FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ナルシッサ・マルフォイはハリーに訊いて息子ドラコの無事を確認するとハリーは死んでいると嘘をつきました。そして戦いは再開され大広間でついにハリーとヴォルデモートが雌雄を決する事となりました。そんな戦いの最中でもルシウス氏とナルシッサ夫人は・・・(全3項目)

3-1.思わぬ展開に
「禁じられた森」の端に辿り着きヴォルデモートはハグリッドに「止まれ」と命じました。そしてハリーを抱いたハグリッドのそばを通り過ぎると魔法で拡大した声を鳴り響かせてハリー・ポッターは死んだと宣言しました。

ヴォルデモートはホグワーツの防衛隊に向かってお前たちがハリーのために命を投げ出している時にハリーは自分だけが助かろうとして逃げ出す所を殺害されたと嘘をついて死んだ事の証明に死骸を持って来たと言いました。

学校の玄関先に進んでハリーを見せようとしました。しかし誰もヴォルデモートの言う事など信じようとはせずホグワーツ防衛隊の士気も下がりはしませんでした。そしてマルフォイ夫妻にとっては思わぬ展開になりました。

ホグワーツに組み分けは要らなくなる。4つの寮もなくなり我が高貴なる祖先のスリザリン寮があれば十分とヴォルデモートは言いネビルの頭上に載せた「組み分け帽子」に火を放ちました。ハリーは我慢できなくなりました。

ハリーは死んだふりを辞めると行動を開始しました。その瞬間一気に色んな事が起こりました。遠い校庭の境界からどよめきが聞こえました。同時にハグリッドの弟で巨人のグロウプが「ハガー!」と叫びながら現れました。

さらに蹄の音が聞こえ弓弦が鳴り死喰い人の上に突然矢が降って来ました。森の中でハグリッドに激しく叱責されたケンタウルスが参戦して来たのです。不意を衝かれた死喰い人は叫び声を上げ隊列を乱したというわけです。

ハリーはローブから「透明マント」を取り出すと被って飛び起きました。ネビルも動きネビルは素早い滑らかな動作でヴォルデモートにかけられた「金縛りの術」を解きました。炎上していた「組み分け帽子」が落ちました。

ネビルはその帽子の奥から何か銀色の物を取り出しました。輝くルビーの柄。何とそれはハリーたちがグリンゴッツの金庫破りをした際にグリップフックが奪って行った「グリフィンドールの剣」だったというわけですよね。

ネビルは一太刀でナギニの首を切り落としました。ヴォルデモートは口を開け怒りの叫びを上げましたがその声は誰の耳にも届きませんでした。ネビルにはナギニをやっつけてくれと森に行く前にハリーが頼んでいたのです。

こうしてヴォルデモートの最後の分魂箱はネビルによって破壊されました。そして戦闘は再開されたのでした。

3-2.戦いの最中でも
何もかもが混沌としていました。突撃するケンタウルスが死喰い人を蹴散らし誰もが巨人たちに踏みつぶされまいと逃げ惑っていました。そしてホグワーツ防衛隊と死喰い人軍団の区別なく魔法使いたちは城に退却しました。

ハリーは死喰い人を見つけるたびに呪いを撃ち撃たれた死喰い人は誰に何を撃ち込まれたのかも分らずに倒れて退却する人々に踏みつけられていました。このようにして戦いの舞台は城の中へと持ち込まれたというわけです。

「透明マント」に隠れたまま人波に押されて玄関ホールに入ったハリーはヴォルデモートを探し反対側で呪いを放ちながら大広間に後退して行くその姿を見つけました。ヴォルデモートは四方八方に呪いを飛ばしていました。

そうしながらヴォルデモートは部下に指令を出し続けていました。玄関の前の石段にはホグワーツ防衛隊の味方が続々と押し寄せていました。チャーリー・ウィーズリーとホラス・スラグホーンの姿も見えたというわけです。

2人はホグワーツに残って戦っていた生徒の家族や友人たちにホグズミードに店や家を構える魔法使いたちを率いて戻って来たのです。ケンタウルスたちが大広間に飛び込んで来たまさにその時の事だったというわけですよね。

ハリーの背後の厨房に続く扉の蝶番が吹き飛んでホグワーツの屋敷しもべ妖精たちが大ナイフや肉切り包丁を振りかざして叫び声を上げて玄関ホールへと溢れ出て来ました。その先頭に立っていたのはクリーチャーでした。

