FC2ブログ
額の傷痕が痛むと言ったからシリウスは戻ると言い出したんだ。シリウスが捕まったら自分のせいだ。そう思っていくら後悔しても足りないハリーだったのですが例によって例の如くシリウスが戻って来て良かったと思うトラブルがハリーに襲いかかって来ました。(全3項目)

3-1.またしても向こうからトラブルが
そんなわけでハリーにとっては不安が半分の喜びが半分といった感じになったシリウスの帰国だったのですがいみじくもシリウスが帰国してくれていて良かったという出来事がハリーに襲いかかって来てしまったんですよね。

三大魔法学校対抗試合の代表選手になってしまったのです。ハリーは何と4人目の代表選手という極めて異例な形で競技に参加する事になりました。翌日の日曜日の朝ハリーは惨めな気持ちで目覚める事となってしまいました。

出口を押し開けて談話室の外に出た途端にハリーはハーマイオニーに出会いました。ハーマイオニーは「おはよう」と言うとナプキンに包んだトースト数枚を持ち上げて見せると「ちょっと散歩しない?」と言って来ました。

談話室にいても大広間に下りて行っても英雄扱いされるのが明らかだったハリーにとっては有難い申し出でした。生徒さらにはグリフィンドール生の中でハーマイオニーはハリーの唯一の理解者だったというわけなんですよね。

そんなハーマイオニーがハリーに進言して来たのがシリウスに手紙を書く事でした。僅か2日前に届いた手紙でシリウスはホグワーツで起った事は全て知らせて欲しいと書いていました。さらにそれだけではないんだそうです。

ハリーが知らせる事をシリウスは望んでいる。どうせシリウスには判る事とハーマイオニーはそう言うのです。これは秘密にしておける事じゃない。この三校対抗試合も有名だしハリーも有名だからシリウスは知る事になる。

「日刊予言者新聞」にも必ずハリーがこの三校対抗試合に出場する事が掲載されるだろうとハーマイオニーは暗にそう言いました。どうせ耳に入るのならシリウスはハリーから聞きたいはずだとハーマイオニーは言うのです。

当初ハリーはシリウスは額の傷痕が痛んだというだけで戻って来た。こんな事を知らせたらそれこそ城に乗り込んで来てしまうと手紙を書く事に反対でした。しかし結局は手紙を書いて知らせる事になったというわけですね。

3-2.グリフィンドールの談話室の暖炉で
代表選手になった週明けの月曜日はハリーにとってはあまりに長過ぎる1日でした。ロンまでもがハリーから離れて行ってしまったからです。しかしその日の夜にはシリウスから返事の手紙が届いてハリーは救われたのでした。

シリウスは手紙では言いたい事を何もかも言うわけにはいかない。ふくろうが途中で誰かに捕まった時の危険が大き過ぎる。だから直接会って話をしなければと手紙にそう書いて来ました。そこでだったというわけですよね。

シリウスは11月22日の午前1時にグリフィンドール寮の暖炉のそばでハリー1人だけで待つようにできるかねとそう言って来ました。それからのハリーはシリウスと会って話ができるという望みが支えとなったというわけです。

その11月22日は土曜日でホグズミード行きが許された日でした。その日の夜のハリーはハードなスケジュールになりました。ハーマイオニーと「三本の箒」にいるとハグリッドが真夜中に自分の小屋に来いとそう言うのです。

ハーマイオニーは真夜中にハグリッドの小屋に行ったりしたらシリウスとの約束の時間に遅れてしまうかもしれない。だから行かないほうがいいかもしれないと言いました。しかしハグリッドがこんな事を言うのは初めてだ。

ハグリッドの用事が何であれハリーは急いで会って来るほうが良いように思いました。ハグリッドが何故こんなに夜遅くに来るように頼むのかをハリーはとても知りたいと思いました。そこでハリーは行く事にしたのでした。

そこでハリーは「第1の課題」で自分が立ち向かうのがドラゴンだと知りました。これから起こる事を見てしまったのが喜ぶべき事なのかハリーには分りませんでした。多分このほうが良かったのだ。最初のショックは過ぎた。

来週の火曜日に初めてドラコンを見たなら全校生徒の前で気絶してしまったかもしれない。それからハリーは急いで城に引き返しました。あと15分足らずでグリフィンドール寮の暖炉のそばに戻らなくてはならないからです。

