FC2ブログ
騎士団下巻138ページではチャーリーとパーシーを除くウィーズリー一家とハリーとハーマイオニーがウィーズリーおじさんの見舞いにルーピンとマッド・アイ・ムーディの護衛付きで行きます。

クリスマスはロンドンの地下鉄はお休みなんだそうで、そんなわけでハリーたちはマンダンガスの用意した車で聖マンゴに行きましたが、何故かマンダンガスは車を道の角に寄せて「車で留守番」とのことです。どうしてなんでしょうね?

何故なら、その場にはビル・ウィーズリーにウィーズリーおばさんとマッド・アイ・ムーディそれからリーマス・ルーピンとそれにマンダンガス本人と「既に学校を卒業した大人の魔法使い」が5人もいたのですから、車を『消失呪文』で消してしまって、また見舞いを終えて帰る時には『出現呪文』(騎士団上巻406ページ登場)を使えばマンダンガスは車で待っていなくても一緒に病院に見舞いに行くことができたんじゃないかと私は思うのですが・・・?

そうすればマンダンガスは車で留守番をしていなくても済んだだろうし、きっとビル・ウィーズリーのおごりでお茶が飲めただろうし、フレッド・ジョージと商売の話でもして盛り上がるコトが出来たんじゃないか?と思うんですが・・・

また忘却術をかければ済むのカモ?しれませんが、待っているうちにマグルの警察官に「君、君こんなところで一体何してるんだい?」と職務質問される心配もなくなると私は思うのですが、どうなんでしょう?

まあローリングさんにはローリングさんの考えがあったからこういう展開にしたのでしょうが、こうしても良かったんじゃないかな?と私は思うのですが・・・いかがでしょう?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/27-c8767546