ホグワーツの敷地外から来た援軍にケンタウルスとクリーチャー率いる屋敷しもべ妖精も加わりハリーの目の届く限りどこもかしこも死喰い人は圧倒的な数に押され総崩れ状態でした。しかしまだ終わってはいませんでした。

ハリーが大広間に入るとヴォルデモートは戦闘の中心にいて呪文の届く範囲一帯に強力な呪いを打ち込んでいました。ハリーは的確に狙いを定める事ができず姿を隠したままでヴォルデモートにより近づこうとしたのでした。

歩ける者は誰もが大広間に押し入って大広間はますます混雑していました。ハリーはヤックスリーがジョージとリー・ジョーダンに打ちのめされるのを見ました。ドロホフはフリットフィック先生の手にかかっていました。

ワルデン・マクネアはハグリッドに取って投げられ大広間の反対側の石壁にぶつかって気絶すると壁を滑り落ちて床に伸びていました。一方ロンとネビルはフェンリール・グレイバックを倒していたというわけなんですよね。

アバーフォースはオーガスタス・ルックウッドを失神させアーサー氏とパーシーは魔法大臣のパイアス・シックネスを床に打ち倒していたのでした。そんな中で2人だけが他の人々とは全く違う行動を取っていたんですよね。

それはルシウスとナルシッサ・マルフォイ夫妻でした。2人は戦おうともせずに息子ドラコの名前を呼びながら戦闘の中を走り回っていたというわけなんですよね。

3-3.戦いが終わって
こうして死喰い人たちが続々と倒れて行く中で最後の砦になったのはヴォルデモートとベラトリックス・レストレンジの2人でした。ベラトリックスはウィーズリーおばさんがやっつけ残るはヴォルデモートのみになりました。

そしてシビル・トレローニーの予言が示したようにハリーとヴォルデモートがついに雌雄を決する時が来ました。ハリーは「武装解除の術」をそしてヴォルデモートは「死の呪文」を叫んでついに決着したというわけですよね。

ヴォルデモートは再び自ら放った「死の呪文」が撥ね返り全ての分魂箱が破壊されていたので死んで行きました。身震いするような一瞬の沈黙の後ハリーの周囲が沸き見守っていた人々の悲鳴に歓声と叫びが空気を劈きました。

「生き残った男の子」ハリーのお陰でついに終りました。ゆっくりとホグワーツに太陽が昇りました。そして大広間は生命と光で輝きました。歓喜と悲しみに哀悼と祝賀の入り交じったうねりにハリーは欠かせませんでした。

みんながハリーを求めていました。指導者であり象徴であり救い主であり先導者であるハリーと一緒にいたいと誰もが願いました。ハリーが寝ていない事もほんの数人の人と一緒に過ごしたい事も誰も思いつかないようです。

そんなハリーはルーナの取り計らいでようやく「透明マント」を被り誰にも邪魔されず大広間を移動できるようになりました。テーブルとテーブルの間の通路を歩いているとマルフォイ一家がいるのをハリーは見つけました。

ルシウス氏にナルシッサ夫人とドラコの3人は「果たしてここにいてもいいのだろうか?」という顔をして小さくなっていました。しかし誰も3人の事など気にかけていなかったというわけなんですよね。

最後に
こうして改めてホグワーツの戦いを振り返ってみると極めて重要な節目でマルフォイ一家取り分けルシウス氏とナルシッサ夫人のマルフォイ夫妻の取った行動がホグワーツ防衛隊を勝利に導いていたという事が判りましたね。

ルシウス氏は「叫びの屋敷」に来るとヴォルデモートに停戦を提案しました。息子ドラコが他のスリザリン生と一緒に戻って来なかったためその安否を心配してヴォルデモートに対して停戦をするように申し入れたのでした。

ヴォルデモートはそんなルシウス氏の気持ちを見抜いていましたよね。しかし自分の待つ「叫びの屋敷」にハリーが現れなかった事もありルシウス氏の提案を受け入れて「1時間」の停戦を宣言したというわけなんですよね。

そしてナルシッサ夫人はハリーは死んでいると嘘をつきました。息子ドラコを思う気持ちが完璧に心を閉じさせヴォルデモートが嘘を見抜くのを阻止したのです。油断をしたヴォルデモートは最後の分魂箱を破壊されました。

こうなったのはルシウス氏もナルシッサ夫人も杖を持たずホグワーツの戦いに参戦できなかったからに他ならないでしょう。魔法使いにとって杖がないという事は不便この上ない事ですが最後に幸いしたというわけですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.