FC2ブログ
突然ダンブルドアが立ち上がって部屋を出て行き居間はハリーとスラグホーンの2人になりました。するとスラグホーンはハリーが座っている椅子の脇にある暖炉の所に来て尻を暖め始めました。そしてハリーと話している内にスラグホーンはどうやら気持ちが揺らいで来たようで・・・(全3項目)

3-1.熱狂的な収集家?
突然スラグホーンの口からシリウスの名前が出てハリーは負ったばかりの心の傷に追い打ちをかけられる事となってしまいました。そのためシリウスが父親の大の親友と言われても知っていますと言い返す事すらできません。

弟のレギュラスが入学して来た時は獲得したができれば一揃い欲しかった。オークションで競り負けた熱狂的な蒐集家のような言い方でした。どうもそう言いながらスラグホーンは思い出に耽っているようだったんですよね。

スラグホーンはその場でのろのろと体を回して暖炉の熱が尻全体に行き渡るようにしながら反対側の壁を見詰めました。今度はスラグホーンはハリーに向かって母リリーの事をこんな風に言って来たというわけなんですよね。

「言うまでもなく君の母親はマグル生まれだった。そうと知った時には信じられなかったね。絶対に純血だと思った。それほど優秀だった」

こう言うスラグホーンにハリーは「僕の友達にもマグル生まれが1人います。しかも学年で一番の女性です」と反論しました。するとスラグホーンは「時々そういう事が起こるのは不思議だ。そうだろう?」と訊いて来ました。

ハリーは冷たく「別に」と答えました。スラグホーンは驚いてハリーを見下ろすと「私が偏見を持っているなどと思ってはいかんぞ!」と言いました。そして「いやいやいーや!」と言ったその後にこう言って来たのでした。

君の母親は今までで一番気に入った生徒の1人だったとたった今言ったはずだ!それにダーク・クレスウェルもいる。彼女つまりハリーの母リリーの下の学年だがマグル生まれで今では小鬼連絡室の室長になっているそうです。

非常に才能のある学生で今でもグリンゴッツの出来事に関し素晴らしい内部情報をよこすんだそうです。スラグホーンは今度は弾むように体を上下に揺らしながら満足気な笑みを浮かべずらりと並ぶ写真立てを指差しました。

ドレッサーの上の輝く写真立てです。それぞれの額の中で小さな写真の主が動いていたのでした。

3-2.ハリーと話していたら
その写真の主は全部スラグホーンの昔の生徒なのだそうです。しかもサイン入り。バーナバス・カッフは「日刊予言者新聞」の編集長で毎日のニュースに関するスラグホーンの解釈に常に関心を持っているとの事だそうです。

それにハニーデュークス菓子店のアンブロシウス・フルームは誕生日のたびに一箱送ってよこすんだそうです。それは全てスラグホーンがシセロン・ハーキスに紹介してやったお陰で彼が最初の仕事に就けたからだそうです。

首を伸ばせば見えるはずの後ろの列グウェノグ・ジョーンズは言うまでもなく女性だけのチームのホリヘッド・ハーピーズのキャプテンでスラグホーンとハーピーズの選手は姓名の名前のほうで気楽に呼び合う仲だそうです。

その事を聞くと誰もが驚くのだそうです。それに欲しければいつでも無料の切符が手に入る。スラグホーンはこんなかつて教えた生徒たちの話をしている内に大いに愉快になった様子でした。ところがだったというわけです。

「それじゃこの人たちはみんなあなたの居場所を知っていて色々な物を送って来るのですか?」

こう訊きながらハリーは菓子の箱やクィディッチの切符が届き助言や意見を熱心に求める訪問者たちがスラグホーンの居場所を突き止められるのなら死喰い人だけがまだ探し当てていないのはおかしいとそう思ったのでした。

ハリーにこう訊かれてスラグホーンの顔からあっという間に笑いが拭い去られました。スラグホーンはハリーを見下ろしながらこう答えて自分自身の言った事にショックを受けているようにハリーには見えたというわけです。

「無論違う。1年間誰とも連絡を取っていない」

スラグホーンは一瞬相当に動揺した様子でした。それから肩をすくめると「しかし賢明な魔法使いはこういう時にはおとなしくしているものだ」と言ってダンブルドアが何を話そうと勝手だがとも言ったというわけですよね。

ここでスラグホーンはハリーにホグワーツの教壇へと戻る事を渋っている本当の理由を打ち明けました。それは今ホグワーツに戻ればスラグホーンは「不死鳥の騎士団」に入らなくてはならないとそう思っていたんですよね。

騎士団員は誰もが間違いなくあっぱれで勇敢で立派な者たちだろうがスラグホーン個人としてはあの死亡率はいただけないとそう言うのです。ハリーはこう応えながら嘲るような口調を隠し切る事ができなかったんですよね。

