FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーが施した策がものの見事に裏目に出てロンとハーマイオニーの不仲は決定的になってしまいました。そして「選ばれし者」のハリーを巡る女子生徒の最大の関心事はスラグホーンのクリスマス・パーティでしたがハーマイオニーのとんでもない驚愕の復讐が繰り広げられました。(全3項目)

3-1.スラグホーンのクリスマス・パーティを巡って
こうしてハリーが施した策がものの見事に裏目に出てロンとハーマイオニーの不仲は決定的になりハリーは2人を何とか仲直りさせようと懸命に頑張りましたが2人の間の溝は深くて一向に埋まる気配はなかったというわけです。

ハリー自身もまた別の敵と戦わなくてはなりませんでした。ハリーの「選ばれし者」としての人気は相変わらず絶頂で多くの女子生徒がハリーにスラグホーンのクリスマス・パーティに誘って貰おうと懸命だったんですよね。

ハーマイオニーによれば女子トイレに10人ぐらいの女子生徒が集まっていてハリーに気づかれずに惚れ薬を盛る方法を話していたんだそうです。その10人の中にはあのロミルダ・ベインもいて本気みたいだったのだそうです。

ロミルダ・ベインというのは学期初日のホグワーツ特急でハリーに声をかけて来た女子生徒でクィディッチの選抜にも応募して来て当然落ちてハリーが「選ばれし者」と報道されてから思いを寄せるようになったんですよね。

ハーマイオニーは自分なら一緒に行く誰かを誘うと言いました。そうすれば他の人たちはまだチャンスがあるなんて考えなくなる。そう言うハーマイオニーにハリーは「誰も招きたい人がいない」と言葉を返したんですよね。

ところが他ならぬそのハーマイオニーが結果としてきっかけを作ってくれてハリーはルーナ・ラブグッドを誘う事になりました。それはハーマイオニーが置き去りにした教科書を掻き集めてハリーが追いついたその時でした。

ハーマイオニーは下の階の女子トイレから出て来る所でした。ルーナがその背中を叩くともなく叩きながら付き添っていたのです。ハリーが慰めの言葉をかける間も与えずにハーマイオニーは行ってしまったというわけです。

今学期ハリーがルーナと話すのはこの時が初めてでした。止める間もなく「今晩僕と一緒にスラグホーンのパーティに来ないか?」という言葉が口を衝いて出て他人がしゃべっているようにハリーは自分の言葉を聞きました。

ハリーは自分がどういうつもりなのかをはっきりさせておきたくてルーナに単なる友達として来て欲しいと言いました。そう言いつつハリーは既にルーナが行きたくないと言ってくれる事を半分期待していたというわけです。

しかしルーナの答えは友達として一緒に行きたいでした。

3-2.ルーナを誘った事で
「じゃ玄関ホールで8時に落ち合おう」とハリーが言った所で頭上で「ハッハーン」と甲高い声がして2人は飛び上がりました。2人とも気づかなかったのですがピーブズがシャンデリアから逆さまにぶら下がっていたのでした。

たった今ハリーとルーナが真下を通り過ぎたのです。ピーブズはフェイドアウトして消え案の定瞬時にハリー・ポッターがルーナ・ラブグッドをスラグホーンのクリスマス・パーティに連れて行くという事が知れ渡りました。

「君は誰だって誘えたんだ!誰だって!なのにルーニー・ラブグッドを選んだのか?」

夕食の席でロンが信じられないという顔でこう言いました。すると友達の所に行く途中だったジニーがハリーの後ろで立ち止まると「ロンそういう呼び方をしないで」とぴしゃりと言いハリーに向かってこう言ったのでした。

「ハリーあなたがルーナを誘ってくれて本当にうれしいわ。あの子とっても興奮してる」

そしてジニーはディーンが座っているテーブルの奥のほうに歩いて行きました。ルーナを誘った事をジニーが喜んでくれたのはうれしいとハリーは自分を納得させようとしましたがそう単純には割り切れなかったんですよね。

テーブルのずっと離れた所でハーマイオニーがシチューをもてあそびながら1人で座っていました。ハリーはロンがハーマイオニーを盗み見ているのに気づき「謝ったらどうだ」とぶっきらぼうに意見したというわけですよね。

「何だよ。それでまたカナリアの群れに襲われろって言うのか?」

こうぼやくロンにハリーは「何のためにハーマイオニーの物真似をする必要があった?」と言いました。するとロンは「僕の口髭を笑った!」と言いましたがハリーはこう反論をしてハーマイオニーをフォローしたのでした。

「僕も笑ったさ。あんなに馬鹿馬鹿しいもの見た事がない」

しかしロンは聞いてはいないようでした。ちょうどその時ラベンダーがパーバティと一緒にやって来てハリーとロンの間に割り込んで来てラベンダーがロンの首に両腕を回したからです。実はパーバティもだったんですよね。

パーバティもまたハリーと同じようにこの2人の友人の態度には当惑気味でうんざりした顔をしていました。パーバティが「こんばんはハリー」と挨拶して来たのでハリーは「やあ元気かい?」と答えて続けてこう言いました。

