FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

アルバス・ダンブルドアから遺贈された「灯消しライター」のお陰でロンはハリーとハーマイオニーの元に戻って来る事ができました。そして事は3月に起こりました。ハリーが禁句の「ヴォルデモート」を口走ってしまいハリーたちは狼人間フェンリール・グレイバック率いる人さらい一味に捕まって・・・(全3項目)

3-1.マルフォイの館へ
ロンはアルバス・ダンブルドアから遺贈された「灯消しライター」のお陰でハリーとハーマイオニーの元に戻って来ました。そればかりか柊の木と不死鳥の尾羽根の杖を失ったハリーに代わりの杖を届けてくれたんですよね。

実はロンは「姿くらまし」した瞬間からハリーとハーマイオニーの所に戻りたかったんだそうです。しかし人さらい一味に捕まってしまい戻って来た時には既にもうハリーとハーマイオニーはいなくなっていたのだそうです。

それならロンは一体全体どうやってハリーとハーマイオニーを見つけたのか?そこで役に立ったのが「灯消しライター」だったとの事でした。そしてロンは人さらい一味の所から逃げる際に杖を2本奪ったというわけですよね。

ハリーにハーマイオニーとはぐれたその後ロンは「隠れ穴」ではなくビルとフラーの新居の「貝殻の家」に身を寄せていました。そして問題のその夜は3月でラジオ番組「ポッターウォッチ」を聞いた直後の事だったのでした。

ロンから聞いて禁句だと判っていたのにも関わらずハリーが「ヴォルデモート」と口走ってしまったのです。かけていた保護呪文が破れハリーたちは狼人間フェンリール・グレイバックが率いる人さらい一味に捕まりました。

ハーマイオニーがかけた呪いで顔が膨らんでいたので人さらい一味は当初はハリーとは気づきませんでした。しかしハーマイオニーの写真が「日刊予言者新聞」に載っていたためハリー・ポッターと気づかれてしまいました。

ところがハリーたちを捕まえた人さらい一味のリーダーが狼人間のフェンリール・グレイバックだった事が不幸中の幸いでした。フェンリール・グレイバックは少なからず魔法省に対して不信感を持っていたというわけです。

あいつらは自分の手柄にしてしまう。俺たちは何の分け前にも与れない。ロンドンの魔法省に連れて行けば手柄を横取りされてしまうとフェンリール・グレイバックはハリーを「マルフォイの館」に連れて行く事にしました。

ヴォルデモートに直接引き渡すためにです。

3-2.ピーター・ペティグリューの杖を
ところがでした。そのヴォルデモートは不在でハリーの顔が膨らんでいた上に持っていた杖が柊と不死鳥の杖ではなかったがためにマルフォイ一家もまたハリーだと特定する事に手間取ってしまったというわけなんですよね。

そうこうしている内にそこにベラトリックス・レストレンジが現れハリーたちが持っていたグリフィンドールの剣を見て血相を変えその場を取り仕切り始めました。今ここにヴォルデモートが来れば我々は全員死ぬそうです。

ベラトリックスは人さらい一味を詰問するグレイバック以外は失神させハーマイオニーだけを残して残りの捕虜は地下牢に連れて行けと妹のナルシッサ夫人に命じました。そのお陰でハリーは助けを呼ぶ事ができたのでした。

地下牢にはルーナ・ラブグッドがいて縄を解いてくれました。父親のゼノフィリウス氏が発行している雑誌「ザ・クィブラー」でハリー寄りの記事を掲載したので身柄を拘束されて「マルフォイの館」の地下牢にいたのです。

真上の客間ではハーマイオニーがベラトリックスに「磔の呪文」をかけられ拷問を受けています。ハリーは居ても立ってもいられず胸に下げたモークトカゲの巾着袋からあらゆる物を取り出しては試してみたというわけです。

ハリーがシリウスの形見の「両面鏡」に向かって「助けて!僕たちはマルフォイの館の地下牢にいます。助けて!」と必死に叫ぶと明るいブルーの目が瞬いて消えて何故だか屋敷しもべ妖精のドビーが助けに来てくれました。

ドビーは地下牢にいたディーン・トーマスとルーナに杖職人のオリバンダー翁を連れてビルとフラーの新居「貝殻の家」へと「姿くらまし」しました。その音を真上の客間にいたルシウス氏が聞きつけてしまったんですよね。

ドビーが「姿現わし」した時にはハーマイオニーが贋物だと言い張ったグリフィンドールの剣の真偽を確かめるためドラコが小鬼のグリップフックを地下牢から連れ出し扉を閉めるのと同時だったため気づかれませんでした。

