FC2ブログ
心ならずもハリーは三大魔法学校対抗試合の代表選手になってしまいロンまでもがハリーの元から離れて行きました。課題当日ハリーを迎えに来てドラゴンの囲い地に連れて行ったのはマクゴナガル先生でしたが普段のマクゴナガル先生とは様子が違っていて・・・(全3項目)

3-1.第1の課題に際して
このようにしてハリーは心ならずも三大魔法学校対抗試合の代表選手になってしまい翌日からはホグワーツに入学して以来最低で最悪の日々が続く事となったというわけです。ロンまでもが離れて行ってしまったからでした。

これまでもハリーはほぼ全員の生徒から白眼視される事が何度かありました。しかしそんな時でもロンはハリーの味方でした。そんな2人の板挟みになってハーマイオニーは右往左往する事になってしまったというわけです。

ハリーが代表選手になってグリフィンドール生たちは大喜びでハリーを大喝采しました。でも誰もハリーの苦悩を理解しようとはしませんでした。生徒の中で唯一の理解者はハーマイオニーだけという有り様だったのでした。

そんなハリーに手を差し伸べてくれたのがハグリッドでした。ハグリッドはハリーがそう言うのなら「炎のゴブレット」に名前を入れていないと言うハリーの主張を信じるとそう言ってくれました。さらにだったんですよね。

「第1の課題」で代表選手が立ち向かうのがドラゴンだと教えてくれました。そんなハリーに課題をクリアするためのヒントをくれたのが今学年の「闇の魔術に対する防衛術」の教師のマット・アイ・ムーディだったのでした。

ハリーがもう1人のホグワーツの代表選手のセドリック・ディゴリーに「第1の課題」はドラゴンを出し抜かないといけないと告げた直後でした。ムーディは自分の部屋にハリーを招き入れると2つのヒントをくれたんですよね。

第1は自分の強みを生かす試合をしろ。ハリーは相当の飛び手だとそう聞いた。第2は効果的で簡単な呪文を使い自分に必要な物を手に入れる。ムーディにこの2つのヒントを結びつけろと言われハリーは閃いたというわけです。

自分が得意なのは箒で飛ぶ事だ。ドラゴンを空中で出し抜く必要がある。それにはファイアボルトが必要だ。そこでハリーはハーマイオニーに立ち会って貰って「呼び寄せ呪文」の猛練習を開始したというわけなんですよね。

そしてハリーは日付も変わった真夜中過ぎになってようやく「呼び寄せ呪文」を習得したというわけですよね。

3-2.マクゴナガル先生が
こうして課題前夜ハリーは「呼び寄せ呪文」を習得するのに全神経を集中していたので言い知れない恐怖感も少しは薄れていました。しかし翌朝にはそれがそっくり戻って来ました。その日の授業は半日で終わったのでした。

学校中の空気が緊張と興奮で張り詰めていました。そしてドラゴンなしの最後の時間は一体どこに行ったんだとハリーが思うほどに矢のように時間が過ぎて大広間にいるハリーの所へマクゴナガル先生がやって来たのでした。

「ポッター代表選手はすぐ競技場に行かなければなりません。第1の課題の準備をするのです」

大勢の生徒がハリーを見詰める中マクゴナガル先生は急いでやって来るとハリーにこう告げました。ハリーが「判りました」と言って立ち上がるとハリーのフォークが音を立てて皿に落ちてハーマイオニーがこう囁きました。

「頑張って!ハリー!きっと大丈夫!」

「うん」と応えるハリーの声は普段の声とはまるで違っていました。ハリーはマクゴナガル先生と一緒に大広間を出ました。マクゴナガル先生もまたいつものマクゴナガル先生とは全く違っていてらしくなかったんですよね。

事実ハーマイオニーと同じくらい心配そうな顔をしていました。石段を下りて11月の午後の寒さの中に出て来たその時マクゴナガル先生はハリーの肩に手を置いて「さあ落ち着いて」と言った後に続けてこう言ったのでした。

「冷静さを保ちなさい。手に負えなくなれば事態を収める魔法使いたちが待機しています。大切なのはベストを尽くす事です。そうすれば誰もあなたの事を悪く思ったりはしません。大丈夫ですか?」

マクゴナガル先生に最後に「大丈夫ですか?」と訊かれハリーは「はい。はい大丈夫です」と自分が答えるのを聞きました。マクゴナガル先生は「禁じられた森」の縁を回ってハリーをドラゴンの囲い地に連れて行きました。

