FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!いよいよ本日から(私だけ?)待望の「不死鳥の騎士団編」に入ります。ヴォルデモート卿が復活したというのに「日刊予言者新聞」も全然報道しないしマグルのテレビ・ニュースも能天気な内容ばかりでイライラしていたハリーでしたが・・・思わぬ所で思わぬ生き物に出くわし学校外で使用が禁止されている魔法を使ってしまったのでした。(全4項目)

4-1.ひと月経っても・・・
例によって例のごとくプリベット通り4番地のダーズリー家で夏休みを過ごすハリーでしたが今年のハリーはいつにも増してイライラしていました。

夏休みになって「日刊予言者新聞」を定期購読していましたがハリーが待ち望んでいる記事は一向に載らず最近では「購読を続ける意味があるのだろうか?」と思うように・・・

ロンもハーマイオニーも手紙には重要なことは書かないようにと言われているとのことで、ふくろう便がニュースをもたらすかもしれないという期待も持てない状況でした。

少なくともシリウスはハリーの気持ちを理解してくれているようですが手紙の最後には「むちゃするなよ」とハリーに自制を求める言葉で締めくくられていました。

8月2日の夜もテレビ・ニュースを聞いていた所をバーノン叔父さんに見つかって一騒動となりハリーは外へと出かけることになったのでした。

4-2.ダドリーと・・・
ダーズリー夫妻と一悶着起こしてプリベット通り4番地を後にしたハリーでしたが悪友たちと別れて家に帰ろうとしていたダドリーと共にハリーもダーズリー家に帰宅することにしたのでした。

「この後」いとこのダドリーと楽しい語らいの一時・・・になるハズはなく思わず読者も引く誹謗・中傷・罵詈雑言の数々がハリーの口から発せられたわけですね。

何故なら2日前に15才の誕生日を迎えたハリーはいわゆる思春期・第2反抗期だったからですね。発言内容の凄まじさに「第5巻のハリーはちょっと・・・」という読者も結構いたみたいです。

もちろん「日刊予言者新聞」の記者が間抜けでヴォルデモート卿が復活したことに全く気づかないことや1ヵ月以上もプリベット通りに釘付けにされていることなど・・・

イライラする材料に事欠かなかったこともあるのでしょうが・・・
4-3.まさか!・・・リトル・ウィンジングに?
ダドリーに対する14年間の憎しみで思わずダドリーの心臓に杖を向けるハリーでしたが突然何かが夜を変えました。星が、月が、路地の両端の街灯の明かりが消え去って真っ暗になりました。

遠くに聞こえる車の音も、木々の囁きも途絶えました。一瞬ハリーは必死で我慢していたのに魔法を使ってしまったのか?と思いましたが・・・

やがて理性が感覚に追いつきました。自分には星を消す力はない!

ハリーが耳をそばだてると・・・まさにハリーが恐れていた音を聞いたのです。その何かがガラガラと嗄れた音を立てて長々と息を吸い込んでいました。

気が動転したダドリーは思わずハリーを殴ってしまいハリーは杖を落としてしまいましたが杖を探すのに必死で明かりを求め独りでに呪文を唱えました。

「ルーモス!光よ!」

するとうれしいことに右手のすぐそばが明るくなりました。杖先に灯りが点ったのです。杖を引っつかみ慌てて立ち上がり振り向くと・・・

フードを被った聳え立つような影「吸魂鬼」が!・・・

4-4.この場面でのダンブルドア
ダンブルドアが何故に8月2日までハリーをリトル・ウィンジングに留めておいたのか?何でよりによって吸魂鬼に襲われた時の護衛勤務の当番がマンダンガス・フレッチャーだったのか?

さらにどうして?ハリーに「家の中にじっとしていろ」と事前に言っておかなかったのか?そうすれば吸魂鬼に襲われて魔法を使うことにもならなかったですよね。

ハリーが吸魂鬼に襲われたことで今まで隠し通して来たフィッグばあさんが(スクイブの)魔女だということもハリーの知るところとなってしまいました。

当然いずれの理由も吸魂鬼にハリーを敢えて襲わせるよう仕向けていたというわけですね。ハリーにとっては新たな心配の種を抱えることとなってしまいましたが・・・

「このこと」が今後どのような形で波及効果が現れるのか?については、その場面ごとにその都度説明していきたいと思います。

本日の最後に
リトル・ウィンジングに何故吸魂鬼が現れたのか?それはもちろん魔法省の「あの人物」が行くよう命令したからなんですが・・・

おそらく「その人物」はまさか15才の魔法使いが「守護霊の呪文」を習得していて、しかも!ちゃんと形のある「有体の守護霊」を創り出せるとは夢にも思っていなかったでしょうね。(笑)

ですから吸魂鬼を派遣した段階で「あのハリー・ポッターも、これで魂を抜き取られた生きた屍ね」とほくそ笑んでいたでしょうね。

どうして?そう思っていたと言えるのか?については「その人物」が初登場した時に改めて説明したいと思います。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第5巻「不死鳥の騎士団」より第1章「襲われたダドリー」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.