息を弾ませていてドビーにただこれからは突いて起こすとかしてね。あんな風に自分を覗き込まないでとドビーに言ったのでした。ハリーが叫んだので同室の寮生も起きました。

ロンにシェーマス・フィネガンにディーン・トーマスとネビルも起きてしまい4人とも自分のベッドのカーテンの隙間からどろんとした目にくしゃくしゃの頭で覗きシェーマスは眠そうにハリーに向かってこう訊いて来ました。

「誰かに襲われたのかハリー?」

ハリーは「違うよ。ドビーなんだ。まだ眠っててよ」と答えました。

3-2.プレゼントを渡しに
しかしシェーマスは自分のベッドの足下に大きな山ができているのを見つけ「んー。プレゼントだ!」と言いました。ロンにディーンとネビルもどうせ起きてしまったのだからとプレゼントの開封に取りかかる事にしました。

ハリーはドビーのほうへと向き直りました。ドビーはハリーを驚かせてしまった事がまだ気がかりだという顔で今度はハリーのベッド脇におどおどと立っていました。ドビーは躊躇しがちにハリーに向かってこう言いました。

「ドビーはハリー・ポッターにプレゼントを差し上げてもよろしいでしょうか?」

ハリーは「もちろんさ。えーと。僕も君にあげる物があるんだ」と答えました。でもあげる物があるというのは嘘でした。ハリーはドビーに何にも買っていませんでした。しかし急いでトランクを開け靴下を取り出しました。

くるくる丸めた飛び抜けて毛玉だらけの靴下を一足引っ張り出しました。ハリーの靴下の中でも一番古くて汚らしいからし色の靴下でかつてはバーノン叔父さんの物でした。毛玉だらけなのには理由があったというわけです。

それは1年以上「かくれん防止器」のクッション代わりに使っていたからです。ハリーはその「かくれん防止器」を取り出してドビーに靴下を渡しながら「包むのを忘れてご免ね」と言いました。しかしドビーは大喜びでした。

「ドビーはソックスが大好きです。大好きな衣服でございます!」

こう言うとドビーは履いていた左右ちくはぐな靴下を急いで脱ぎハリーがくれた靴下を早速履きました。ドビーは今靴下を7つ持っているんだそうです。ドビーはそう言うと目を見開きました。そしてだったというわけです。

靴下はもうこれ以上できないとばかりに引っ張り上げられてドビーの半ズボンの裾のすぐ下まで来ていました。それからドビーはハリーに向かってこう言ったのでした。どうやら何やらドビーは勘違いをしているようです。

「お店の人が間違えたでございます。ハリー・ポッター2つともおんなじのをよこしたでございます!」

これを聞いてロンは「ああハリー何たること。それに気づかなかったなんて!」とニヤニヤしながら言いました。それからドビーに自分のも2つあげる。そしたら君が好きなように組み合わせればいいとドビーに言ったのでした。

それから前に約束していたセーターもあげるよと言ってロンは今包みを開けたばかりのすみれ色の靴下とウィーズリーおばさんお手製のセーターをドビーのほうに投げてドビーは感激に打ちのめされた顔をしたんですよね。

ドビーのハリーへのプレゼントも靴下でした。ドビーは「ドビーが自分で編んだのでございます!ドビーはお給料で毛糸を買ったのでございます!」とうれしそうに言いました。ハリーはドビーにこうお礼を言ったのでした。

「これって・・・この靴下って本当に・・・うんありがとうドビー」

こう言うなりハリーは靴下を履きました。するとドビーの目がまた幸せに潤んだというわけなんですよね。

3-3.図書室で起こされて
ところがこうしてクリスマスにハリーとドビーが互いに靴下を贈り合った事が後にハリーの窮地をドビーが救う事になりました。ハリーが4年生になったこの年度ホグワーツでは百年以上ぶりに大きなイベントが行われました。

三大魔法学校対抗試合です。今回に限りボーバトンにダームストラングそしてホグワーツの代表選手は「17才以上」という年齢制限が設けられました。ところが何と14才のハリーが4人目の代表選手になってしまったのでした。

公正なる選者「炎のゴブレット」から4枚目の羊皮紙が出て来てそこにハリーの名前が書かれていました。ハリーは「闇の魔術に対する防衛術」の教師マッド・アイ・ムーディの助言を受け何とか最初の課題をクリアしました。

