FC2ブログ
ハリーは自分の時以来久しぶりに組み分けの儀式に立ち会えるという事で組み分け談義に花を咲かせるという事になりました。しかしハーマイオニーにとってはその組み分けの儀式が終わった後の「ほとんど首なしニック」の発言が問題になったというわけです。(全3項目)

3-1.組み分け帽子の歌が
組み分け帽子が歌い終わると大広間は割れるような拍手でした。ここはハリーの時と変わりありません。しかし自分の時とは違う事にハリーは気づいていました。他の生徒たちと一緒に拍手しながらハリーはこう言いました。

「僕たちの時と歌が違う」

これにロンが「毎年違う歌なんだ。きっと凄く退屈なんじゃない?帽子の人生って。多分1年かけて次の歌を作るんだよ」と言いました。ロンがそんな事を言っているとマクゴナガル先生が羊皮紙の太い巻紙を広げ始めました。

「名前を呼ばれたら帽子を被ってこの椅子にお座りなさい。帽子が寮の名を発表したらそれぞれの寮のテーブルにお着きなさい」

マクゴナガル先生が1年生にこう言い渡していよいよついに組み分けの儀式が始まりました。組み分けの儀式ではいつも名前より先に苗字が読み上げられますがまず最初は「アッカリー・スチュワート!」という男の子でした。

進み出たスチュワート・アッカリーは頭のてっぺんから爪先まで傍目にも判るほど震えていました。マクゴナガル先生の指示通り組み分け帽子を取り上げ被ると椅子に座りました。帽子は「レイブンクロー!」と叫びました。

スチュワート・アッカリーは帽子を脱ぐと急いでレイブンクローのテーブルに行って一同の拍手に迎えられて席に着きました。その1年生をやはり拍手で歓迎しているチョウ・チャンの姿がちらりとハリーの目に入りました。

ほんの一瞬ハリーは自分もレイブンクローのテーブルに座りたいという奇妙な気持ちになりました。ハリーのそんな気持ちとは当然一切関わりなく組み分けの儀式は続きマルコム・バドックは「スリザリン」に決まりました。

マルコム・バドックがスリザリンのテーブルに着くとドラコ・マルフォイが拍手しているのをハリーは見ました。スリザリンは多くの闇の魔法使いを輩出した事をバドックは知っているのだろうかとハリーはそう思いました。

マルコム・バドックが着席すると気に入らないと言いたげにフレッドとジョージが嘲るように舌を鳴らしたというわけです。

3-2.組み分けの儀式は続き
このようにしてマクゴナガル先生が1人ずつ1年生を呼び出して組み分けの儀式はつつがなく続きエレノア・ブランストーンとオーエン・コールドウェルはハッフルパフに決まりついにデニス・クリービーが呼び出されました。

小柄なデニス・クリービーはハグリッドのオーバーにつまずいてつんのめりました。ちょうどその時ハグリッドが教職員テーブルの後ろの扉から体を斜めにして入って来ると教職員テーブルの一番端に座ったというわけです。

ハグリッドはハリーたち3人にウィンクしてデニス・クリービーが組み分け帽子を被るのをじっと見ました。帽子は「グリフィンドール!」と叫びました。ハグリッドはグリフィンドール生と一緒に拍手をしたというわけです。

デニス・クリービーは笑顔で帽子を脱いで椅子に戻すと急いで兄の所にやって来ました。デニスは空いた席に飛び込みながら甲高い声で兄のコリンに湖に落ちたと言いました。水の中の何かが捕まえてボートへと押し戻した。

デニスが「凄かったよ!」と言うとコリンも同じぐらい興奮して「すっごい!」と言い多分それは大イカだよと言ったのでした。そう言われてデニスは「ウワーッ!」と叫びました。嵐に波立つ底知れない湖に投げ込まれた。

それなのに巨大な湖の怪物によってまた押し戻されるなんて素敵な事は願っても滅多に叶うものじゃないと言わんばかりのデニスの声でした。するとコリンは弟のデニスに向かってこのように言ったというわけなんですよね。

「デニス!デニス!あそこにいる人ね?黒い髪で眼鏡かけてる人ね?見える?デニスあの人誰だか知ってる?」

コリンが弟のデニスに自分の事を言っているのは明らかだったのでハリーはそっぽを向いてエマ・ドブズに取りかかった組み分け帽子をじっと見ました。男の子も女の子も怖がり方も様々に組み分けの儀式は続いたのでした。

ロンが胃のあたりをさすりながら「ああ早くしてくれよ」と呻くと「ほとんど首なしニック」が「まあまあロン。組み分けのほうが食事より大切ですよ」とそう言った時にはローラ・マッドリーがハッフルパフに決まりました。

ロンは「そうだとも。死んでればね」と言い返しました。その時ナタリー・マクドナルドがグリフィンドールのテーブルに着くのを拍手で迎えつつニックは「今年のグリフィンドール生が優秀だといいですね」と言いました。

