FC2ブログ
新年明けましておめでとうございます!本年2020年も当サイトをご贔屓によろしくお願いしますね。さて当サイトではこれがすっかり毎年恒例の内容となっています。ただ私の個人的な都合で今年は昨年までとは内容を変更してお届けする事にします。(全2項目)

2-1.拍手数と訪問者数
これもここを備忘録代わりにしているので毎年恒例という事になっています。昨年2019年は「177」の拍手をいただきました。一昨年の数が「291」だったのでおよそ6割つまりは半分より少し多いという数の結果になりました。

その前の2018年が「516」だったので半分よりも少し多い程度という事で昨年とほぼ同じ減少率という事になりますよね。それでも少ないだけに拍手をいただいた方々には大変有難いというそういう気持ちというわけですよね。

拍手をいただき大変ありがとうございました!

そして昨年は7万人あまりの皆さんに当サイトを訪問していただきました。昨年そう言ったのですが当サイトではテンプレートのHTMLにアクセス解析タグというのをコピーアンドペーストして日々の訪問者数を把握しています。

訪問者数が寂しいという事で新たに携帯電話とタブレット端末のテンプレートのHTMLにそのアクセス解析タグを貼り付けたら何と訪問者数が約4.4倍になりました。そのため昨年が同じ条件での訪問者数という事になりました。

つまり拍手数とほぼ比例して訪問者数のほうもおそよ半分という事になりましたね。でもまあ第7巻「死の秘宝」の日本語版が発売された2008年7月からもはや11年7ヵ月の歳月が経っているのでいたしかたないという感じです。

2-2.サイト運営をしていて最近思う事
これまでここは昨年1年間に起きた出来事などを紹介して来ましたが昨年2019年は喜ばしい事もなかった一方で特段ここで報告するほどの不幸な事もなかったのでサイト運営をしていて最近思う事を書き綴ってみる事にします。

その1「更新回数について」
当サイトは2006年1月1日に開設しましたが更新する曜日を固定しているという非常に特異な更新体制を取っていて最初の3ヵ月は毎週日曜日と水曜日の週2回でした。それを4月から月曜日も加えて「週3回」にしたんですよね。

それから暫くはこの日曜日に月曜日と水曜日の「週3回」が続いていつだったのかは忘れましたが新たに木曜日を加えて「週4回」となり今もそれが続いているというわけですね。そして記事は年月が経つほどに長くなりました。

更新日を「週3回」から木曜日を加えて「週4回」にしたのは記事の構成を一件につき4項目から3項目にしたからです。つまり一週間の項目数は週3回の時も週4回の時も「12」と変わっていません。そこでというわけですよね。

記事一件の項目数を「2」にすれば一週間の更新回数を「6回」にできる。つまりはほぼ毎日更新できるという事になりますよね。しかし今の所はそうするつもりは全くありませんね。これからも週4回でやって行くつもりです。

何故ならそれは最近すっかり定着した「今日の最後」あるいは「最後に」の文言を考えるのが一苦労だからです。一体全体何と書き綴って締めくくろうとそれを考えるのがいつも大変なんですよね。だからというわけですよね。

4回の今でも大変なのにそれが6回になったらというわけです。そんなわけでこれからも当サイトの更新日は毎週日曜日に月曜日と水曜日に木曜日の週4回で変わらないというわけなんですよね。

その2「記事の内容について」
ハリーポッター・シリーズの熱心な読者は1回通して読んだその後も何度も何度も読み返します。それは何故かと云うと読み返す毎に新発見があったり前の巻に次の巻へと繋がる伏線が縦横無尽に張り巡らされているからです。

ここでこういう話やエピソードが出て来るのはこういう事だったのかと驚き思う事ができたり先の巻で登場して大活躍する人物がさりげなく名前だけが登場しているなんて事もあるので読み返さずにはいられないんですよね。

当サイトでは前の巻でさりげなく登場していて後の巻で本格的に本人が生身で出て来た人物を集めて記事にした事もあります。でももはやサイトを開設して14年も経ち新発見をする機会がなくなってしまったというわけです。

前述のように最後に締めくくる文言を考えるのに苦労するようになったのもそのせいというわけです。そのため最近は「つまらん最後の文言だなあ」と思いつつ書く事も頻繁になって来たというわけです。でもなんですよね。

「あんな事も取り上げてみたい」とか「こんな角度からも記事を書いてみたい」というネタだけは幸いな事にまだまだあるので当サイトはまだ当分続くというわけなんですよね。

最後に
そんなわけで色々と葛藤に悩み多き日々は今後も続きますが本年2020年も当サイトをよろしくお願いしますね。そう云えば元号も「平成」から「令和」に変わり当サイトも新たな節目を迎えたと言えなくもありませんよね。

そんなわけで本日は「2項目」の省エネ内容になりました。今年もこの直後にセブルス・スネイプを多分2月頃からアルバス・ダンブルドアを10月にはミネルバ・マクゴナガル先生を取り上げる事をこの場を借りて予告します。

前述のように新たな記事のネタもまだまだありますしこれからも皆さんに当サイトを訪問して良かったと思えるように頑張るつもりでいるので本年もよろしくお願いしますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2790-e9652633