FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

夏休み最後の一週間のほとんどをハリーは「夜の闇横丁」の「ボージン・アンド・バークス」でのドラコ・マルフォイの行動の意味を考えて過ごしました。ところがロンもハーマイオニーもハリーほどにはマルフォイの行動に関心を持てないようで・・・(全3項目)

3-1.ロンもハーマイオニーも
夏休み最後の一週間のほとんどをハリーは「夜の闇横丁」の「ボージン・アンド・バークス」でのドラコ・マルフォイの行動の意味を考えて過ごしました。店を出た時のマルフォイの満足気な表情がどうにも気がかりでした。

マルフォイをあそこまで喜ばせる事が良い話であるはずがありません。ところがロンもハーマイオニーもどうやらハリーほどにはマルフォイの行動に関心を持っていないようでそれがハリーを苛立たせたというわけですよね。

少なくとも2人は2~3日経つとその話に飽きたようでハーマイオニーはフレッドとジョージの部屋の出窓に腰掛け両足を段ボール箱に載せて真新しい「上級ルーン文字翻訳法」を読んでいましたが渋々目を上げこう言いました。

「ええハリーあれは怪しいってそう言ったじゃない。でも色々解釈のしようがあるってそういう結論じゃなかった?」

ハーマイオニーは苛立ち気味にこう言いロンは「輝きの手を壊しちまったかもしれないし」と箒の尾の曲がった小枝をまっすぐに伸ばしながら上の空で言いました。そんな2人に向かってハリーはこう言ったというわけです。

「マルフォイが持ってたあの萎びた手のこと憶えているだろ?だけどあいつがこっちを安全に保管するのを忘れるなって言ったのはどうなんだ?」

ハリーはこの同じ質問を何度繰り返したのか分らないほどでした。ハリーは「ボージンが壊れた物と同じのをもう1つ持っていてマルフォイは両方欲しがっている。僕にはそう聞こえた」と自分の考えを述べたというわけです。

今度は箒の柄の埃を掻き落とそうとしながらロンは「そう思うか?」と訊きハリーは「ああそう思う」と答えました。しかしロンもハーマイオニーも反応しません。それがためにハリーが1人で話し続ける事になったのでした。

3-2.驚くべき考えが閃いた!
「マルフォイの父親はアズカバンだ。マルフォイが復讐したがってるとは思わないか?」ハリーがこう訊くとロンは目をパチクリしながら顔を上げ「マルフォイが?復讐?何ができるって言うんだ?」と訊き返して来ました。

「そこなんだ。僕には分らない!でも何か企んでる。僕たちそれを真剣に考えるべきだと思う。あいつの父親は死喰い人だしそれに」

ハリーはじりじりしながらこう言っていましたが突然言葉を切って口をあんぐりと開けハーマイオニーの背後の窓を見詰めました。驚くべき考えが閃いたのです。一方ハーマイオニーは心配そうにこう言ったというわけです。

「ハリー?どうかした?」

心配そうに「傷痕がまた痛むんじゃないだろうな?」と訊くロンにハリーはゆっくりと「あいつが死喰い人だ。父親に代わってあいつが死喰い人なんだ!」と言いました。その場は静まり返り沈黙を破ったのはロンでした。

「マルフォイが?16才だぜハリー!例のあの人がマルフォイなんかを入れると思うか?」

ロンは弾けるように笑い出すとハリーにこう言いました。ハーマイオニーもロンと同意見で抑えた口調で「とても有り得ない事だわハリー」と言い「どうしてそんな事が?」と訊いて来てハリーはその問いにこう答えました。

「マダム・マルキンの店。マダムがあいつの袖をまくろうとしたら腕には触れなかったのにあいつ叫んで腕をぐいっと引っ込めた。左の腕だった。闇の印がつけられていたんだ」

ロンとハーマイオニーは顔を見合わせロンは全くそうは思えないという調子で「さあ」と言いました。ハーマイオニーはもっと明確に反論し「ハリー。マルフォイはあの店から出たかっただけだと思うわ」と言ったのでした。

「僕たちには見えなかったけどあいつはボージンに何かを見せた。ボージンがまともに怖がる何かだ。印だったんだ。間違いない-ボージンに誰を相手にしているのかを見せつけたんだ」

最後にハリーは「ボージンがどんなにあいつと真剣に接していたか君たちも見たはずだ!」と言いました。頑固にこう言い張るハリーを見てロンとハーマイオニーはまた顔を見合せました。ハリーがこう言っても駄目でした。

