FC2ブログ
膨大な量の宿題と無言呪文をがむしゃらに練習するのに時間を取られハリーたち3人は到底ハグリッドを訪ねる事などできませんでした。そのハグリッドは食事の時に教職員テーブルに姿を見せなくなりハーマイオニーは「訪ねて行って説明すべきよ」と言ったのですが・・・(全3項目)

3-1.多忙を極めて
6年生の自由時間はロンが期待したような至福の休息時間ではなくハーマイオニーが予測したように山のように出される宿題を必死にこなすための時間でした。毎日試験を受けるような勉強をしなくてはならなかったのでした。

それだけではありません。授業の内容もずっと難しくなっていて学期が始まって2週間が経った近頃ハリーはマクゴナガル先生の言う事が半分も分らずハーマイオニーでさえ一度か二度説明の繰り返しを頼むほどだったのです。

ハーマイオニーにとっては憤懣の種でしたが「半純血のプリンス」のお陰で信じ難い事には「魔法薬学」が突然ハリーの得意科目になりました。さらにハリーを含めた6年生の前に立ち塞がったのが「無言呪文」だったのです。

記念すべき「闇の魔術に対する防衛術」の第1回授業でスネイプが生徒たちに課したのはこの「無言呪文」でした。今やこれは他の「呪文学」や「変身術」でも要求されていました。それは談話室や食事の場での事だったのです。

ハリーが周りを見回すとクラスメートが顔を紫色にしてまるで「ウンのない人」を飲み過ぎたかのように息張っているのをよく見かけました。実は声を出さずに呪文を唱えようともがいているのだとハリーは判っていました。

戸外に出て温室に行くのがせめてもの息抜きで「薬草学」ではこれまでよりずっと危険な植物を扱っていましたが授業中「有毒食虫蔓」に背後から突然捕まった時には少なくとも大声を出して悪態をつく事ができたのでした。

膨大な量の宿題とがむしゃらに無言呪文を練習するためとに時間を取られ結果的にハリーたち3人は到底ハグリッドを訪ねる時間などありませんでした。そのハグリッドは食事の時に教職員テーブルに姿を見せなくなりました。

それは不吉な兆候です。さらには廊下や校庭で時々すれ違ってもハグリッドは不思議にもハリーたちに気づかず挨拶しても聞こえないようでした。そうこうしている内に学期が始まって二度目の土曜日がやって来たのでした。

3-2.二度目の土曜日の朝食の席で
その日の朝食に際し大広間の教職員テーブルのハグリッド用の巨大な椅子が空いているのを見ながらハーマイオニーが「訪ねて行って説明すべきよ」と言いました。しかしそれに対してロンがこう言ったというわけですよね。

「午前中はクィディッチの選抜だ!何とその上フリットウィックのアグアメンティ水増しを練習しなくっちゃ!」

続けてロンは「どっちにしろ何を説明するって言うんだ?ハグリッドにあんな馬鹿くさい学科は大嫌いだったなんて言えるか?」とも言いましたがハーマイオニーは「大嫌いだったんじゃないわ!」と言い返したんですよね。

ロンは暗い顔でハーマイオニーに「君と一緒にするなよ。僕は尻尾爆発スクリュートを忘れちゃいないからな」と言いました。それにハーマイオニーはハグリッドがあの間抜けな弟の事をくだくだ自慢するのを聞いていない。

はっきり言うけど自分たちは実は危うい所を逃れたんだ。あのままハグリッドの「魔法生物飼育学」を取り続けていたなら自分たちはきっとグロウプに靴紐の結び方を教えていたとロンは言うのです。するとだったのでした。

「ハグリッドと口も利かないなんて私嫌だわ」

こう言いながらハーマイオニーは落ち着かないようでした。そんなハーマイオニーにハリーが「クィディッチの後で行こう」と言って安心させました。ハリーもまたハグリッドと離れているのは寂しいとそう思っていました。

その一方もっともロンの言う通りでグロウプがいないほうが自分たちの人生は安らかだろうと思ったりもしていました。そのハリーはキャプテンになってから最初の試練を迎えるので少し神経質になっていたというわけです。

