FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ロンのペットがネズミのスキャバーズなのに何でハーマイオニーは猫のクルックシャンクスを飼うんだという感じですがハーマイオニーはスキャバーズはロンの男子寮でそしてクルックシャンクスは自分の女子寮で寝るのだから問題はないと言っていました。しかしもう1つの問題点があったのです。(全3項目)

3-1.ある夜の談話室
こうしてひょんな事からハーマイオニーはふくろうではなく猫でニーズルという魔法動物のクルックシャンクスをペットにする事となったんですよね。これはスキャバーズがそうさせたという事になってしまうんでしょうね。

何故ならスキャバーズが普段通り元気だったらハリーは「魔法動物ペットショップ」ではなくて11才の誕生日プレゼントとしてハグリッドにヘドウィグを購入して貰った「イーロップふくろう百貨店」に行っていたからです。

ハーマイオニーは自分が猫のクルックシャンクスを飼っても女子寮で寝るわけだしスキャバーズはロンの男子寮で寝るから問題はないと言いました。しかしもう1つ談話室では一緒になるんだという事を忘れていたようです。

それはある夜にハリーがクィディッチの練習を終えて談話室に戻って来た時でした。談話室がざわめいていたのでハリーはロンとハーマイオニーに「何かあったの?」と尋ねました。するとロンがこう答えたというわけです。

「第1回目のホグズミード週末だ。10月末。ハロウィンさ」

こう言いながらロンはくたびれた古い掲示板に張り出された「お知らせ」を指差しました。ハリーはロンのそばの椅子にドサリと座りました。練習の成果に満足をしていた高揚した気持ちが萎えて行ってしまったんですよね。

ハーマイオニーがハリーの気持ちを察したようでこの次にはきっと行ける。シリウス・ブラックは一度は目撃されているからすぐに捕まるに決まっていると言いましたがロンは次なんて永遠に来ないとそう言ったんですよね。

ロンはだからマクゴナガル先生に今度行っていいかって訊くべきだと言うのです。マージ叔母さん風船事件を起こしたハリーはバーノン叔父さんに許可証にサインをして貰う事ができませんでした。さらにだったんですよね。

夏休み最終日の夜にハリーはウィーズリー夫妻が言い争いをしているのを聞いてしまいシリウス・ブラックが自分の命を狙っている事を知ったというわけですね。ハリーはマクゴナガル先生に話そうとそう決心したのでした。

そこで「うんやってみる」と言うとハーマイオニーが何か言おうと口を開けましたがクルックシャンクスが軽やかに膝に飛び乗って来ました。クルックシャンクスは大きな蜘蛛の死骸をくわえていたというわけなんですよね。

3-2.再びスキャバーズに
最初の出会い方から不信感ありきのロンは「わざわざ僕たちの目の前でそれを食うわけ?」と言って顔をしかめましたがハーマイオニーは「お利口さんねクルックシャンクス。1人で捕まえたの?」と言ったというわけです。

クルックシャンクスは黄色い目で小馬鹿にしたようにロンを見据えたままゆっくりと蜘蛛を噛みました。ロンは苛立ちながら再び「天文学」の宿題の星座図に取りかかりました。そしてハーマイオニーにこう言ったのでした。

「そいつをそこから動かすなよ。スキャバーズが僕のカバンで寝てるんだから」

ハリーは欠伸をしました。早くベッドに行きたいと思ったもののハリーもまた星座図を仕上げなくてはなりません。カバンを引き寄せて羊皮紙にインクと羽根ペンを取り出しハリーも作業に取りかかったというわけですよね。

すると最後の星にどうだとばかりに大袈裟に名前を書くとロンは「僕のを写していいよ」と言って星座図をハリーのほうに押しやりました。ハーマイオニーは丸写しが許せず唇を強く結びましたが何も言いはしませんでした。

クルックシャンクスはぼさぼさの尻尾を振り振り瞬きもせずロンを見詰め続けていましたが出し抜けに跳びました。ロンは「おい!」と喚いてカバンを引っ掴みましたがクルックシャンクスはそのカバンに襲いかかりました。

