FC2ブログ
4年生になって今学年にやらなければならない宿題の量が明らかに増えている事にハリーもロンも気づいていました。それは当然マクゴナガル先生も例外ではありませんでした。一方ついに三大魔法学校対抗試合の開幕が近づいて来て・・・(全3項目)

3-1.4年生になって
こうしてハリーたちの4年目はスタートを切りましたが4年生になり今学年にやらなければならない宿題の量が明らかに増えている事に気づいていました。それはマクゴナガル先生の「変身術」の授業で宿題が出された時です。

マクゴナガル先生が出した宿題の量に一際大きい呻き声が上がった時にマクゴナガル先生は「何故そうなのか?」を説明しました。何でも皆さんは今魔法教育の中でも最も大切な段階の1つに来ているとの事なんだそうです。

「O.W.L一般にふくろうと呼ばれる普通魔法レベル試験が近づいています」

マクゴナガル先生がこう言うとディーン・トーマスが憤慨して「O.W.Lを受けるのは5年生になってからです!」と抗議しました。そんなディーンにマクゴナガル先生は「そうかもしれません」とそう言葉を返したんですよね。

しかしその一方でマクゴナガル先生は皆さんは十二分に準備をしないといけないとも言いました。このクラスではハリネズミをまともな針山に変える事ができたのはハーマイオニーただ1人だけだという事を忘れてはならない。

ディーンの針山は何度やっても誰かが針を持って近づくと怖がって丸まってばかりいるとマクゴナガル先生はそう指摘しました。ハーマイオニーは頬を染めあまり得意気にならないように努力しているようだったんですよね。

そしてそれは10月も下旬に入った頃の事です。玄関ホールに着くと先にそれ以上進めなくなりました。大理石の階段の下に立てられた掲示板の周りに大勢の生徒が群れを成して右往左往していたためというわけなんですよね。

ハリーたち3人の中で一番背が高いロンが爪先立ちしてハリーとハーマイオニーに掲示の内容を読んで聞かせてくれました。10月30日の金曜日の午後6時にボーバトンとダームストラング両校の代表団が到着をするのだそうです。

三大魔法学校対抗試合がついに始まるというわけです。

3-2.三大魔法学校対抗試合開催に際して
玄関ホールの掲示板の出現は城の住人たちにはっきりと影響を与えました。それは生徒と教職員に限った事ではありませんでした。それから一週間というものはハリーがどこへ行っても話題はたった1つだけだったんですよね。

生徒から生徒へまるで感染力の強い細菌のように噂が飛び交い三校対抗試合の話で持ち切りでした。誰がホグワーツの代表選手に立候補するのかとか試合はどんな内容なのかとか他の二校の事も話題になったというわけです。

ボーバトンとダームストラングの生徒は自分たちとどう違うのかという事です。さらに城が殊更念入りに大掃除されている事にもハリーは気づきました。煤けた肖像画の何枚かは汚れ落としがされていたというわけですよね。

描かれた本人たちはこれが気に入らず額縁の中で背中を丸めて座り込み小声で文句を言っては赤剥けになった顔を触ってぎくりとしていました。甲冑たちも突然ピカピカになり動く時も音を立てて軋まなくなったんですよね。

管理人のアーガス・フィルチは生徒が靴の汚れを落とし忘れると凶暴極まりない態度で脅したので1年生の女子が2人ヒステリー状態になってしまいました。他の先生方も妙に緊張をしていてマクゴナガル先生もまたそうでした。

「ロングボトムお願いですからダームストラングの生徒たちの前であなたが簡単な取り替え呪文さえ使えないなどと暴露しないように!」

授業の最後にマクゴナガル先生がこう怒鳴りました。一段と難しい授業でネビルがうっかり自分の耳をサボテンに移植してしまったのです。そして10月30日に朝食に下りて行くと大広間は前夜に飾り付けが終わっていました。

壁には各寮を示す巨大な絹の垂れ幕がかけられていました。グリフィンドールは赤地に金のライオンでレイブンクローは青にブロンズの鷲でハッフルパフは黄色に黒い穴熊でスリザリンは緑にシルバーの蛇というわけですね。

教職員テーブルの背後には一番大きな垂れ幕がありホグワーツ校の「H」の文字の周りにライオンと鷲と穴熊と蛇が団結していてハリーたちはフレッドとジョージがグリフィンドールのテーブルに着いているのを見つけました。

