FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

精も根も尽き果ててセドリックの遺体と共にホグワーツに戻って来たハリーでしたが「この後」さらに驚愕の事実を知らされることになったのでした。まさか「この人」がヴォルデモート卿の配下だったなんて!まさか「あの人」が生きていたなんて!(全4項目)

4-1.セドリックと共に・・・
「優勝杯」移動キーに連れられてホグワーツに戻って来たハリーでしたが疲れ切って何もする気になれず地面に横たわったまま何かが起こるのを待ちました。

突然耳を聾するばかりの音の洪水が起こり四方八方から声がしました。2本の手が乱暴にハリーをつかむと仰向けにしました。目を開けるとそれはダンブルドアでした。

集まった人たちが口々に「セドリック・ディゴリーが死んでいる!」と同じ言葉を繰り返しました。ある人は叫び別の人は金切り声で・・・言葉が夜の闇に伝播しました。

大勢の群衆が駆け寄って混乱する現場から誰かがハリーを連れ出しました。傷痕がズキズキして今にも吐きそうでした。目の前が前にも増してぼんやりして来ました。

「その人物」はハリーを連れてクィディッチ競技場を出ると城に向かいました。ハリーを抱え上げながら城への石段を登るところでハリーはようやく「その人物」が誰なのかが分ったのでした。
4-2.ハリーを連れ去ったのは?
「その人物」はハリーを自分の部屋に連れて来ました。そしてヴォルデモートが身体を取り戻したことや、どのようにしてしたのかを矢継ぎ早に質問しました。

「その人物」はマッド・アイ・ムーディでした。

ムーディは気分がよくなるからと言って喉が焼けるような胡椒味の飲み物をハリーの手に押し付けました。ムーディの部屋がムーディ自身が少しずつ見えて来ました。

しかし!話を進める内にだんだん話の辻褄が合わなくなって来ました。挙句の果てには闇祓いのムーディがクィディッチ・ワールドカップで「闇の印」を打ち上げたなどと言い出し始めたのです。

その時ハリーはヴォルデモートがホグワーツに死喰い人がいて「その人物」が自分に課題を最後までやらせたと言っていたことを思い出しました。

正気を失ったように「闇の帝王」と自分の共通点を披瀝するムーディことクラウチ・ジュニアに思わず「狂ってる!」と叫ぶハリーに対して・・・

「闇の帝王」がお戻りになれば「どちら」が狂っているか判るようになると言い放った後ハリーを殺そうとしたクラウチ・ジュニアに・・・

ダンブルドアが「失神光線」を浴びせてムーディの姿のクラウチ・ジュニアはのけ反るように吹き飛ばされて床に投げ出されたのでした。

4-3.事の真相が明らかに・・・
何故(なにゆえ)にムーディがこんなことを?といった感じのハリーにダンブルドアは7つの鍵穴のついたトランクに閉じ込められている本物のムーディと携帯用酒瓶の中身を見せて・・・

実はクラウチ・ジュニアがポリジュース薬でムーディに成り済ましてハリーが代表選手に選ばれてからヴォルデモート卿の元に送り届けられるまでを取り仕切っていた真相を明らかにしたのでした。

この後ダンブルドアはスネイプが持って来た「真実薬」を3滴クラウチ・ジュニアの口に流し込んで「リナベイト!蘇生せよ!」と唱えて・・・

クラウチ・ジュニアがどのようにしてアズカバンを逃れたのか?や、いかにしてムーディに成り済ましたのか?などの今までの経緯の全てを自供させ・・・

ヴォルデモート復活までの事の真相の全てを明らかにしたのでした。

4-4.この場面でのダンブルドア
ダンブルドアはもちろん!クラウチ・ジュニアが死喰い人だったことや母親と入れ替わってアズカバンを逃れたこともクラウチ氏が「服従の呪文」で息子を自宅に幽閉していたことも・・・

「その息子」がクィディッチ・ワールドカップでハリーの杖を盗んで「闇の印」を打ち上げたことも、バーサ・ジョーキンズがクラウチ・ジュニアが生きていることを知っていたことも・・・

全ての事の経緯を知った上でクラウチ・ジュニアに対する尋問を行なっていますよね。「真実薬」を使って自供させたのはハリーに聞かせるためだったからです。

本日の最後に
クラウチ・ジュニアを失神させた後ダンブルドアはハリーに対して、本物のムーディなら今夜のようなことが起こった後で君を連れ去るハズがない、だからニセモノだと解かったと言っていますが・・・

「その直後」にはすぐさまスネイプに対して厨房から屋敷しもべ妖精のウィンキーを連れて来るよう指示していますから、ここからも「かなり以前」から正体を見破っていたことが判ります。

またハリーに携帯用酒瓶の中身が「ポリジュース薬」であることを説明した際にもポリジュース薬がいかなる薬であるかの説明を一言もしていないのも・・・

ハリーがドラコ・マルフォイを尋問するために既に2年生の時に「ポリジュース薬」を実際に体験済みであることを知っているから詳しい説明をしなかったのでしょう。

つまりは何もかもお見通しだったというわけです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第4巻「炎のゴブレット」より第35章「真実薬」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.