囲い地の手前の小立に近づき囲い地がはっきり見える所まで来た時ハリーはそこにテントが張られている事に気づきました。テントの入口がこちら側を向いていてドラゴンはテントで隠されていました。そしてだったのです。

「ここに入って他の代表選手たちと一緒にいなさい。そしてポッターあなたの番を待つのです。バグマン氏が中にいます。バグマン氏が説明します。手続きを。頑張りなさい」

マクゴナガル先生がこう言いハリーはどこか遠くで声がするような抑揚のない言い方で「ありがとうございます」と言いました。マクゴナガル先生はハリーをテントの入口に残して去りました。ハリーは中に入ったのでした。

3-3.最高級の褒め言葉
抽選の結果ハリーは最後の4番目になり立ち向かうドラゴンは最悪中の最悪のハンガリー・ホーンテールになりました。観衆は大騒ぎでしたがそれが友好的かどうかなどハリーは知りもしなければ気にもなりはしませんでした。

今こそやるべき事をやるのだ。気持ちを集中させろ。全神経を完全にたった1つの望みの綱に。ハリーは杖を上げ「アクシオ!ファイアボルト!」と叫びました。ハリーは待ちました。そしてファイアボルトは飛んで来ました。

ハリーが金の卵を取って課題をクリアするとまるで誰かがボリュームを元に戻したかのようにハリーの耳が観衆の騒音を捕えました。観客は声を限りに叫んで拍手喝采していました。実況のバグマン氏もこう叫んでいました。

「やった!やりました!最年少の代表選手が最短時間で卵を取りました。これでポッター君の優勝の確立が高くなるでしょう!」

ドラゴン使いがハンガリー・ホーンテールを鎮めるのに急いで駆け寄るのが見えました。そして囲い地の入口には急ぎ足でハリーを迎えに来るマクゴナガル先生にムーディにハグリッドの姿が見えたというわけなんですよね。

一同はハリーに向かってこっちへ来いと手招きをしていました。遠くからでもはっきりとみんなの笑顔が見えました。鼓膜が痛いほどの大歓声の中ハリーはスタンドへと飛び戻り鮮やかに着地しました。するとだったのです。

「素晴らしかったです。ポッター!」

ファイアボルトを降りたハリーにマクゴナガル先生がこう叫びました。マクゴナガル先生としては最高級の褒め言葉でした。自分の肩を指差したマクゴナガル先生の手が震えているのにハリーは気がついたというわけですね。

「審査員が点数を発表する前にマダム・ポンフリーに見て貰う必要があります。さああちらへ。もうディゴリーも手当てを受けています」

ハグリッドもムーディもうれしそうでした。ただハグリッドが「チャーリーが言ったろうが。あいつが一番ひどい」と言って事前にドラゴンを見せたとうっかりバラしそうになったのでハリーはこう声を張り上げたのでした。

「ありがとう。ハグリッド」

ハリーはマクゴナガル先生に「よろしい。それではポッター救急テントに早く」と言われ囲い地から出てマダム・ポンフリーの治療を受けました。そこにやって来たのはハーマイオニーにロンだったというわけなんですよね。

こうしてロンもハリーの元に戻って来たというわけですよね。

今日の最後に
課題当日大広間で昼食を取っていたハリーを迎えに来たのはマクゴナガル先生でした。マクゴナガル先生もいつもとは様子が全く違っていてハーマイオニーと同じくらい心配そうでした。そしてハリーにこう言ったのでした。

「冷静さを保ちなさい。手に負えなくなれば事態を収める魔法使いたちが待機しています。大切なのはベストを尽くす事です。そうすれば誰もあなたの事を悪く思ったりはしません」

厳格で杓子定規で融通の利かないマクゴナガル先生の事ですから実は代表選手は4人とも事前に「第1の課題」で立ち向かう相手はドラゴンだという事を知っているとは絶対に何人も言う事ができないというわけなんですよね。

ハリーが金の卵を取って課題をクリアするとマクゴナガル先生は「素晴らしかったです。ポッター!」と叫んでハリーを大絶賛しました。ハリーは自分の肩を指差すマクゴナガル先生の指が震えているのに気づいたのでした。

マクゴナガル先生にしてみれば課題直前に金の卵を取るというクリア条件を告げられ立ち向かう相手がドラゴンと知った。にも関わらずハリーは見事に金の卵を獲得し「第1の課題」をクリアしたとそう思っているんですよね。

だから素晴らしかったと叫んで大絶賛した。著しい勘違いの結果というわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2746-da19227a