FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

父親のルシウス氏が予言を封印したガラス球を手に入れる事ができなかった報復とも知らずに息子のドラコはヴォルデモートから任務を与えられて喜んでいました。一方ヴォルデモートの復活が公になった余波は当然の如くハリーにも及んでいたというわけですよね。(全3項目)

3-1.その余波はハリーにも
ドラコ・マルフォイは実は魔法省の神秘部の「予言の間」に保管をされていたハリーとヴォルデモートに関する予言を封印したガラス球を父親のルシウス氏が手に入れられなかった懲罰として任務を言い渡されたんですよね。

その余波はハリーにも及んでいました。ヴォルデモートの復活が「日刊予言者新聞」に掲載されて公になり今度は一転して新聞がハリーを褒めそやすようになりハリーが「選ばれし者」なのではないかと報道したからでした。

新学期初日ホグワーツ特急に乗るとロンとハーマイオニーは監督生なので先頭の車両に行ってしまいジニーはディーン・トーマスと落ち合う約束をしているからといなくなり気がつくとハリーは1人残されてしまったのでした。

ハリーは瞬きをしてあたりを見回しました。するとうっとりした眼差しの女の子たちに周りを取り囲まれていました。背後で聞き覚えのある声が「やあハリー」と言いハリーが振り返るとそこにはネビルとルーナがいました。

ルーナは胸に雑誌を抱き締めていました。表紙には大きな文字で「めらめらメガネ」の付録付きと書いてある「ザ・クィブラー」でした。ハリーはルーナに「それじゃザ・クィブラーはまだ売れてるの?」と訊いたのでした。

先学期の3月「日刊予言者新聞」に先駆けてヴォルデモートの復活を見たというハリーのインタビュー記事が載ったこの雑誌にハリーは何だか親しみを覚えたというわけです。ルーナはうれしそうにこう答えたというわけです。

「うんそうだよ。発行部数がぐんと上がった」

ハリーが「席を探そう」と促してハリーにネビルとルーナは無言で見詰める生徒たちの群れの中を歩き始めました。ようやく空いているコンパートメントを見つけるとハリーは有難いとばかりに急いで中へと入ったのでした。

3-2.ネビルとルーナもまた
ネビルは自分とルーナを指しながら「みんな僕たちの事まで見詰めてる。僕たちが君と一緒にいるから!」とハリーに言ってハリーは「みんなが君たちを見詰めてるのは君たちも魔法省にいたからだ」とそう言ったのでした。

「あそこでの僕たちのちょっとした冒険が日刊予言者新聞に書きまくられていたよ。君たちも見たはずだ」

トランクを荷物棚に上げながらハリーがこう言ってネビルはあんなに書き立てられておばあさんが怒るだろうと思ったんだそうです。ところがネビルにとっては大変意外な事におばあさんはとっても喜んでいたのだそうです。

おばあさんはネビルがようやくお父さんに恥じない魔法使いに成り始めたと言ったそうです。そのため何とおばあさんはネビルに新しい杖を買ってくれたとの事でした。ネビルは「見て!」と言うと杖を取り出したのでした。

「桜とユニコーンの毛。オリバンダーが売った最後の1本だと思う。次の日にいなくなったんだもの」

ネビルは得意気にこう言うと「おいこっちにおいでトレバー!」と言ってまたしても自由への逃走を企てたヒキガエルを捕まえようとして座席の下に潜り込みました。一方ルーナはハリーにこう訊いて来たというわけですね。

「ハリー今学年もまだDAをするの?」

「ザ・クィブラー」の真ん中から付録のサイケな眼鏡を取り外しながらこう訊いたルーナにハリーは「もうアンブリッジを追い出したんだから意味ないだろう?」と答えながら腰掛けました。するとネビルがこう言いました。

「僕DAが好きだった!君から沢山習った!」

ネビルは座席の下から顔を突き出す拍子に頭を座席にぶつけました。とても失望した顔をしていました。一方ルーナはけろりとして「あたしもあの会合が楽しかったよ。友達ができたみたいだった」とそう言ったんですよね。

ルーナは時々こういう言い方をしてハリーをぎくりとさせます。ハリーは哀れみと当惑が入り交じってのたうつような気持ちになりました。しかしハリーが何も言わない内にコンパートメントの外が騒がしくなったのでした。

「あなたが聞きなさいよ!」
「嫌よあなたよ!」

4年生の女の子たちが扉の外に集まりこう内緒話をしていました。すると大きな黒い目に長い黒髪のえらが張った大胆そうな顔立ちの女の子が「私がやるわ!」と言うと扉を開けて入って来てこう自己紹介したというわけです。

