FC2ブログ
ヴォルデモートの魔の手を逃れて命からがらホグワーツに帰って来たハリーは事の真相の全てを知りました。そしてマクゴナガル先生はバーティ・クラウチ・ジュニアの見張りをダンブルドアに頼まれ快諾しました。それからハリーはシリウスの待つ校長室に向かい・・・(全3項目)

3-1.見張りを頼まれて
ダンブルドアが立上がりました。嫌悪の色を顔に浮かべ暫くバーティ・クラウチ・ジュニアを見詰めていましたが杖をもう一度上げると杖先から縄が飛び出し独りでにクラウチ・ジュニアに巻きつきしっかり縛り上げました。

「ミネルバ。ハリーを上に連れて行く間ここで見張りを頼んでもよいかの?」

ダンブルドアはマクゴナガル先生のほうを見るとこう言いました。マクゴナガル先生は「もちろんですわ」と答えました。マクゴナガル先生もクラウチ・ジュニアに嫌悪感を抱いたようでそんな顔をしていたというわけです。

しかし杖を取り出してクラウチ・ジュニアに向けた時その手はしっかりしていました。ダンブルドアは今度はスネイプのほうを向いてマダム・ポンフリーにここに降りて来るように頼んではくれまいかとそう言ったのでした。

マッド・アイことアラスター・ムーディを医務室に運ばなくてはならないからだそうです。その後で校庭に行き魔法大臣コーネリウス・ファッジを探してこの部屋に連れて来てくれとダンブルドアは頼んだというわけですね。

ファッジは間違いなく自分でクラウチ・ジュニアを尋問したい事だろうとダンブルドアは言いました。さらにダンブルドアは自分に用があれば半時間もしたら自分は医務室に行っているとファッジに伝えてくれと言いました。

スネイプは頷き無言で素早く部屋を出て行きました。それからダンブルドアは「ハリー?」と優しく言いハリーは立ち上がりましたがまたぐらりとしました。クラウチ・ジュニアの話を聞いている間は気がつきませんでした。

今その痛みが完全に戻って来ました。その上に体が震えているのに気づきました。ダンブルドアはハリーの腕を掴んで介助しながら廊下に出ました。それからダンブルドアは廊下を歩きながらハリーに静かにこう言いました。

「ハリーまずわしの部屋に来て欲しい。シリウスがそこで待っておる」

3-2.校長室にて
校長室に到着するとダンブルドアの事前の予告通りシリウスが待っていました。ダンブルドアとハリーが入って来るや否やシリウスは一気に部屋を横切ってやって来ました。そしてハリーに向かってこう訊いて来たのでした。

「ハリー大丈夫か?私の思った通りだ-こんな事になるのではないかと思っていた-一体何があった?」

ハリーを介助して机の前の椅子へと座らせながらシリウスの手は震えていました。シリウスが一層急き込んで「一体何があったのだ?」と尋ねてダンブルドアがクラウチ・ジュニアの話を一部始終シリウスに語り始めました。

ダンブルドアは語り終えると机の向こう側にハリーと向き合って座りました。ダンブルドアはハリーを見詰めました。ハリーはその目を避けました。ダンブルドアは自分に今夜起こった事の全てを思い出させようとしている。

「ハリー迷路の移動キーに触れてから何が起こったのかわしは知る必要があるのじゃ」

ダンブルドアはこう言いシリウスは厳しい声でダンブルドアに「明日の朝まで待てませんか?眠らせてやりましょう。休ませてやりましょう」と言いました。ハリーはシリウスへの感謝の気持ちが溢れるのを感じたのでした。

しかしダンブルドアは言うのです。ハリーを魔法の眠りにつかせて今夜の出来事を考えるのを先延ばしにする事で救えるのならばそうする。しかしそうではない。一時的に痛みを麻痺させれば後で感じる痛みはもっとひどい。

ハリーはダンブルドアの期待を遥かに超える勇気を示したんだそうです。今もう一度その勇気を示して欲しい。何が起きたのかを聞かせて欲しいとそうダンブルドアに言われてハリーは今夜の出来事を話し始めたんですよね。

ワームテールが短剣でハリーの腕を突き刺しハリーの血を取った話になるとダンブルドアがあまりに素早く立ち上がったのでハリーは驚きました。ダンブルドアは机をわざわざ回り込んでハリーの所へとやって来たのでした。

