FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ついにその時がやって来ました。ヴォルデモートとワームテールがバーテミウス・クラウチ・ジュニアの所にやって来たのです。クラウチ氏はヴォルデモートに「服従の呪文」をかけられ今度は父親が管理される事となり父親と息子の立場は逆転して・・・(全3項目)

3-1.ヴォルデモートがやって来て
クラウチ氏がウィンキーを解雇したのはウィンキーはクラウチ氏の期待に添えなかった。クラウチ・ジュニアに杖を持たせたしもう少しで逃がす所だったからとそう解釈したようです。そしてついに来てしまったんですよね。

家にはもうバーテミウス・クラウチ父子の2人だけになりました。そしてその時にヴォルデモートがクラウチ・ジュニアを探してクラウチの家へとやって来たのでした。ヴォルデモートが到着したのはある夜の遅い時間でした。

ヴォルデモートは下僕のワームテールの腕に抱かれてやって来ました。クラウチ・ジュニアがまだ生きている事が判ったのです。ヴォルデモートはアルバニアでバーサ・ジョーキンズを捕えると拷問しました。そしてでした。

バーサ・ジョーキンズは色々とヴォルデモートに話しました。三大魔法学校対抗試合が行われる事や「闇祓い」のマッド・アイ・ムーディがホグワーツで教える事も話しました。そしてクラウチ・ジュニアの事も話しました。

ヴォルデモートはクラウチ氏がかけた「忘却呪文」さえ破るほどにバーサ・ジョーキンズを拷問しました。そしてクラウチ氏が息子を幽閉して自分つまりヴォルデモートを探し求めないようにしていると話したんだそうです。

そこでヴォルデモートはクラウチ・ジュニアはまだ忠実な従者である。さらには多分最も忠実な従者だと判ったのだそうです。ヴォルデモートはバーサ・ジョーキンズの情報に基づいてある計画を練りました。そしてでした。

ヴォルデモートは真夜中近くにやって来てクラウチ氏が玄関に出ました。あっという間でした。クラウチ氏はヴォルデモートの「服従の呪文」にかかりました。今度は息子ではなくて父親が幽閉されて管理される立場でした。

ヴォルデモートはクラウチ氏がいつものように仕事を続け何事もなかったかのように振る舞うように服従させました。そして息子は解放されて目覚めました。クラウチ・ジュニアは再び自分を取り戻したというわけですよね。

ここ何年もなかったほどにクラウチ・ジュニアは生き生きしたというわけなんですよね。

3-2.ホグワーツへ
それからヴォルデモートは自分のためにあらゆる危険を冒す覚悟があるかとクラウチ・ジュニアに訊きました。クラウチ・ジュニアはもちろんだと答えました。闇の帝王に仕えて自分の力を認めて貰うのが最大の夢で望みだ。

ヴォルデモートはホグワーツに忠実な召し使いを送り込む必要があるとクラウチ・ジュニアに言いました。三校対抗試合の間それとは気取られずにハリー・ポッターを誘導する召し使いが必要だったというわけなんですよね。

ハリー・ポッターを監視する召し使い。ハリー・ポッターが確実に優勝杯に辿り着くようにする召し使い。優勝杯を移動キーにして最初にそれに触れた者をヴォルデモートの下に連れて行くようにする召し使いが必要だった。

それにはアラスターことマッド・アイ・ムーディが必要でした。それはワームテールとクラウチ・ジュニアがやりました。事前にポリジュース薬を用意しておいてムーディの家に出かけてムーディは抵抗したというわけです。

騒ぎが起こったものの何とか間に合ってムーディをおとなしくさせました。ムーディを自身の魔法のトランクの一室に押し込みました。ムーディの髪の毛を取ってポリジュース薬に入れクラウチ・ジュニアが飲んだのでした。

こうしてクラウチ・ジュニアはムーディに成り済ましました。クラウチ・ジュニアはムーディの義足と「魔法の目」をつけて準備を整えると騒ぎを聞きつけマグルの処理に駆けつけたアーサー・ウィーズリー氏に会いました。

クラウチ・ジュニアはゴミバケツを庭で暴れさせアーサー・ウィーズリー氏に何者かが庭に忍び込んだのでゴミバケツが警報を発したと言いそれからクラウチ・ジュニアはムーディの服や闇の検知器をトランクに詰めました。

そしてクラウチ・ジュニアはホグワーツに向けて出発しました。ムーディは「服従の呪文」をかけて生かしておきました。ムーディに質問したい事があったからでした。ムーディの過去も癖も学ばなくてはなりませんでした。