ハリーは荒い息で合言葉を言い穴を這い登りました。そして「透明マント」を脱ぎ捨てて暖炉の前の肘掛椅子に倒れ込みました。暖炉の火を振り返ったハリーは飛び上がりました。シリウスの生首が炎の中に座っていました。

3-3.意外な話
シリウスの顔を見てここ暫くは笑わなかったハリーが久しぶりに笑顔を見せました。そして「シリウスおじさん-元気なの?」と訊きシリウスは「私の事は心配しなくていい。君はどうだね?」と真剣な口調で言ったのでした。

ハリーはほんの一瞬だけ「僕は元気です」と言おうとしました。ところが言えませんでした。ハリーは堰を切ったように話し始めました。自分の意思で「炎のゴブレット」に名前を入れたのではないと言っても誰も信じない。

リータ・スキーターが「日刊予言者新聞」で自分について嘘八百を書いた。廊下を歩いていると必ず誰かがからかう。そしてロンまでもが自分を信用せず嫉妬を焼いている。そして「第1の課題」の事をも話したんですよね。

シリウスは憂いに満ちた目でハリーを見詰めていました。シリウスはハリーが黙り込むまで口を挟まずにしゃべらせた後に口を開きました。シリウスはドラゴンは何とかなる。だからそれは後にしようとそう言ったのでした。

あまり長くはいられない。実はシリウスはこの火を使うのにとある魔法使いの家に忍び込んだのだそうです。この家の者がいつ戻って来ないとも限らないのでハリーに警告をしておかなければならない事があるんだそうです。

それはダームストラングの校長のカルカロフなのだそうです。あいつは死喰い人だった。逮捕されてアズカバンで一緒だったんだそうです。しかしあいつは釈放された。逮捕したのはマッド・アイ・ムーディだったそうです。

だからダンブルドアは元闇祓いのムーディを「闇の魔術に対する防衛術」の教師としてホグワーツに置いたとシリウスは考えているそうです。そのためシリウスはダームストラングの代表選手も気をつけなさいと言いました。

シリウスは近頃どうもおかしな事を耳にすると言いました。死喰い人の動きが活発になっているらしい。クィディッチ・ワールドカップで誰かが「闇の印」を打ち上げた。行方不明になっている魔法省の魔女職員の事もです。

バーサ・ジョーキンズはヴォルデモートが最後にそこにいたという噂のあるすばりの場所のアルバニアで姿を消した。シリウスはこのバーサ・ジョーキンズを知っているのだそうです。シリウスたちより3年上だったそうです。

とにかく愚かで知りたがり屋で頭が全く空っぽでこれはいい組み合わせではない。シリウスはバーサ・ジョーキンズなら簡単に罠に嵌るだろうとそう言ったのでした。ところがハリーはドラゴンの攻略法は聞けませんでした。

背後の螺旋階段を誰かが下りて来る足音を聞いたのです。ハリーは声を潜めてシリウスに「行って!行って!誰か来る!」と言うと急いで立ち上がって暖炉の火を体で隠しました。ハリーの背後でポンと小さな音がしました。

階段を下りて来たのはロンでした。

今日の最後に
シリウスはハリーに色々と警告を発しましたが改めて今振り返ってみると当たっていて「鋭い!」と思う事もあれば「これは的外れな警告だった」というのもあってそれはそれでこれはこれといった感じというわけですよね。

まず元死喰い人のダームストラングの校長カルカロフとその代表選手には気をつけろというシリウスの警告は外れていました。むしろカルカロフ校長はヴォルデモートの復活を恐れていて決して望んではいなかったのでした。

しかしそもそもハリーの額の傷痕が痛んだと手紙を貰って戻って来たのは大正解でした。それは実はワームテールことピーター・ペティグリューが駆けつけヴォルデモートが復活に向けて動き出した事を示す印だったのです。

バーサ・ジョーキンズがとにかく愚かで知りたがり屋で頭が全く空っぽで簡単に罠に嵌るだろうというシリウスの指摘はずばり的中していましたね。さらにバーサ・ジョーキンズがアルバニアで姿を消したという指摘もです。

ヴォルデモートが最後にそこにいたという噂のあるすばりの場所でバーサ・ジョーキンズは姿を消し行方不明になった。この魔女とヴォルデモートの出会いがあったからこそハリーは三校対抗試合の代表選手になったのです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2717-bfaad83f