FC2ブログ
ヴォルデモートがついに復活を遂げました。ハリーも三校対抗試合の「第3の課題」に臨んで行く先々に何も障害物がない事に不安な気持ちを抱いていましたが残念ながらそれは杞憂には終わりませんでした。そして命からがらホグワーツに帰って来て事の真相の全てを知ったのでした。(全3項目)

3-1.ヴォルデモートの復活
ヴォルデモートがついに復活を遂げました。三校対抗試合の最終課題の「第3の課題」に突入して行ったハリーでしたがハリーもまた何かしら不穏な雰囲気を感じていたのでした。ハリーの行く先々に何の障害物もないのです。

何も障害がない事が何故かむしろハリーを不安な気持ちにさせました。これまでに絶対何かに出会っているはずではないのか?迷路がまやかしの安心感でハリーを誘い込もうとしているかのようでした。そしてだったのです。

事は迷路の中心のゴール地点の優勝杯がある所で起きました。散々譲り合った末にハリーとセドリックが一緒に握った優勝杯が「移動キー」になっていました。行った先でハリーはヴォルデモート復活の目撃者になりました。

セドリックは殺害されました。そして死喰い人たちが馳せ参じて来ました。その死喰い人たちが見守る中でハリーはヴォルデモートに戦いを挑まれる事となりました。味方もおらず助けも来ない。ハリーは死を覚悟しました。

ところが思ってもみない事が起こりました。ヴォルデモートとハリーの杖が金色の糸で結ばれその糸が裂けて2人は光の籠にすっぽりと覆われたのです。さらに摩訶不思議な現象がヴォルデモートの杖に起きたというわけです。

ヴォルデモートの杖先からその杖に殺害された人々が次々と出て来ました。セドリックにハリーが夏休みに夢で見た見知らぬ老人にバーサ・ジョーキンズに母親のリリーとそして最後に出て来たのは父親のジェームズでした。

ジェームズはハリーに「移動キー」の所まで行きなさいとホグワーツに帰る方法を教えてくれました。そしてほんの少ししか留まっていられないがそれでもハリーのため時間を稼いであげようとそう言ってくれたんですよね。

こうしてハリーはセドリックの亡骸と共に命からがらホグワーツに帰って来たというわけなんですよね。

3-2.マッド・アイ・ムーディの豹変
そんなハリーをクィディッチ競技場から連れ去って城に戻って来たのはマッド・アイ・ムーディでした。するとムーディは矢継ぎ早に次々とハリーに質問をぶつけて来ました。そして死喰い人は戻って来たのかと訊きました。

その時ハリーは思い出しました。ホグワーツに死喰い人がいる。ここに死喰い人がいる。そいつが「炎のゴブレット」に自分の名前を入れて最後までやり遂げさせたんだ。するとムーディが落ち着いてこう言ったんですよね。

「誰が死喰い人かわしは知っている」

ハリーが自分の名前を「炎のゴブレット」に入れたのはカルカロフかと尋ねるとムーディは「違う。あいつではない。わしがやったのだ」と答えました。ハリーはその言葉を呑み込む事ができず強く否定したというわけです。

それからムーディが発した言葉はどれもハリーには信じ難い内容でした。自分が空に「闇の印」を打ち上げたとか自分が何より憎むのは自由の身になり一番必要とされていた時にご主人様に背を向けた奴らだとも言いました。

別の学校の名前を使い「炎のゴブレット」にハリーの名前を入れたのは自分だともムーディは言いました。傷つけたり試合でハリーが優勝するのを邪魔する恐れがあればそいつらを全員脅しつけたのは自分だとも言いました。

怪しまれずにハリーが課題を成し遂げるよう誘導するのは簡単ではなかったんだそうです。確かにハリーが三校対抗試合の課題をクリアするのに当たってはムーディが関わっていました。最初の課題の時には露骨でしたよね。

ムーディはハリーを自分の部屋に招き入れて「第1の課題」をクリアするヒントをくれました。さらに「第2の課題」ではムーディとマクゴナガル先生が話しているのを聞いてドビーが鰓昆布をハリーの所へと持って来ました。

今夜の「第3の課題」の迷路もハリーはもちろんもっと苦労するはずだったのだそうです。楽だったのはムーディが巡回して「魔法の目」で生垣の中を見透かしハリーの行く手の障害物を呪文で取り除いていたからだそうです。

ムーディはしゃべり続けました。前に立ちハリーを毒々しい目つきで見下ろしているムーディは全く正気を失っているように見えました。2人とも共通点が多い。例えば父親に失望していた。全く幻滅していたとも言いました。