「こんにちはハリー。私ロミルダ。ロミルダ・ベインよ」

ロミルダ・ベインは大きな声で自信たっぷりに「私たちのコンパートメントに来ない?この人たちと一緒にいる必要はないわ」とネビルとルーナを指差しながら聞えよがしの囁き声で言いました。そうだったかもしれません。

ネビルは座席の下から尻を突き出してトレバーを手探りしていましたしルーナは付録の「めらめらメガネ」をかけて多彩色の呆けたふくろうのような顔をしていました。しかしハリーは冷たくこう言ったというわけですよね。

「この人たちは僕の友達だ」

3-3.ネビルの事に思いを巡らせ
ロミルダ・ベインは驚いたような顔をしながら「あら。そう。オッケー」と言うと扉を閉めて出て行きました。するとルーナはまたしても率直さで人を面食らわせる腕前を発揮しハリーにこう言ったというわけなんですよね。

「みんなはあんたにあたしたちよりもっとかっこいい友達を期待するんだ」

ハリーは言葉少なに「君たちはかっこいいよ。あの子たちの誰も魔法省にいなかった。誰も僕と一緒に戦わなかった」と言いルーナは「いいこと言ってくれるわ」と言うと笑顔を見せて「めらめらメガネ」を押し上げました。

そして腰を落ち着けて「ザ・クィブラー」を読み始めました。するとネビルが「だけど僕たちはあの人には立ち向かってない」と言い髪に綿ゴミや埃をつけて諦め顔のトレバーを握って座席の下から出て来たというわけです。

「そう君が立ち向かった。ばあちゃんが君の事を何て言ってるか聞かせたいな」

ネビルはこう言い続けておばあさんは「あのハリー・ポッターは魔法省全部を束にしたより根性があります!」と言った事を話しました。ネビルによればおばあさんはハリーを孫に持てたら他には何もいらないんだそうです。

ハリーは気まずい思いをしながら笑いました。それから急いで話題を変えてふくろう試験の結果を話しました。ネビルは「変身術」が「可・A」しか取れなかったのでN.E.W.T(いもり)を履修させて貰えるかと訝っていました。

ハリーは話を聞いているふりをしながらネビルを見詰めていました。ヴォルデモートはネビルの幼年時代にもハリーと同じくらい暗い影を落としていたからです。ハリーの持つ運命がもう少しでネビルのものになる所だった。

シビル・トレローニーの予言は闇の帝王の力を打ち破る赤子が7月の末に生まれると言っていてハリーとネビルのどちらも当て嵌まる可能性がありました。にも関わらずヴォルデモートが選んだのはハリーのほうだったのです。

ヴォルデモートがネビルを選んでいれば今ハリーの向かい側に座っているネビルが稲妻形の傷と予言の重みを持つ者になっていた。ところがハリーは「いやそうだろうか?」と疑問に思ってしまったというわけなんですよね。

ネビルを救うためにネビルの母親は死んだだろうか?ネビルの母親が息子とヴォルデモートの間に割って入る事ができなかったら「選ばれし者」は存在さえせずに目の前の席は空っぽになっていたかもとハリーは思いました。

「ハリー大丈夫?何だか変だよ」

ネビルにこう言われてハリーはハッとしました。しかしルーナが目に見えなくて耳にふわふわと入って来て頭をボーッとさせるラックスパートにハリーはやられたんだとそう言って誤魔化してくれたというわけなんですよね。

今日の最後に
魔法省でのあの騒動の後ハリーはダンブルドアの作った「移動キー」でホグワーツに戻り校長室でダンブルドアが聞いたシビル・トレローニーの予言の全部を聞きました。その際にハリーはダンブルドアから聞かされました。

予言に当て嵌まる7月の末に生まれた赤子は2人いて1人は7月31日生まれのハリーでもう1人は7月30日生まれのネビルというわけです。ハリーは事前に知らせてくれた人がいたので両親は狙われているのを知っていましたよね。

もしもヴォルデモートがネビルを選んでいたら?その場合はヴォルデモートを裏切って事前に知らせてくれる人がいないのでハリーの場合とは違って母親はヴォルデモートとの間に割って入る事ができなかったかもしれない。

確かにハリーが考えた通りの結果になってネビルはヴォルデモートに殺害されてしまって「選ばれし者」は存在しなかったかもしれない。でもそうなるとシビル・トレローニーの予言は外れてしまうという事になりますよね。

私はやはりネビルの母親はヴォルデモートに殺害されてネビルは生き残るという結果になっていたとそう思いますね。予言はその赤子はヴォルデモートの知らない力を持つだろうと言っているからです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.