FC2ブログ
実は名場面集でやってはいたものの正式に取り上げた事がない事が判明したので今日から3週間に渡ってやる事にしました。ハリーがこの術を知ったのは2年生で当時の「闇の魔術に対する防衛術」の教師のギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」の時でした。(全3項目)

3-1.決闘クラブで
この「武装解除の術」が初登場したのは第2巻「秘密の部屋」つまりハリーが2年生の時でその年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師だったギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」でスネイプが使用しました。

ロックハートはきらびやかな深紫のローブ姿で後ろにいつもの黒装束のスネイプを従えて決闘クラブのために大広間に出現した金色の舞台に立つと観衆に手を振り「静粛に」と呼びかけた後こう挨拶したというわけですよね。

「皆さん集まって。さあ集まって。皆さん私がよく見えますか?私の声が聞こえますか?結構結構!」

それからロックハートはダンブルドア校長先生から自分がこの小さな「決闘クラブ」を始めるお許しをいただいたと一体全体何のためにこのクラブを始めたのかの趣旨説明をしたというわけです。こういう事なんだそうです。

「私自身が数え切れないほど経験して来たように自らを護る必要が生じた万一の場合に備えて皆さんをしっかり鍛え上げるためにです」

それからロックハートは助手のスネイプを紹介しました。ロックハートは自分と手合せをした後も皆さんの魔法薬の先生はちゃんと存在するので心配せぬようにと言いましたがこの後に惨憺たる結果が待ち受けているのです。

模範演技を見せるためロックハートとスネイプは向き合って一礼しました。ロックハートが決闘の作法を説明しながら模範演技は続き3つ数えて2人とも杖を肩より高く振り上げました。そしてスネイプがこう叫んだのでした。

「エクスペリアームス!武器よ去れ!」

目も眩むような紅の閃光が走ったかと思うとロックハートは舞台から吹き飛び後ろ向きに宙を飛んで壁に激突すると壁伝いにズルズルと滑り落ち床に無様に大の字になりました。ロックハートはふらふらと立ち上がりました。

帽子は吹き飛びカールした髪は逆立っていました。

3-2.蛇に向かって
よろめきながら舞台に戻ったロックハートは「さあみんな判ったでしょうね!あれが武装解除の術です」と言うと自分はご覧の通り杖を失ったわけだと言いました。ラベンダー・ブラウンが杖を持って来てくれて渡しました。

しかしロックハートは遠慮なく一言申し上げればスネイプが何をしようとしていたのかあまりにも見え透いていたとそう強がって見せました。止めようと思えばいとも簡単だったが生徒に見せたほうが教育的にいいと思った。

だから止めなかったんだそうです。スネイプは殺気立っていました。ロックハートも気づいたらしく模範演技はこれで十分でこれから皆さんの所へ下りて行って2人ずつ組にするとそう言ったというわけです。ところがでした。

ロックハートが自分が3つ数えたら相手の武器を取り上げる術つまりは「武装解除の術」を使いなさいと言ったのにも関わらず生徒たちは相手に勝手に違う魔法をかけ始めて大広間は無政府状態の修羅場と化してしまいました。

ミリセント・ブルストロードはハーマイオニーにヘッドロックをかけ2人の杖は床に打ち捨てられたままでした。鼻血を出している生徒もいました。結局生徒の中から2人を選んで決闘させる事になったというわけなんですよね。

スネイプがハリーとドラコ・マルフォイはどうかと提案しロックハートが「それは名案!」と言い快諾しました。ロックハートはハリーとマルフォイに大広間の真ん中に来るように手招きして2人のために空間が空けられました。

ハリーにはロックハートがつきマルフォイにはスネイプがつきました。スネイプはマルフォイに近づくと屈み込んでマルフォイの耳に何事かを囁きました。スネイプに囁かれたマルフォイは嘲るようにしてニヤリとしました。

3つ数えて「それ!」と号令がかかるとマルフォイは素早く杖を振り上げ「サーペンソーティア!蛇出よ!」と大声で怒鳴りました。マルフォイの杖先が炸裂して長い黒蛇が出て来ると蛇は2人の間の床に音を立てて落ちました。

スネイプはハリーに悠々と動くなと言いハリーが身動きもできず怒った蛇と目を見合せて立ちすくんでいる光景を見て楽しんでいました。するとロックハートが「我輩が追い払ってやろう。私にお任せあれ!」と叫びました。