「ホグワーツで教えても不死鳥の騎士団に入る必要はありません」

ハリーはシリウスが隠れ家の洞窟にうずくまってネズミを食べて生きていた姿を思い出すとスラグホーンの甘やかされた生き方に同情する気には到底なれませんでした。ハリーは続けてホグワーツの今の状況を説明しました。

大多数の先生は団員ではありませんし誰も殺害されていない。でもクィレルは別です。あんな風にヴォルデモートと組んで仕事をしていたのですから。当然の報いを受けた。この時ハリーは「ヴォルデモート」と言いました。

スラグホーンもヴォルデモートの名前を聞くのが耐えられない魔法使いの1人だろうという確信があったからです。ハリーの期待は裏切られずスラグホーンは身震いをすると抗議の声を声高に上げましたがハリーは無視しました。

「ダンブルドアが校長でいる限り教職員は他の大多数の人より安全だと思います。ダンブルドアはヴォルデモートが恐れたただ1人の魔法使いのはずです。そうでしょう?」

ハリーは構わずこう言いました。スラグホーンは一呼吸二呼吸して空を見詰めハリーの言葉を噛み締めているようで確かに「名前を呼んではいけないあの人」はダンブルドアと決して戦おうとはしなかったと渋々呟きました。

3-3.気持ちが揺らぎ始めたスラグホーン
さらにスラグホーンは自分が死喰い人に加わらなかった以上はヴォルデモートが自分を友と見なすとは到底思えないとも言える。その場合はアルバスつまりはダンブルドアと少し近しいほうが安全かもしれんとも言いました。

アメリア・ボーンズの死が私を動揺させなかったとは言えないともスラグホーンは言いました。あれだけ魔法省に人脈があって保護されていたのにその彼女が。ここでスラグホーンの言葉は途切れてしまったというわけです。

ハリーが「不死鳥の騎士団」に入らなくてもいいと言って最大の懸念が解消された事でスラグホーンの気持ちは揺らぎ始めていたというわけですよね。するとここでダンブルドアが部屋に戻って来たというわけなんですよね。

スラグホーンはまるでダンブルドアが家にいた事を忘れていたかのように飛び上がりました。そして「ああいたのかアルバス。随分長かったな。腹でも壊したか?」と訊いてダンブルドアはその問いにこう答えたんですよね。

「いやマグルの雑誌を読んでいただけじゃ。編み物のパターンが大好きでな」

ダンブルドアはハリーに「さてハリー。ホラスのご好意にだいぶ長々と甘えさせてもろうた。暇する時間じゃ」と言いました。ハリーは全く躊躇せずに従って即座に立ち上がりスラグホーンは狼狽した様子だったのでした。

「行くのか?」と訊くスラグホーンにダンブルドアは「いかにも。勝算のないものは見ればそうと判るものじゃ」と答えてスラグホーンは「勝算がない?」とダンブルドアが言った言葉を繰り返したというわけなんですよね。

前述のようにスラグホーンは気持ちが揺らぎ始めていました。ダンブルドアが旅行用マントの紐を結んでハリーが上着のジッパーを閉めるのを見詰めながらスラグホーンは親指同士をくるくると回してそわそわしていました。

「さてホラス。君が教職を望まんのは残念じゃ」

ダンブルドアは傷ついていないほうの手を挙げ別れの挨拶をすると「ホグワーツは君が再び戻れば喜んだであろうがのう。我々の安全対策は大いに増強されてはおるが君の訪問ならいつでも歓迎しましょうぞ」と言いました。

そして最後に「君がそう望むならじゃが」と言いスラグホーンは言葉を途切れがちにして「ああ。まあ。ご親切に。どうも」とそう言ったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーもスラグホーンもドローレス・アンブリッジが嫌い。こんな共通点から始まった2人の会話でしたがハリーの母リリーを含めたかつての教え子の話をしている内に思わずスラグホーンが本音を打ち明けたというわけです。

それは今ホグワーツの教壇に復帰をすれば「不死鳥の騎士団」に入らなくてはならないという事でした。そんなスラグホーンにハリーは「ホグワーツで教えても不死鳥の騎士団に入る必要はありません」と言ったんですよね。

さらにハリーは「ダンブルドアが校長でいる限り教職員は他の大多数の人より安全だと思います。ダンブルドアはヴォルデモートが恐れたただ1人の魔法使いのはずです。そうでしょう?」ともスラグホーンに言ったのでした。

そのためスラグホーンは自分が死喰い人に加わらなかった以上ヴォルデモートが自分を友と見なすとは到底思えない。その場合はダンブルドアと少し近しいほうが安全かもしれんとそう考え気持ちが揺らぎ始めたんですよね。

そしてだったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2693-77144da7