ダンブルドアでさえ騙す事ができるようにです。ポリジュース薬を作るのにムーディの髪の毛が必要でした。毒ツルヘビの皮は地下牢から盗みました。魔法薬の先生に見つかった時には捜索命令を執行していると言いました。

3-3.ハリーを代表選手にそして
そしてクラウチ・ジュニアはご主人様のヴォルデモートの望みを叶えるためにあらゆる事を始めたというわけです。ハリーを傷つけそうなのでドラコ・マルフォイは白ケナガイタチに変身させて痛みつけ脅しつけたのでした。

10月30日にボーバトンとダームストラングの両校の代表団がホグワーツ入りして三大魔法学校対抗試合が始まるとクラウチ・ジュニアはハリー・ポッターを代表選手にするためにいよいよついに本格的に動き始めたのでした。

玄関ホールに置かれた公正なる選者「炎のゴブレット」に極めて強力な「錯乱の呪文」をかけ代表選手が3人だという事を忘れさせハリーを四校目の代表選手の候補者として入れハリーを4人目の代表選手にしたというわけです。

「第1の課題」は簡単でした。まずハグリッドをそそのかしてハリーにドラゴンを見せるように仕向けました。もう1人の正式なホグワーツの代表選手のセドリック・ディゴリーにハリーが課題の内容を教えた所でも動きました。

ハリーを自分の部屋に呼びつけヒントを与えました。第1に自分の強みを生かす試合をしろ。第2に効果的で簡単な呪文を使い自分に必要な物を手に入れる。ハリーは「呼び寄せ呪文」でファイアボルトを手に入れたのでした。

そして「第1の課題」をクリアしました。一番大変だったのは「第2の課題」でした。ハリーに「鰓昆布」の事を気づかせるためクラウチ・ジュニアは「薬草学」が得意なネビルにあらかじめ本を渡しておいたというわけです。

「地中海の水生魔法植物とその特性」という本です。クラウチ・ジュニアはハリーなら誰にでも訊くだろう。助けを求めるだろうと期待していました。しかしハリーは課題をクリアする方法をネビルに訊きはしませんでした。

そこでクラウチ・ジュニアはクリスマス・ダンスパーティで手に入れた情報を元に動きました。屋敷しもべ妖精のドビーから左右不揃いの靴下を贈られた事を利用したのりです。そして職員室で一芝居打ったというわけです。

ドビーに洗濯物のローブを取りに来るよう呼んでドビーの前でマクゴナガル先生と大声で誰が人質になったとかハリーは「鰓昆布」を使う事を思いつくだろうかと話し聞いたドビーは「鰓昆布」をハリーに渡したんですよね。

最後の「第3の課題」も簡単でした。クラウチ・ジュニアは夕食前に優勝杯を迷路に運び込む仕事を買って出ました。クラウチ・ジュニアは優勝杯を「移動キー」に変えハリーが向かう先の障害を取り除きハリーを助けました。

ハリーはセドリックと一緒に優勝杯を握りヴォルデモートとワームテールが待つリドル・ハングルトンの教会墓地へと運ばれて行きました。そしてハリーの血を含めた3つの材料を使ってヴォルデモートは復活したのでした。

ヴォルデモートの計画は上手く行ったのです。

今日の最後に
クラウチ氏はウィンキーを解雇しました。先回の記事で言ったようにその本当の理由は息子が死喰い人と判った以上ウィンキーを自分たちに仕えさせておいたらいずれは息子の悪事の手伝いをさせられるからという事でした。

だからウィンキーは解雇されて良かったのです。もし解雇されていなかったらウィンキーはワームテールとヴォルデモートの面倒を見るという事になっていたでしょうね。最悪の場合は殺害されるという事になったでしょう。

クラウチ・ジュニアは父親が自分を家に閉じ込めているのはご主人様のヴォルデモートを探し求めないようにしているのだと考えていました。しかしそれはクラウチ・ジュニアの解釈で勘違いもはなはだしいと私は思います。

表向きそして世間ではクラウチ・ジュニアはアズカバンで死んだと思われているのですから勝手に外をうろうろされては困りますよね。もし見つかったりでもしたら当然父親のクラウチ氏は魔法省を首になるというわけです。

そして今度は親子で残りの人生をアズカバンで過ごすという事になるでしょうね。だからクラウチ氏は息子を自宅に閉じ込めていたというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.