以前にも見かけたのですが珍しい事に他から離れて座り小声で何か話しています。ジョージが憂鬱そうに「そいつは確かに当て外れさ」とフレッドに言いました。小声で憂鬱そうに話しているのでどうも深刻な話のようです。

フレッドが最後に「いつまでも俺たちを避けてる事はできないよ」と言うのでロンがフレッドとジョージの隣に腰掛けながら「誰が避けてるんだい?」と訊くと邪魔が入って苛立ったようにフレッドがこう言ったんですよね。

「お前が避けてくれりゃいいのになぁ」

さらにロンがジョージに「当て外れって何が?」と訊くとジョージは問いの答えは言わず「お前みたいなお節介を弟に持つ事がだよ」と言いました。そんなフレッドとジョージにハリーはこう訊いたというわけなんですよね。

「三校対抗試合ってどんなものか何か判ったの?エントリーするのに何かもっと方法を考えた?」

3-3.ハーマイオニーが言いたかった事は
ハリーのこの問いにはジョージが代表選手をどうやって選ぶのかをマクゴナガル先生に訊いたが教えてくれないと苦々しそうに答えました。黙ってアライグマを変身させる練習をなさいとそう言われてしまったんだそうです。

「一体どんな課題が出るのかなあ?だってさハリー僕たちきっと課題をこなせるよ。これまでも危険な事をやって来たもの」

考え込みながらこう言うロンにフレッドが「審査員の前ではやってないぞ」と言いました。何でもフレッドによればマクゴナガル先生が言うには代表選手が課題をいかに上手くこなすかで点数がつけられるとの事だそうです。

それを受けてハリーが「誰が審査員になるの?」と訊くとハーマイオニーが「そうね参加校の校長は必ず審査員になるわね」と答えるのでその場の一同は相当に驚き一斉にハーマイオニーのほうを振り向いたというわけです。

「1792年の試合で選手が捕まえるはずだった怪物のコカトリスが大暴れして校長が3人とも負傷してるもの」

こう言った後に一同の視線に気づいたハーマイオニーは自分の読んだ本を他の誰も読んでいないなんてという毎度お馴染みの歯痒そうな口調で「ホグワーツの歴史」に全部が書いてあるとそう言ったというわけなんですよね。

もっともこの「ホグワーツの歴史」は完全には信用できず「改訂ホグワーツの歴史」のほうがより正確なのだそうです。又は「偏見に満ちた選択的ホグワーツの歴史-嫌な部分を塗りつぶした歴史」もいいとの事だそうです。

ハーマイオニーのその物言いを聞いてロンが「何が言いたいんだい?」と訊きましたがハリーはもう答えが判っていました。ハーマイオニーは「屋敷しもべ妖精!」と声を張り上げ答えはハリーの予想通りだったんですよね。

「ホグワーツの歴史は千ページ以上あるのに百人もの奴隷の圧制に私たち全員が共謀してるなんて一言も書いてない!」

ハーマイオニーがこう言うのを聞いてハリーはやれやれと首を振りました。ハリーもロンも冷淡だったのにも関わらずハーマイオニーの屋敷しもべ妖精の権利を追求する決意は露ほども挫けなかっというわけなんてすよね。

今日の最後に
三大魔法学校対抗試合の開幕がついに近づいて来て甲冑や肖像画など城内の様々な物に大掃除が施されたりしました。先生方も妙に緊張していてマクゴナガル先生も例外ではなくてネビルをこう怒鳴ってしまったんですよね。

「ロングボトムお願いですからダームストラングの生徒たちの前であなたが簡単な取り替え呪文さえ使えないなどと暴露しないように!」

フレッドとジョージが代表選手をどうやって選ぶのか?つまり選考方法を訊いたそうですがマクゴナガル先生は教えてくれなかったんだそうですね。ただ代表選手が課題をどう上手くこなすかどうかで審査員が点数をつける。

その事は教えてくれたのだそうです。それはきっとそもそもフレッドとジョージは2人とも16才で代表選手に名乗りを上げる事ができないのだからこのぐらいは教えても構わないだろうとマクゴナガル先生は思ったんでしょう。

マクゴナガル先生が代表選手の選考方法をフレッドとジョージに教えなかったのは1つにはそれは30日の夜にダンブルドア校長が発表するのだからという事で自分の口から言うべきではないと遠慮をした可能性が考えられます。

もう1つには代表選手を決めるのが人ではないという事で早く教えてしまうとフレッドとジョージなら立候補する方法を見つけてしまうのではとマクゴナガル先生はそれを恐れたのではないかと私はそう思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2744-b9f550de