そんなムーディを見てハリーは「狂ってる!お前は狂っている!」と叫ばずにはいられませんでした。そんなハリーにムーディは今に判る。どっちが狂っているのか判るようになるなどと言って杖を上げたというわけですね。

「ステューピファイ!麻痺せよ!」

目も眩むような赤い閃光が飛び轟音を上げてムーディの部屋の扉が吹き飛びました。ムーディは吹き飛ばされ床に投げ出されました。今しがたまでムーディの顔があった所をハリーが見ると「敵鏡」には3人の姿がありました。

ダンブルドア校長にスネイプとマクゴナガル先生でした。

3-3.事の真相
部屋に入って来るとダンブルドアは意識を失ったムーディの体の下に足を入れて蹴り上げ顔がよく見えるようにしました。その後からスネイプが入って来て自分の顔がまだ映っている「敵鏡」を覗き込んだというわけですね。

マクゴナガル先生はまっすぐハリーの所にやって来て唇を今にも泣き出しそうに震わせながら「さあいらっしゃいポッター。さあ行きましょう。医務室へ」と言いましたがダンブルドアが鋭く「待て」とそう言ったのでした。

「ダンブルドアこの子は行かなければ-ご覧なさい-今夜一晩でもうどんな目に遭ったか」

こう言うマクゴナガル先生にダンブルドアはハリーはここに留まるのだ。ハリーに納得させる必要があるときっぱり言いました。それは納得してこそ初めて受け入れられる。受け入れてこそ初めて回復があるからだそうです。

ここで事の真相の全てが判明しました。マッド・アイ・ムーディは実はポリジュース薬で成り済ましていたバーティ・クラウチ・ジュニアでした。本物のムーディは自身のトランクに閉じ込められていたというわけですよね。

クラウチ・ジュニアはダンブルドアがスネイプに持って来させた真実薬で全てを話しました。余命幾ばくもない事を知っていた母親が自分を助けてくれた。その際にも使われていたのがポリジュース薬だったというわけです。

ポリジュース薬で母親と息子の姿を入れ替えてクラウチ・ジュニアはアズカバンから逃れて来ました。それから書類にサインをして貰うために自宅を訪れた際にバーサ・ジョーキンズはクラウチ・ジュニアの事を知りました。

クィディッチ・ワールドカップの決勝戦の時にウィンキーに席を取らせておきながらクラウチ氏が来なかったのはそこに「透明マント」で隠れたクラウチ・ジュニアが座っていたからでした。そして試合が終わった後でした。

自由の身でありながらヴォルデモートを探そうともせずにマグルの一家を宙吊りにしていた死喰い人たちに怒ってクラウチ・ジュニアは空に「闇の印」を打ち上げました。そんな息子の所にヴォルデモートがやって来ました。

ヴォルデモートはアルバニアの森でバーサ・ジョーキンズと会いました。ヴォルデモートはクラウチ氏がかけた「忘却術」を打ち破りバーサ・ジョーキンズは色々と話しました。それを元に計画は立てられたというわけです。

このようにしてハリーは三大魔法学校対抗試合の4人目の代表選手になりヴォルデモートの計画通りに事は進んでヴォルデモートは体を再生させて復活したというわけなんですよね、

今日の最後に
ハリーが三大魔法学校対抗試合の4人目の代表選手になったのは世間ではアズカバンで死んだと思われていたバーティ・クラウチ・ジュニアが実は生きていて裏で画策していたんだという事がこうして判明したというわけです。

ハリーはセドリックと共に「移動キー」になっていた優勝杯を握り2人は知らなかったのですがリトル・ハングルトンの教会墓地に連れて来られました。セドリックは殺害されハリーはヴォルデモートが復活するのを見ました。

そしてハリーはセドリックの亡骸と一緒に命からがらホグワーツに帰って来ました。セドリックを目の前で殺害されヴォルデモート復活の目撃者になったハリーを見てマクゴナガル先生は激しく動揺したというわけですよね。

ムーディの部屋に入って来るとハリーの所にまっすぐ来て唇を泣き出しそうに震わせながら医務室に行きましょうと言ったというわけです。そんなマクゴナガル先生にダンブルドアは鋭くも「待て」と言ったというわけです。

ハリーに納得させる必要がある。納得してこそ初めて受け入れられ回復があるからだそうです。そしてハリーは自分がこういう目に遭った事の真相の全てを知ったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2750-c0950c6a