FC2ブログ
この日そもそもハリーが自分の部屋の窓際に陣取ったのは3日前にハリーを迎えに行くと手紙が届いたからでした。しかしハリーは荷物をまとめていませんでした。その人物が果たして本当に来るのかと訝っていたからです。ところが11時ちょうどになると・・・(全3項目)

3-1.3日前に届いた手紙
ハリーは眠りながら唸りました。窓伝いに顔が数センチ滑り落ちて眼鏡がさらにずり落ちましたが以前目を覚ましません。何年か前にハリーが修理した目覚し時計が窓の下枠に置かれて時間を刻む大きな音を立てていました。

時計は11時1分前を指していました。そのすぐ脇には1枚の羊皮紙がハリーの疲れた手で押さえられていて斜めに細長い文字が書きつけてありました。そもそもハリーが窓際に陣取っているのはこの手紙が届いたからなのです。

実は3日前に届いた手紙なのですがハリーがそれ以来何度も読み返したので固く巻かれていた羊皮紙が今では真っ平らになっていました。その「親愛なるハリー」で始まる手紙はアルバス・ダンブルドアから届いた手紙でした。

その手紙でダンブルドアはハリーの都合さえ良ければ自分はプリベット通り4番地を金曜日の午後11時に訪ねて「隠れ穴」まで連れて行こうと思う。そこで夏休みの残りを過ごすようにとハリーに招待が来ているんだそうです。

さらにダンブルドアはハリーさえ良ければ「隠れ穴」に向かう途中で自分がやろうと思っている事を手伝って貰えばうれしい。この事はハリーに会った時にもう少し詳しく説明するとしようとそう綴っていたというわけです。

手紙の最後は「このふくろうで返信されたし。それでは金曜日に会いましょうぞ。信頼を込めて」という文言で締めくくられていました。羊皮紙が真っ平らになるほど何度も読み返したのでハリーは内容を暗記していました。

それでもこの日の夜は7時に窓際に陣取ってそれから数分おきにこの「お墨付き」つまりアルバス・ダンブルドアからの手紙をハリーはちらちらと見ていました。窓際からはプリベット通りの両端がかなりよく見えたのでした。

ダンブルドアの手紙を何度も読み返した所で意味がない事は判っていました。手紙で指示されたように配達して来たふくろうに「はい」の返事を持たせて帰したのだから今ハリーは待つより他には手段がないというわけです。

ダンブルドアは来るか来ないかのどちらかというわけです。

3-2.午後11時ちょうどになって
しかしハリーは荷物をまとめていませんでした。たったの2週間ダーズリー一家と付き合っただけで救い出されるのは話が上手過ぎるような気がしました。何かが上手く行かなくなるようなそんな感じを拭い切れませんでした。

ダンブルドアへの返事が行方不明になってしまったかもしれない。ダンブルドアが何かの都合で迎えに来られなくなる可能性もある。この手紙がダンブルドアからのものではなく悪戯や冗談又は罠だと判明するかもしれない。

荷造りをした後にがっかりして再び荷を解かなければならないような状況には耐えられませんでした。唯一旅行に出かける素振りにハリーはヘドウィグを鳥籠に閉じ込めておきました。そのためヘドウィグはいるんですよね。

目覚まし時計の長針が「12」を指しました。つまり11時ちょうどになりました。まさにその時です。窓の外の街灯が消えました。ハリーは急に暗くなった事が引き金になったかのようにして目を覚ましたというわけですよね。

急いで眼鏡を掛け直し窓ガラスからくっついた頬を引き剥がしてその代わりに鼻を押しつけて目を細めて歩道を見詰めました。背の高い人物が長いマントを翻して庭の小道を歩いて来ます。ダンブルドアはちゃんと来ました。

ハリーは電気ショックを受けたように飛び上がり椅子を蹴飛ばして床に散らばっている物を手当たり次第に引っ掴んではトランクに投げ入れ始めました。ローブを一揃いと2冊の呪文の本にポテトチップスを一袋入れました。

それらを部屋の向こう側からトランクに放り投げたその時でした。玄関の呼び鈴が鳴って1階の居間でバーノン叔父さんが「こんな夜遅くに訪問するとは一体何奴だ?」と叫びました。ハリーはその場に凍りついたんですよね。