今度来たのはドラコではなくワームテールことピーター・ペティグリューでした。ハリーとロンが待ち構え2人がかりで取り押さえました。ペティグリューがハリーの首を絞めたその時例のあのハリーの言葉が飛び出しました。

「僕はお前の命を救ったのに?ピーター・ペティグリュー。君は僕に借りがある!」

ハリーにこう言われペティグリューは思わず首を絞める手を緩めました。そしてロンが小声で「さあそれはいただこう」と言ってペティグリューの左手から杖を奪いました。ペティグリューの瞳孔は恐怖で広がっていました。

杖も持たずたった1人で。その視線がハリーの顔から別の物へと移りました。ヴォルデモートから与えられた銀の手が持ち主自身つまりはペティグリューの首を締め始めたというわけです。ペティグリューは死んで行きました。

3-3.ドビーも
ハリーとロンは地下牢を出て階段を駆け上がると半開きになっている客間の扉に慎重に忍び寄りました。ベラトリックスはグリップフックにグリフィンドールの剣が贋物だと告げられると顔に安堵の表情を浮かべたのでした。

そして勝ち誇った声で「それでは闇の帝王を呼ぶのだ!」と言い袖をまくり上げ人差し指で「闇の印」に触れました。それから「穢れた血」を処分してもいいだろう。グレイバックに欲しいのならば連れて行けと言いました。

そこにロンが「やめろおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」と言いながら客間に飛び込みました。驚いたベラトリックスは振り向いて杖をロンに向け直しました。ロンはペティグリューの杖を向けてこう叫んだというわけですよね。

「エクスペリアームス!武器よ去れ!」

ベラトリックスの杖が宙を飛びロンに続いて客間に駆け込んだハリーがそれを捕えました。しかしロンに杖を奪われてもなおベラトリックスはおとなしくはしておらずハリーとロンに向かってこう言い放ったというわけです。

「辞めろ。さもないとこの娘の命はないぞ!」

ベラトリックスは意識を失っているハーマイオニーの喉元に小刀を突きつけていました。そしてハリーとロンに杖を捨てるようにと迫ったのです。そのためハリーとロンは杖を捨てる事を余儀なくされたというわけですよね。

ところがです。上からガリガリという奇妙な音が聞こえて来たと思ったらクリスタルのシャンデリアが小刻みに震えて軋む音などと共に落ちて来ました。その真下にいたベラトリックスは悲鳴を上げて飛び退いて行きました。

ハーマイオニーは放り出されたので大破したシャンデリアの下敷きになりました。ロンはハーマイオニーに駆け寄ると瓦礫の下から引っ張り出そうとしました。ハリーもまたこのチャンスを逃しはしなかったというわけです。

ドラコが握っていた3本の杖を奪いグレイバックに向けて「ステューピファイ!麻痺せよ!」と叫びました。グレイバックは3倍もの呪文を浴びて撥ね飛ばされて天井まで吹き飛んで床に叩きつけられたというわけなんですよね。

シャンデリアを落としたのは「貝殻の家」から戻って来たドビーでした。ベラトリックスがナルシッサ夫人に殺害してしまえと金切り声で言いましたがパチンと大きな音がしてナルシッサ夫人の杖もまた宙を飛んだのでした。

呪文は唱えませんでしたがドビーがここでナルシッサ夫人から杖を奪ったのもきっと「武装解除の術」なんでしょうね。この後ハリーたちは辛うじてヴォルデモートが戻って来る前に「マルフォイの館」を脱出したのでした。

しかしトビーはベラトリックスが投げた小刀が胸に刺さって死んでしまったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーはドビーを失ってしまいました。しかし同時に得るものもあったというわけです。ベラトリックス・レストレンジはハリーたちがグリフィンドールの剣を持っているのを見て血相を変えました。蒼白な顔だったのです。

それからベラトリックスはグリンゴッツの自分の金庫つまりはレストレンジ家の金庫破りをしただろうと言ってハーマイオニーに「磔の呪文」をかけながら責め始めました。そこでハリーは見抜いたというわけなんですよね。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの分魂箱が隠されている。ハリーは同じ日に同じ人さらい一味に捕まって一緒に「マルフォイの館」を脱出した小鬼のグリップフックに依頼をしたというわけですよね。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫を破りたいので助けて欲しい。グリップフックが承諾をしてハリーたちはグリンゴッツの金庫破りをしてヴォルデモートの分魂箱のヘルガ・ハッフルパフの金のカップを手に入れました。

その事でついにはヴォルデモートの分魂箱の最後の隠し場所が判ったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.