そしてハリーに腕を出して見せるようにと言いました。自分の血が他の誰の血よりも強くするとヴォルデモート自身が言っていました。自分を護っている自分の母が残してくれたものがヴォルデモートにも入ると言っていた。

その通りでした。ヴォルデモートは自分に触っても傷つかなかった。自分の顔を触ったんです。ハリーがこう言うとハリーはほんの一瞬ダンブルドアの目に勝ち誇った光を見たような気がしました。ところが次の瞬間でした。

ハリーはそれを勘違いだと思ったのです。

3-3.医務室へ
そしてここではさらにはハリーとヴォルデモートの杖が金の糸で繋がりヴォルデモートの杖先から殺害された人々が出て来たその理由も明らかになりました。それは「直前呪文」で「呪文逆戻し効果」との事なんだそうです。

ハリーの杖とヴォルデモートの杖には同じ不死鳥の尾羽根の共通の芯が使ってあるのだそうです。何とそれはダンブルドアが飼っているフォークスの尾羽根なんだそうです。つまり2人の杖は兄弟杖というわけなんですよね。

ハリー今夜君は自分の期待を遥かに超える勇気を示した。ダンブルドアは「もう一度言う」と前置きしてこう同じ言葉を繰り返しました。君はヴォルデモートが最も強かった時代に戦って死んだ者たちに劣らぬ勇気を示した。

一人前の魔法使いに匹敵する重荷を背負い大人に勝るとも劣らぬ君自身を見出した。さらに君は今我々が知るべき事を全て話してくれた。ダンブルドアはハリーにこう言うと自分と一緒に医務室に行こうぞと言ったのでした。

今夜は寮に戻らないほうがいい。魔法睡眠薬に安静だそうです。ダンブルドアに「ハリーと一緒にいてくれるかの?」と言われてシリウスは頷きました。そして黒い犬に変身しダンブルドアとハリーと共に校長室を出ました。

ダンブルドアが医務室の扉を開けるとそこではウィーズリーおばさんとビルにロンとハーマイオニーがマダム・ポンフリーを取り囲んでいました。ハリーにダンブルドアと黒い犬が入って行くと一同は一斉に振り返りました。

おばさんは「ハリー!ああハリー!」と言ってハリーに駆け寄ろうとしましたがダンブルドアはおばさんとハリーの間に立ち塞がり「今ハリーに必要なのは安らかに静かに眠る事じゃ」などとそう言い諭したというわけです。

こうしてハリーはようやく医務室に来て小瓶に入った紫色の夢を見ずに眠る事ができる魔法睡眠薬を飲んだというわけなんですよね。

今日の最後に
バーティ・クラウチ・ジュニアの尋問を終えたダンブルドアはその顔に嫌悪の色を浮かべていましたがマクゴナガル先生もまたダンブルドアと同じ気持ちでクラウチ・ジュニアに対しては嫌悪感を抱いていたみたいですよね。

ハリーたち3人は一度だけ食料を渡すためにシリウスの隠れ家に行ってそこでシリウスからクラウチ氏がかつては魔法法執行部の部長でヴォルデモートに闇の陣営とは激しく争った事のある人物だとそう聞かされたんですよね。

魔法法執行部の部長だった時クラウチ氏は闇祓いに「許されざる呪文」つまり「服従の呪文」に「磔の呪文」そして「死の呪文」を使う事を許可したんだそうです。つまり死喰い人たちを殺害してもいいと言ったんですよね。

そんなヴォルデモートに従う者に極めて厳しい措置を取った人の息子つまりはバーティ・クラウチ・ジュニアが何故死喰い人になってしまったのか?これでは父親と息子の考え方が全くの正反対になってしまっていますよね。

これはどうやら魔法界にはよくある事みたいですよね。マルフォイ家に仕えていた屋敷しもべ妖精のドビーもそうでした。そしてシリウスの両親もやはり狂信的な純血主義者で親子が全くの正反対の考え方だったんですよね。

親子で考え方が全くの正反対。屋敷しもべ妖精がご主人様一家と考え方が逆。私にとっては摩訶不思議な現象ですが魔法界ではよくある事みたいですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2751-5d170216