ハーマイオニーははっきり分らないと言いロンも「そうだよ」とハーマイオニーに同調しました。ハリーがこう言ってもロンは「例のあの人」つまりはヴォルデモートがマルフォイを入れるなんて思えないとそう言うのです。

苛立ちながらも自分の考えは絶対間違いないと確信してハリーは汚れたクィディッチのユニフォーム一山を掴むと部屋を出ました。洗濯物をウィーズリーおばさんの所に持って行くためにハリーは部屋を出たというわけです。

ウィーズリーおばさんがここ何日も洗濯物や荷造りをぎりぎりまで延ばさないようみんなを急かしていたのです。階段の踊り場で洗濯したての服を山ほど抱えて自分の部屋に帰る途中のジニーに出くわしてこう警告されました。

「今台所に行かないほうがいいわよ。ヌラーがべっとりだから」

3-3.ジニーの警告通りで
ハリーは「滑らないように気をつけるよ」と言って微笑み台所に入りました。まさにジニーの言う通りでフラーがテーブルのそばに腰掛けてビルとの結婚式の計画を途切れる事なくしゃべっていて独演会状態だったのでした。

ウィーズリーおばさんは勝手に皮が剥けるメキャベツの山を不機嫌な顔で監視していました。何でもビルとフラーは花嫁の付添人を2人だけにしようとほとんど決めたんだそうです。それはジニーとカブリエールだそうです。

一緒でとても可愛いと思います。2人には淡いゴールドの衣装を着せようと考えているそうです。ピンクだとジニーの髪の色と合わなくてひどいからだそうです。おばさんがフラーの一人舞台を遮り大声でこう呼びかけました。

「ああハリー!」

続けておばさんは「良かった。明日のホグワーツ行きの安全対策について説明しておきたかったの。魔法省の車がまた来ます。駅には闇祓いたちが待っているはず」と言いました。ハリーは洗濯物を渡しつつこう訊きました。

「トンクスは駅に来ますか?」

おばさんは「いいえ来ないと思いますよ。アーサーの口ぶりではどこか他に配置されているようね」と答えフラーはあのトンクスはこの頃全然身なりを構わない。私の考えでは大きな間違いだと言って見せたというわけです。

フラーはそれを茶さじの裏に映るハッとするほど美しい自分の姿を確かめながら想いに耽るように言いました。おばさんはまたしても「ええそれはどうも」とぴりりと言って遮りました。そしてハリーにこう言ったのでした。

「ハリーもう行きなさい。できれば今晩中にトランクを準備して欲しいわ。いつもみたいに出がけに慌てる事がないようにね」

そして翌朝は事実いつもより出発の流れが良かったんですよね。魔法省の車が「隠れ穴」の前に到着した時には準備万端整って生徒全員がそこに待機していました。こうしてハリーたち3人とジニーは車に乗り込んだのでした。

ドラコ・マルフォイの企みは不明という火種を抱えたままの出発だったというわけなんですよね。

最後に
結局ドラコ・マルフォイについてはロンとハーマイオニーは間違っていてハリーの主張が正しかったというわけですね。マルフォイはヴォルデモートに命じられてアルバス・ダンブルドアを亡き者にしようとしていたのです。

しかしハリーが事の真相を全て知った時には既に手遅れでした。ハリーはダンブルドアに「全身金縛りの呪文」をかけられて全く身動きができない状態でした。ダンブルドアはそんなハリーの目前で殺害されてしまいました。

しかし杖を失い丸腰になって自衛できないダンブルドアを目の前にしてドラコ・マルフォイはヴォルデモートに命じられた任務を実行に移す事はできませんでした。ダンブルドアに「死の呪文」を放ったのはスネイプでした。

話はガラリと変わりますがハリーたち3人は新学期初日にホラス・スラグホーンが「魔法薬学」の教職に復帰すると聞いて驚かされる事になりました。空席だった「闇の魔術に対する防衛術」の教職にはスネイプが就きました。

でもスラグホーンはふくろう試験が「良・E(期待以上)」の生徒も喜んで受け入れたのでハリーも「魔法薬学」を履修する事ができました。そこでハリーは例の半純血のプリンスの手書き入りの「上級魔法薬」を入手しました。

これを手に入れさせるためにダンブルドアはハリーたち3人にスラグホーンがかつて「魔法薬学」の教師だったという事を伏せたというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.