クルックシャンクスは4本脚の爪全部をロンのカバンに深々と食い込ませて猛烈に引っ掻き始めました。ロンは「放せ!この野郎!」と言ってクルックシャンクスからカバンをもぎ取ろうとしたのですが駄目だったんですよね。

クルックシャンクスはシャーッシャーッと唸りカバンを引き裂いててこでも離れません。ハーマイオニーは「ロン乱暴しないで!」と言うと悲鳴を上げました。談話室にいた生徒たちがこぞって見物したというわけですよね。

ロンはカバンを振り回しましたがクルックシャンクスはぴったり張り付いたままでスキャバーズのほうがカバンから飛び出してクルックシャンクスは抜け殻になったカバンを離れ命からがら逃げるスキャバーズを追いました。

ロンが「あの猫を捕まえろ!」と叫んだのでジョージがクルックシャンクスを捕まえようと手を伸ばしましたが取り逃がしました。スキャバーズは20人の股の下をすり抜けて古い整理箪笥の下へと潜り込んで行ったのでした。

クルックシャンクスはその整理箪笥の前で急停止するとガニ股の脚を曲げて屈み込み前脚を箪笥の下に差し入れ烈しく掻きました。ロンとハーマイオニーが駆けつけてハーマイオニーがクルックシャンクスの腹を抱えました。

そして苦心惨憺の末に引き離しました。ロンはベッタリと腹這いになって散々てこずりましたが何とかスキャバーズの尻尾を掴んで引っ張り出したというわけです。

3-3.激昂するロン
ロンは激昂してスキャバーズをハーマイオニーの目の前にぶら下げながら「見ろよ!こんなに骨と皮になって!その猫をスキャバーズに近づけるな!」と言いました。それに対しハーマイオニーは声を震わせこう言いました。

「クルックシャンクスにはそれが悪い事だって分らないのよ!ロン猫はネズミを追っかけるもんだわ!」

ロンは必死にじたばたしているスキャバーズをなだめすかしてポケットに戻そうとしながら「そのケダモノ何かおかしいぜ!」と言い「スキャバーズは僕のカバンの中だって言ったのをそいつ聞いたんだ!」とも言いました。

「馬鹿なこと言わないで。クルックシャンクスは臭いで判るのよ。ロン他にどうやって」

ハーマイオニーはこう切り返しました。猫のクルックシャンクスに人の言葉が判るはずがない。ハーマイオニーはこう言いたいというわけですよね。ロンはさらに「その猫。スキャバーズに恨みがあるんだ!」と言いました。

それを聞いて周りの野次馬が笑い出しましたがロンはお構いなしで「いいかスキャバーズのほうが先輩なんだぜ。その上病気なんだ!」と言うと肩をいからせて談話室を横切り寝室に向かう階段へと姿を消したというわけです。

今日の最後に
寝室は別でも談話室では一緒になる。ここでクルックシャンクスとスキャバーズの新たな問題点が浮かび上がったというわけです。ここでロンがクルックシャンクスに関して興味ある指摘をして来たというわけなんですよね。

それはクルックシャンクスがロンがスキャバーズは自分のカバンの中だって言ったのを聞いたという指摘でした。ハーマイオニーは「馬鹿なこと言わないで。クルックシャンクスは臭いで判るのよ」とそう反論したんですよね。

しかしニーズルはどうやら人の話す言葉を理解できるようですね。実はハリーポッター・シリーズには既にもうクルックシャンクスの前にニーズルが登場しています。管理人フィルチが飼っているミセス・ノリスがそうです。

クルックシャンクスはロンが話していた言葉を聞いてスキャバーズはロンのカバンの中にいるとそう知った。だからこそ瞬きもせずにロンを見詰め続けたその後にスキャバーズを捕えようとしてロンのカバンに襲いかかった。

そういう事だったとしいうわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.