「第1の課題」はドラゴンと対峙して金の卵を奪う事でした。ところがです。その次の「第2の課題」は最初の課題で獲得したその金の卵にヒントが隠されていました。中から聞こえたむせび泣くような音は水中人の歌でした。

「第2の課題」をクリアするためには水の中で1時間呼吸をする方法を見つけなくてはなりませんでした。当然ロンとハーマイオニーも手伝って3人は図書室にこもってその方法を探しましたが何と見つからなかったのでした。

何故かしらロンとハーマイオニーもマクゴナガル先生に呼び出されてフレッドとジョージが連れて行ってしまいました。半ばヤケになったハリーは「透明マント」を被って再び図書室に戻って来てまた調べ始めたんですよね。

「痛いよ-辞めて-アイタッ」
「ハリー・ポッターは起きなくてはなりません!」
「突っつくのは辞めて」

ドビーに「ドビーはハリー・ポッターを突っつかないといけません。ハリー・ポッターは目を覚まさなくてはいけません!」と言われてハリーは目を開けました。ハリーはまだ図書室にいました。もう朝になっていたのです。

「ハリー・ポッターは急がないといけません!あと10分で第2の課題が始まります。そしてハリー・ポッターは」

体を起こし眼鏡をかけ直して眩しい太陽の光に目を瞬きさせたハリーにドビーはこう告げました。ハリーは掠れた声で「10分?じっ-10分?」と言いました。ハリーは腕時計を見ました。ドビーの言う通りだったんですよね。

「急ぐのです。ハリー・ポッター!他の代表選手と一緒に湖のそばにいなければならないのです!」

ドビーはハリーの袖を引っ張りながらこう言いました。しかしハリーは絶望的な声で「もう遅いんだドビー。僕第2の課題はやらない。どうやっていいか僕には」と言いました。するとドビーはこう言ったというわけですよね。

「ハリー・ポッターはその課題をやります!ドビーはハリー・ポッターが正しい本を見つけなかった事を知っていました。それでドビーは代わりに見つけました!」

何とドビーは「第2の課題」の内容を知っていると言うのです。しかもハリーが取り戻すべきはロンという事も知っていてドビーは「あなた様はこれを食べるのです」と言ってショートパンツのポケットに手を突っ込みました。

そしてねずみの尻尾を団子にしたような灰緑色のヌルヌルした物を取り出して「湖に入るすぐ前にでございます-ギリウィード鰓昆布です!」と言いました。ハリーは鰓昆布を見詰めると「何する物?」とドビーに訊きました。

「これはハリー・ポッターが水中で息ができるようにするのです!」

ドビーはこう答えてハリーは必死にドビーに「本当にそうなの?」と訊きました。以前にドビーがハリーを助けようとした時に結局右腕が骨抜きになってしまった事をハリーは完全に忘れるわけにはいかなかったんですよね。

ドビーは大真面目に本当に本当でございますと答えました。ドビーはマクゴナガル先生とムーディ先生が職員室で課題の事を話しているのを耳にしたんだそうです。ドビーのこの言葉でハリーの疑いは消えたというわけです。

ハリーは勢いよく立ち上がるとドビーがくれた鰓昆布を掴んでポケットに突っ込み飛ぶように図書室を出ました。こうしてドビーのお陰でハリーは「第2の課題」を何とかクリアする事ができたというわけなんですよね。

今日の最後に
こうしてドビーはハリーの窮地を救いハリーは「第2の課題」をクリアしました。ところが実はこれには裏があったというわけなんですよね。それはマッド・アイことアラスター・ムーディが偽者だったという事なんですよね。

マッド・アイ・ムーディは死んだと思われていたバーテミウス・クラウチ・ジュニアがポリジュース薬で成り済ましていました。ハリーを三校対抗試合の4人目の代表選手にしたのもクラウチ・ジュニアだったというわけです。

ハリーが履いた左右ちぐはぐな靴下をクリスマス・ダンスパーティで見咎めてクラウチ・ジュニアはそれを利用したというわけです。でもその事を踏まえたその上でも私はドビーの今回の活躍は素晴らしかったと思いますね。

しかしハリーがドビーに助けて貰ったのは今回が初めてでした。そのためハリーは以前にドビーが自分を助けようとした時に結局は右腕が骨抜きになってしまった事を完全に忘れるわけにはいかなかったというわけですよね。

まだまだドビーはハリーから全幅の信頼を寄せられてはいないんですよね。だから「本当にそうなの?」と確かめずにはいられなかったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2669-03354c92