FC2ブログ
ハリーはついにロンとハーマイオニーに自分が「選ばれし者」で「日刊予言者新聞」に掲載されていたのは本当の事だと打ち明けました。するとハリーはふくろう試験の結果が今日届くというダンブルドアの言葉もついでに思い出しました。するとやっぱりという感じでハーマイオニーが・・・(全3項目)

3-1.ハリーが「選ばれし者」と知って
ダンブルドア自身が迎えに行くって聞いた時に自分たちはハリーに予言に関わる事を何か話すか見せるんじゃないかと思った。ロンは夢中になってハリーにこう話しました。さらに続けてロンはハリーにこう話したのでした。

「僕たち少しは当たってただろう?君に見込みがないと思ったらダンブルドアは個人教授なんかしないよ。時間の無駄使いなんか-ダンブルドアはきっと君に勝ち目があると思っているんだ!」

ハーマイオニーも「そうよ」と言って自分も同意見だと言いました。さらに続けてハーマイオニーはハリーに「一体あなたに何を教えるのかしら?とっても高度な防衛術かも。強力な反対呪文。呪い崩し」と言ったのでした。

しかしハリーは聞いていませんでした。太陽の光とは全く関係なく体中に暖かいものが広がっていました。胸の固いしこりが溶けて行くかのようでした。ロンもハーマイオニーも見かけよりずっと強いショックを受けている。

それがハリーには判っていました。それでも2人は今も自分の両脇にいる。自分を汚染された危険人物扱いして尻込みしたりはせず慰めてくれるし力づけてくれている。ただそれだけの事がハリーにとっては大きかったのです。

それがハリーには言葉に言い尽せないほどの大きな価値だったというわけです。ハリーがそんな思いを抱いている内にハーマイオニーが「それに回避呪文全般とか」とダンブルドアの個人教授の見解を言い終えたんですよね。

「まあ少なくともあなたには今学期履修する科目が1つだけはっきり判っているわけだからロンや私よりましだわ。ふくろうテストの結果はいつ来るのかしら?」

最後のハーマイオニーの問いにロンが「そろそろ来るさ。もう1ヵ月も経ってる」と答えました。ハーマイオニーのその問いかけを聞いてハリーは今朝のダンブルドアとの会話をもう1つ思い出しました。そこでこう言いました。

「そう言えばダンブルドアがふくろう(O.W.L)の結果は今日届くだろうって言ってたみたいだ!」

3-2.ハリーが台所に降りて来ると
ハーマイオニーは「今日?」と叫ぶと「今日?何でそれを-ああどうしましょう-あなたそれをもっと早く」と言って弾かれたように立ち上がり「ふくろうが来てないかどうか確かめて来る」とそう言ったというわけですよね。

10分後ハリーが服を着て空の盆を手に階下に降りて来るとハーマイオニーはじりじりと心配しつつ台所のテーブルのそばに腰掛けウィーズリーおばさんに半パンダになった目の治療をして貰っていたというわけなんですよね。

おばさんが心配そうに「どうやっても取れないわ」と言いました。おばさんはハーマイオニーのそばに立ち片手に杖を持ちもう片方の手には「癒者のいろは」を持って「切り傷・擦り傷・打撲傷」のページを開いていました。

「いつもはこれで上手く行くのに全くどうしたのかしら」

こう言うおばさんにジニーが「フレッドとジョージの考えそうな冗談よ。絶対に取れなくしたんだ」と言いハーマイオニーが「でも取れてくれなきゃ!一生こんな顔で過ごすわけには行かないわ!」と金切り声で言いました。

「そうはなりませんよ。解毒剤を見つけますから心配しないで」

こう言っておばさんはハーマイオニーを慰めました。一方フラーはフレッドとジョージがどんなに面白いかビルが話してくれましたと言うと落ち着き払って微笑みました。それを聞いてハーマイオニーはこう噛みつきました。