ロックハートは蛇に向かって杖を振り回しました。しかし蛇は消え去る所か2~3メートル宙を飛んで再び大きな音を立てて床に落ちて蛇は挑発されて怒り狂いジャスティン・フィンチ・フレッチリーを攻撃しようとしました。

ハリーは何が自分を駆り立てたのか分りませんでしたし何かを決心したのかどうかさえの意識もありませんでした。ただまるで自分の足にキャスターがついたように体が前に進み蛇に向かって叫んだ事だけは判っていました。

「手を出すな。去れ!」

すると説明のしようがない不思議な事に蛇はまるで庭の水撒き用の太いホースのように床に平たく丸まっておとなしくなり従順にハリーを見上げました。ハリーは恐怖が体から抜け落ちるのを感じ蛇は襲わないと判りました。

3-3.それからというもの
ハリーはジャスティン・フィンチ・フレッチリーはほっとした顔か不思議そうな顔かあるいは感謝の表情を見せるだろうと思っていました。しかしジャスティン・フィンチ・フレッチリーは怒って恐怖の表情をしていました。

そして「一体何を悪ふざけしてるんだ?」と叫ぶとハリーが何かを言う前にハリーに背を向けて大広間を出て行ってしまいました。スネイプが進み出て杖を振り蛇が黒い煙を上げて消え去った後スネイプはハリーを見ました。

スネイプもハリーが思ってもみなかったような鋭く探るような目つきで見ています。周囲にいる生徒たちが何やら不吉な話を囁いているのにもハリーはぼんやり気づきました。その時誰かが後ろからハリーの袖を引きました。

ロンが「さあ来て。行こう-さあ来て」とハリーの耳に囁くとハリーを大広間から連れ出しました。ハーマイオニーも急いで従いて来ました。ハリーたちが扉を通り抜ける時には人垣が割れて両側へと素早く引いて行きました。

まるで病気でも移されるのが怖いと言いたげでした。ハリーには何が何だかさっぱり分りません。誰もいないグリフィンドールの談話室に到着するとロンはようやく口を開きました。そしてハリーに向かってこう言いました。

「君はパーセルマウスなんだ。どうして僕たちに話してくれなかったの?」

ハリーはパーセルマウスそれはつまりハリーは蛇と話ができるのだそうです。ハリーが「それがどうかしたの?ここにはそんな事できる人掃いて捨てるほどいるだろうに」と言うとロンはこう答えたというわけなんですよね。

「それがいないんだ。そんな能力はざらには持っていない」

ロンが言うにはハリーが蛇に向かって言ったのは蛇語で他の生徒たちはハリーが何を言ったのか分からないんだそうです。ハーマイオニーによればサラザール・スリザリンは蛇と話ができる事で有名だったとの事だそうです。

そのために今度は学校中がハリーの事をスリザリンの子孫だと言い出すだろうとロンは言うのです。それからというものハリーは今学期ホグワーツで起きている襲撃事件の犯人だと疑われるようになってしまったんですよね。

今日の最後に
ハリーポッター・シリーズでは前の巻で登場したエピソードが重要な意味を持って来る。つまり伏線になっているというのが読み返す醍醐味になっていますがハリーが自分が蛇語使いと知ったのはホグワーツ入学直前でした。

生まれて初めて行った動物園でハリーはダーズリー一家一行が蛇のいる所に行きハリーはそこで大ニシキヘビと話をしてさらに魔法でガラスを消して結果的にその大ニシキヘビを逃がすという事になったというわけですよね。

ハリーたちはジャスティン・フィンチ・フレッチリーとは今学期最初の「薬草学」の授業でマンドレイクの植え替えを一緒にやったので顔見知りでした。その際ジャスティン・フィンチ・フレッチリーは話してしまいました。

自分はイートン校に行く事が決まっていたんだけどホグワーツに来れて本当にうれしい。母親はもちろん少しがっかりしていたがロックハートの本を読ませたら家族の中にちゃんと訓練を受けた魔法使いがいると便利なんだ。

ジャスティン・フィンチ・フレッチリーはこう話し自分がマグル生まれだとハリーに話してしまった。そのためアーニー・マクミランはジャスティン・フィンチ・フレッチリーが次の犠牲者になるかもしれないと言いました。

そんな事を言っていたらジャスティン・フィンチ・フレッチリーはグリフィンドールのゴースト「ほとんど首なしニック」と一緒に襲撃事件の犠牲者になりハリーはその場に遭遇して現行犯だと言われてしまったんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2760-d2e0748b