グリフィンドールは寮対抗杯でこの3年間連続優勝をしていたのでそれを崩したくないからなのだそうです。そしてグラハム・プリチャードはスリザリンにオーラ・クァークはレイブンクローに組み分けされたというわけです。

そしてケビン・ホイットビーがハッフルパフに決まってようやく組み分けは終わりました。マクゴナガル先生は組み分け帽子と丸椅子を取り上げて片付けました。ロンは「いよいよだ」と言いナイフとフォークを握りました。

それから自分の金の皿を今や遅しと見守りました。ダンブルドア校長先生が立ち上がり両手を大きく広げて歓迎すると生徒全員にぐるりと微笑みかけました。ダンブルドアの深い声が大広間にこう響き渡ったというわけです。

「皆に言う言葉は2つだけじゃ。思いっ切り掻っ込め」

3-3.屋敷しもべ妖精がここにも?
ハリーとロンが「いいぞいいぞ!」と囃し立て目の前の皿が食べ物で一杯になりました。ハリーたち3人が自分たちの皿に食べ物を山盛りにするのをニックは恨めしそうに眺めていました。ところがだったというわけですよね。

何でもニックによれは今晩はご馳走が出ただけでも運が良かったんだそうです。さっき厨房で問題が起きたのだそうです。いつもの議論でピーブズが祝宴に参加をしたいと駄々をこねてゴースト評議会を開いたとの事でした。

「太った修道士」はピーブズにチャンスを与えてはどうかと言ったんだそうです。しかし行儀作法も知らず食べ物の皿を見れば投げつけずにはいられない奴という事で「血みどろ男爵」がてこでも動かなかったのだそうです。

ピーブズが玄関ホールで水爆弾攻撃をやっていたのはそのためだったというわけですよね。そのため厨房では何もかも引っくり返しての大暴れで鍋は投げるし釜は投げるしで厨房はスープの海になってしまったとの事でした。

ところがこの後のニックの発言が問題でした。ニックが「屋敷しもべ妖精がものも言えないほど怖がって」と言ったのです。ガチャンと音がしたかと思うとハーマイオニーが金のゴブレットを引っくり返してしまったのです。

「屋敷しもべ妖精がここにもいるって言うの?このホグワーツに?」

恐怖に打ちのめされたようにニックを見詰めてハーマイオニーはこう訊きました。ハーマイオニーの反応に驚いたようにニックは「左様。イギリス中のどの屋敷よりも大勢いるでしょうな。百人以上」とそう答えたのでした。

1人も見た事がないと言うハーマイオニーにニックは日中は滅多に厨房を離れる事はないと応えました。夜になると出て来て掃除をしたり火の始末をしたりする。存在を気づかれないのは良い屋敷しもべ妖精の証拠だそうです。

「でもお給料は貰ってるわよね?お休みも貰ってるわね?それに-病欠とか年金とか色々も?」

ハーマイオニーがこう言うとニックが笑い出しました。それも高笑いです。そのため薄い皮一枚で何とか繋がっている首が落ちてぶら下がりました。ニックは首を肩の上に戻して固定しながらこう答えたというわけですよね。

「病欠に年金?屋敷しもべは病欠や年金を望んでいません!」

これを聞きハーマイオニーはナイフとフォークを置くと皿を遠くに押しやり食事を拒否しました。ロンが「君が絶食したってしもべ妖精が病欠を取れるわけじゃないよ!」と言ってもハーマイオニーは食べようとはしません。

「奴隷労働よ。このご馳走を作ったのがそれなんだわ。奴隷労働!」

ハーマイオニーはこう言ってそれ以降は一口も食べようとはしなかったというわけなんですよね。

今日の最後に
ポルターガイストのピーブズは玄関ホールで生徒たちに水爆弾攻撃をして来ました。その原因は祝宴に参加をしたいと駄々をこねて結局はゴースト評議会で「血みどろ男爵」が駄目だと言ったからだと判明したんですよね。

そのためマクゴナガル先生が大広間から玄関ホールに飛び出して来てピーブズに辞めるようにと言わなくてはなりませんでした。それ以前もピーブズは厨房で鍋は投げるわ釜は投げるわの大暴れをしたとの事だったそうです。

ところが「ほとんど首なしニック」が「屋敷しもべ妖精がものも言えないほど怖がって」と発言した事でハーマイオニーはホグワーツにも屋敷しもべ妖精がそれも百人以上いて給料も貰わず無休で働いている事を知りました。

ハーマイオニーも2年生の時にドビーがハリーをホグワーツに行かせまい又はいさせまいと必死になった事で魔法界には屋敷しもべ妖精なるものが存在すると知りました。そしてこの夏ハリーたちはウィンキーと出会いました。

初めて屋敷しもべ妖精と出会いウィンキーと知り合いハーマイオニーは「屋敷しもべ妖精は不当に扱われている」と思うようになりました。そして今回ハーマイオニーはこのようにして現実を知る事となったというわけです。

ホグワーツにも百人以上の屋敷しもべ妖精がいて給料も貰わず無休で働いている。そう知ってハーマイオニーは食事を拒否したというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2741-152a2d41