その時ハリーは片手に真鍮の望遠鏡を持ちもう一方の手には一足のスニーカーをぶら下げていました。ダンブルドアがやって来るかもしれないとダーズリー一家に警告するのをハリーは完全に忘れていたというわけですよね。

大変だという焦りと吹き出したい気持ちとの両方を感じながらハリーはトランクを乗り越えて部屋の扉をぐいと開けました。その途端にアルバス・ダンブルドアがこう話すその深い声が聞こえて来たというわけなんですよね。

「こんばんは。ダーズリーさんとお見受けするが?わしがハリーを迎えに来る事はハリーからお聞き及びと存ずるがの?」

ハリーは階段を一段飛ばしに飛び下り下から数段目の所で急停止しました。長い経験ができる限りバーノン叔父さんの腕の届かない所にいるべきだと教えてくれていたからです。玄関口にハリーが待っていた人物がいました。

銀色の髪と顎髭を腰まで伸ばし痩身で背が高く折れ曲がった鼻に半月眼鏡を載せ旅行用の長い黒マントを着てとんがり帽子を被った人物が立っていました。出迎えたバーノン叔父さんもふさふさの黒い口髭を蓄えていました。

バーノン叔父さんは赤紫の部屋着を着て自分のその小さな目が信じられないかのように訪問者を見詰めていたというわけです。そんなバーノン叔父さんを見て取ってダンブルドアはこのように言ったというわけなんですよね。

「あなたの唖然とした疑惑の表情から察するにハリーはわしの来訪を前もって警告しなかったのですな」

ダンブルドアは機嫌良くこう言ったのでした。

3-3.敷居を跨いだ所で
「しかしながらあなたがわしを暖かくお宅に招じ入れたという事にいたしましょうぞ。この危険な時代にあまり長く玄関口にぐずぐずしているのは賢明ではないからのう」ダンブルドアはこう言うと素早く敷居を跨ぎました。

そして家の中に入り扉を閉めました。長身のダンブルドアはバーノン叔父さんを見下ろすと「前回お訪ねしたのは随分昔じゃった。アガパンサスの花が見事ですのう」と言いましたがバーノン叔父さんは全く何も言いません。

それでもハリーは叔父さんが間違いなく言葉を取り戻すと思いました。しかももうすぐだ。それは叔父さんのこめかみのピクピクが危険な沸騰点に達していたからです。しかし叔父さんの息は一時的に止まったかのようです。

それはダンブルドアの持つ何かがそうさせているようです。ダンブルドアの格好がずばり魔法使いそのものだったかもしれません。あるいはもしかしたら叔父さんでさえこの人物は脅しが効かないと感じたのかもしれません。

「ああハリーこんばんは」

こう挨拶するとダンブルドアは大満足の表情で半月眼鏡の上からハリーを見上げて「上々上々」と言いました。ダンブルドアのこの言葉でバーノン叔父さんは奮い立ったようです。それは決して捨て置けない言葉だからです。

バーノン叔父さんにしてみればハリーを見て「上々」と言うような人物とは絶対に意見が合うはずがないのです。叔父さんは一言一言に失礼さをちらつかせながら「失礼になったら申し訳ないが」と切り出したというわけです。

「しかし悲しいかな意図せざる失礼が驚くほど多いものじゃ」

ダンブルドアはこう言って重々しく文章を完結させました。

今日の最後に
ハリーは3日前にアルバス・ダンブルドアから手紙が届いて以来その手紙を何度も何度も繰り返し読み返していました。そのため固く巻かれていた羊皮紙が真っ平らになるほどでした。それはもう楽しみにしていたんでしょう。

しかしその一方でハリーはたったの2週間でダーズリー一家とおさらばできるなんて話が上手過ぎると思いました。何かが上手く行かなくなるのではという感じを拭い切れませんでした。だから「本当なのか?」と思ったのです。

いざこの日の午後11時になったらダンブルドアは結局迎えに来なかったという事になるかもしれないとハリーは思いました。一抹の不安(もっとかもしれない)があったがためハリーは荷造りをしなかったというわけですよね。

それはもしもダンブルドアが迎えに来なかったらがっかりするのはもちろんの事でその来た時と来なかった時の気持ちの落差が半端なかったからだと私はそう思いますね。そんな激しい気持ちの落下は絶対に味わいたくない。

だからハリーは荷造りをしなかったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2685-26b6c0d6