「それじゃ君はホグワーツに留まる事になったんだね?ご両親が連れ戻したがっているって聞いたけど」

パーバティは「暫くはそうしないようにって何とか説得したわ」と答えました。何でもあのケイティ・ベルのネックレス事件の事で親がとってもパニックになってしまったんだそうです。でもあれからは何にも起っていない。

こんな事を話していたらパーバティは「あらこんばんはハーマイオニー!」と挨拶しながら殊更ににっこりとしました。変身術の授業でハーマイオニーを笑った事を後ろめたく思っているのだろうとハリーは察したのでした。

振り返って見るとハーマイオニーもにっこりを返しています。しかもあろう事かもっと明るくにっこりなのです。女って奴は時に非常に不可思議だとハリーはそう思ったというわけですね。ところがだったというわけですよね。

3-3.復讐のためなら
ハーマイオニーはロンとラベンダーを完璧に無視しつつ「こんばんはパーバティ!」と挨拶しました。そしてパーバティに「夜はスラグホーンのパーティに行くの?」と訊きました。パーバティは憂鬱そうにこう答えました。

「招待なしよ。でも行きたいわ。とっても素晴らしいみたいだし。あなたは行くんでしょう?」

最後にパーバティから「あなたは行くんでしょう?」と訊かれてハーマイオニーからは驚愕の答えが返って来たのでした。何とハーマイオニーは「ええ8時にコーマックと待ち合わせて2人で」とそう答えるではありませんか。

詰まった流しから吸引カップを引き抜くような音がしてロンの顔が現れました。ハーマイオニーはと言えば見ざる聞かざるを決め込んだ様子です。ハーマイオニーは「一緒にパーティに行くの」と言葉を言い終えたのでした。

パーバティは「コーマックと?コーマック・マクラーゲンなの?」と訊き返してハーマイオニーはむしろ優しい声で「そうよ。もう少しでグリフィンドールのキーパーになる所だった人よ」と答えたというわけなんですよね。

ハーマイオニーは「もう少しで」と言う所でやけに言葉に力を入れました。パーバティは「それじゃあの人と付き合ってるの?」と目を丸くして訊きハーマイオニーは「あら-そうよ-知らなかった?」とそう言ったのでした。

そしておよそハーマイオニーらしくもないクスクス笑いをしました。パーバティはこのゴシックネタをもっと知りたくてうずうずしていました。そこで「まさか!」と言ったその後にハーマイオニーにこう言ったんですよね。

「ウワーあなたってクィディッチ選手が好きなのね?最初はクラム今度はマクラーゲン」

するとハーマイオニーは微笑んだままで「私が好きなのは本当にいいクィディッチ選手よ」と訂正しました。それから「じゃまたね。もうパーティに行く仕度をしなくっちゃ」と言うとハーマイオニーは行ってしまいました。

ラベンダーとパーバティはすぐさま額を突き合わせマクラーゲンについて聞いていた諸々の話にハーマイオニーについて想像していたあるゆる事までこの新しい展開の検討を始めました。一方突然蚊帳の外になったロンは?

ロンは奇妙に無表情で何も言いませんでした。ハリーは1人黙って女性とは復讐のためならどこまで深く身を落とす事ができるものなのかとしみじみ考えていたというわけなんですよね。

今日の最後に
パーバティ・パチルはハリーの事が好きです。3年生から新たに加わる選択科目でパーバティが選んだのはハリーと同じ「占い学」と「魔法生物飼育学」でした。私はハリーが選んだからこの「2つ」にしたんだとそう思います。

4年生の時に行われたクリスマス・ダンスパーティでは既にディーン・トーマスが先に申し込んでいてディーンがパートナーと決まっていたのにも関わらずハリーが申し込んで来たので「ええいいわよ」と答えてしまいました。

5年生の時にはハーマイオニーが発起人になって設立された「闇の魔術に対する防衛術」の自習グループの「ダンブルドア軍団」にもパーバティは参加しています。もちろん入ったのはハリー目当てだったというわけですよね。

当然パーバティはスラグホーンのクリスマス・パーティにもハリーに誘われて行きたいとそう思っていました。それならば招待されていないのでハリーと一緒に行きたい。誘ってくれと言えばいいじゃないかと思いますよね。

でもそれが言えない。パーバティはそういう性格なんです。パチル姉妹は双子なのにパーバティはグリフィンドール生でパドマはレイブンクロー生です。私は所属する寮が分かれたのは両親の出身寮が違うからだと思います。

両親の片方がグリフィンドール出身でもう一方がレイブンクロー出身というわけです。パーバティは親からグリフィンドールの要素をそしてパドマはレイブンクローの要素をより多く受け継いだので寮が分かれたんですよね。

だからパーバティもまた少ないもののレイブンクローの要素を親から受け継いでいる。それがためにもう一歩を踏み出す勇気がない。ハリーに自分の思いを打ち明けられないというわけなんですよね。そしてというわけです。

両親を説得してホグワーツに留まったのは家に帰ってしまえばハリーに会えなくなるからというわけですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.