「ええ笑い過ぎて息もできないわ」

ハーマイオニーは急に立ち上がると両手を握り合わせて指を捻りながら台所を往ったり来たりし始めました。とにかくふくろう試験の結果がもう心配で心配で堪らなくて居ても立ってもいられないとというわけなんですよね。

「ウィーズリーおばさん。本当に本当に午前中にふくろうは来なかった?」

こう訊くハーマイオニーにおばさんは「来ませんよ。来たら気づくはずですもの。でもまだ9時にもなっていないのですからね。時間は十分」と辛抱強く答えました。そしてハーマイオニーは熱に浮かされたように呟きました。

例によって例の如くというわけです。何でも「古代ルーン文字」はめちゃめちゃだったんだそうです。少なくとも1つ重大な誤訳をしたのは間違いないのだそうです。さらには「闇の魔術に対する防衛術」も不安だそうです。

実技が全然良くなかった。それに「変身術」もあの時は大丈夫だと思ったものの今考えてみるととどうやら不安が思い浮かんで来てしまうという事のようですね。

3-3.黒い点が3つ
そんな心配や不安の種は尽きないといった感じのハーマイオニーにロンは大声で「ハーマイオニー黙れよ。心配なのは君だけじゃないんだぜ!」と言いました。それからさらにロンはハーマイオニーにこう言ったんですよね。

「それに君のほうは大いによろしいのO・優を10科目も取ったりして」

するとハーマイオニーは「言わないで!言わないで!言わないで!」と何と「言わないで!」を3回も連呼するとヒステリー気味に両手をパタパタ振って「きっと全科目落ちたわ!」と有り得ない事を口走ったというわけです。

「落ちたらどうなるのかな?」

ハリーは部屋にいる全員にこう質問しました。しかし答えはいつものようにハーマイオニーから返って来て「寮監にどういう選択肢があるかを相談するの。先学期の終わりにマクゴナガル先生にお訊きしたわ」と言いました。

ハリーの内臓がのたうちました。あんなに朝食を食べなければよかったとハリーはそう思いました。するとフラーが満足気にボーバトンではやり方が違うと言いました。フラーはそのほうがいいと思いますと言ったのでした。

ボーバトンでは試験は6年間勉強してからで5年ではないんだそうです。しかし「それから」と言って続きの説明をしようとしたフラーの言葉は悲鳴に呑み込まれてしまいました。ハーマイオニーが台所の窓を指差しています。

空にははっきりと3つの黒い点が見えて来て段々近づいて来たというわけなんですよね。

今日の最後に
フラーは何であろうとも自分の母校のボーバトンが一番で優れていると強い信念を持っているようでここでもボーバトンでは試験が5年生ではなく6年生の時でそのほうがいいと思うとここでも母校の自慢話をしていますよね。

でも私はホグワーツもまたボーバトンとやり方を一緒にしてふくろう試験を6年生の学期末にしてもハーマイオニーが「きっと全科目落ちたわ!」と喚き立てる事に変わりはないのでこの騒ぎの解決策にはならないと思います。

話はガラリと変わりますがハリーが「選ばれし者」と知ってハーマイオニーはハリーが受けるダンブルドアの個人教授について相当高度な防衛術とか強力な反対呪文に呪い崩しに回避呪文全般を教えるのではと推測しました。

つまりハーマイオニーは最後の最後にハリーとヴォルデモートが対決をする時にハリーが勝利する方法をダンブルドアは教えるのではと考えたというわけです。しかし実はその事についてはもう解決済みというわけですよね。

ダンブルドアはヴォルデモートが復活したその夜ハリーにヴォルデモートがいかにして復活し体を再生させたのかをハリーに話させました。その際にハリーはダンブルドアの目に「勝ち誇った光」を見たような気がしました。

ハリーがヴォルデモートが自分の血を使って体を再生させたと話した時でした。ダンブルドアの個人教授はヴォルデモートを真に滅ぼすためには複数作られた分魂箱を見つけ出して破壊しなければならないという内容でした。

でもやっぱりダンブルドアの事ですから回りくどくて当初はその目的が分らなかったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2702-a11bd0d7