「だけど選抜は午前中一杯かかるかもしれない。応募者が多いから。どうして急にこんなに人気のあるチームになったのか分かんないよ」

するとハーマイオニーが今度は突然苛立ち「まあハリーったらしょうがないわね」と言いました。何でクィディッチのグリフィンドール・チームがこんなに人気になったのかを知らないなんてどうかしているというわけです。

3-3.人気になった原因はハリー
「クィディッチが人気者なんじゃないわ。あなたよ!あなたがこんなに興味をそそった事はないし率直に言ってこんなにセクシーだった事はないわ」ハーマイオニーはクィディッチの応募が多かった理由をこう説明しました。

その説明を聞いてロンは燻製鰊の大きな一切れで咽ました。ハーマイオニーはロンに軽蔑したような一瞥を投げたその後ハリーと向き直り「どうしてハリーがここまで人気者になったのか?」の説明を始めたというわけです。

ハリーの言っていた事が真実だったと今では誰もが知っている。ヴォルデモートが戻って来たと言った事も正しかった。それに加えてこの2年間にハリーが二度もヴォルデモートと戦って二度とも逃れたのも本当の事だった。

その事を魔法界全体が認めないわけにはいかなかった。そして今はみんながハリーの事を「選ばれし者」と呼んでいる。こう説明をしたその上でハーマイオニーはハリーに向かってこのように言ったというわけなんですよね。

「さあしっかりしてよ。みんながあなたに魅力を感じる理由が分からない?」

大広間の天井は冷たい雨模様だったのにも関わらずハリーはその場が急に暑くなったような気がしました。ハーマイオニーの説明はなおも続きました。その上に魔法省はハリーを情緒不安定の嘘つきに仕立て上げようとした。

魔法省が散々迫害したのにハリーはそれにも耐え抜いた。あの邪悪な女つまりドローレス・アンブリッジがハリー自身の血で刻ませた痕がまだ見える。でもハリーはとにかく節を曲げなかった。そしてだったというわけです。

「それに夏の間にあなたの背が30センチも伸びた事だって悪くないわ」

途中でロンが「魔法省で脳ミソが僕を捕まえた時の痕まだ見えるよ。ほら」と口を挟んで腕を振って袖をまくりましたがハーマイオニーはロンを無視したままでこう話し終えました。些細な事のようにロンはこう言いました。

「僕も背が高い」

今日の最後に
ハリーがキャプテンになったクィディッチのグリフィンドール・チームは大人気で選抜は午前中一杯かかるかもしれないとの事なんだそうです。ハリーは何故こんなにも大人気になったのかと戸惑いを隠せないようでしたね。

すると先程まではハグリッドの事で落ち着かない様子だったハーマイオニーが今度は突然苛立ち「まあハリーったらしょうがないわね」と言ったかと思うと応募者が多数になった理由の説明を始めたというわけなんですよね。

まさに「灯台下暗し」とはこの事でハリーはしばしば自分は魔法界に名前を轟かせている有名人だという事を忘れてしまっているという事があるんですよね。それは初めてホグワーツ特急に乗った時にもそうだったのでした。

フレッドとジョージにトランクを持ち上げるのを手伝って貰った時も額の稲妻形の傷痕を見咎めて「ハリー・ポッターさ」と同時に言う2人にハリーは「ああその事。うんそうだよ。僕はハリー・ポッターだ」と言いました。

フレッドとジョージが呆然として自分に見とれているのでハリーは顔が赤くなるのを感じました。さらにはハーマイオニーと初めて会った時にもハリーは自分の名前を名乗った後ハーマイオニーの言葉に驚く事となりました。

ハーマイオニーはハリーにもちろんあなたの事は全部知っている。そしてハリーの事は「近代魔法史」や「闇の魔術の興亡」に「二十世紀の魔法大事件」などの本に出て来ると言われてハリーは「僕が?」と呆然としました。

知らなかったんですよね。ハリーは自分が魔法界でどのように扱われているのかの認識が全くなく無頓着でそれは1年生の時も現在の6年生の時も変わらないというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2726-9c58a82a