FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

騎士団下巻138ページではチャーリーとパーシーを除くウィーズリー一家とハリーとハーマイオニーがウィーズリーおじさんの見舞いにルーピンとマッド・アイ・ムーディの護衛付きで行きます。

クリスマスはロンドンの地下鉄はお休みなんだそうで、そんなわけでハリーたちはマンダンガスの用意した車で聖マンゴに行きましたが、何故かマンダンガスは車を道の角に寄せて「車で留守番」とのことです。どうしてなんでしょうね?

何故なら、その場にはビル・ウィーズリーにウィーズリーおばさんとマッド・アイ・ムーディそれからリーマス・ルーピンとそれにマンダンガス本人と「既に学校を卒業した大人の魔法使い」が5人もいたのですから、車を『消失呪文』で消してしまって、また見舞いを終えて帰る時には『出現呪文』(騎士団上巻406ページ登場)を使えばマンダンガスは車で待っていなくても一緒に病院に見舞いに行くことができたんじゃないかと私は思うのですが・・・?

そうすればマンダンガスは車で留守番をしていなくても済んだだろうし、きっとビル・ウィーズリーのおごりでお茶が飲めただろうし、フレッド・ジョージと商売の話でもして盛り上がるコトが出来たんじゃないか?と思うんですが・・・

また忘却術をかければ済むのカモ?しれませんが、待っているうちにマグルの警察官に「君、君こんなところで一体何してるんだい?」と職務質問される心配もなくなると私は思うのですが、どうなんでしょう?

まあローリングさんにはローリングさんの考えがあったからこういう展開にしたのでしょうが、こうしても良かったんじゃないかな?と私は思うのですが・・・いかがでしょう?

コメント

ぬん

初めまして!
最初から順に読んでいるところです。

完結前からこうして色々予想したり考察したりされていたんですね!
ルーン文字の記事がとても興味深かったです。

マンダンガスが車で待っていたのは、もしかしたら自身が怪我や病気で入院するとき以外は聖マンゴに出入り禁止になっていたから、ということも考えられるのではないでしょうか?

確かホッグズヘッドにも彼は出入り禁止でしたよね。
ならずもの通かつ、自身もならずものである彼なら過去に何かやらかしていてもおかしくないですよね(笑)

2013.11.18  名無しさん  編集

それはどうなんでしょう?

初めまして!コメントありがとうございました!

聖マンゴに出入り禁止ですか?私はそれはないような気がしますね。それよりも「病院の関係者に会いたくない誰かがいた」のほうが可能性があるんじゃないかな?とそう思いますね。

ちなみにマンダンガスは確かにホッグズ・ヘッド出入り禁止です。

それともし今度コメントを投稿する機会がある時には名前をちゃんと名乗ってくださいね。

2013.11.19  トキメキぼーい  編集

上のコメントを書いたものです。

上のコメントは間違えてタイトルのところに名前を書いてしまったのです。
投稿ボタンを押してから気付いたのですが時すでに遅しでした…

以降気を付けますね(^^;



2013.11.21  ぬん  編集

そうだったんですか。(笑)

ぬんさんコメントありがとうございました。

わざわざご丁寧に恐れ入ります。

そうだったんですね。(笑)

2013.11.22  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.