FC2ブログ
ついにヴォルデモートは復活しました。復活を見届けたハリーは命からがらホグワーツに戻って来てその事をダンブルドアに報告しました。ところが魔法大臣コーネリウス・ファッジはヴォルデモートが復活したというハリーの主張を真っ向から否定して・・・(全3項目)

3-1.ついにヴォルデモートが
3年生の学期末にロンのペットでネズミのスキャバーズことピーター・ペティグリューが逃げて隠れていたアルバニアの森に馳せ参じた事でまたもやヴォルデモートが復活に向けて動き出す事になったというわけなんですよね。

ヴォルデモートはハリーが1年生の時に当時「闇の魔術に対する防衛術」の教師だったクィレルの体に取り憑いてホグワーツに潜入すると「賢者の石」を手に入れ復活しようとしましたがハリーに阻止されてできませんでした。

その失敗を踏まえヴォルデモートは自分が再び体を再生させて蘇る時にはハリーの血を取り込んで無敵にならなくてはならないとそう決心しました。そこでヴォルデモートは1年がかりの計画を立てたというわけなんですよね。

それにはピーター・ペティグリューことワームテールが連れて来た魔法省の職員のバーサ・ジョーキンズが役に立ちました。最も忠実なる死喰い人バーテミウス・クラウチ・ジュニアをホグワーツに派遣するというわけです。

そして今年度ホグワーツで百年以上ぶりに復活開催される三大魔法学校対抗試合の代表選手にハリーをして必ず優勝させるようにする。優勝杯を「移動キー」にして自分の元に連れて来るよう取り計らうというわけですよね。

事は計画通りに進んでクラウチ・ジュニアは「闇の魔術に対する防衛術」の教師のマッド・アイ・ムーディにポリジュース薬で成り済ましてホグワーツに潜入するとヴォルデモートが復活する手助けをしたというわけですね。

しかしヴォルデモートの計画は最後の最後に思わぬ事態が発生して100%完璧にはできませんでした。ハリーは生き延びてしまい命からがらホグワーツへと戻る事となりました。しかしハリーもまた問題が起きてしまいました。

問題は魔法大臣コーネリウス・ファッジでした。

3-2.病棟にて
ハリーは校長室でヴォルデモートが復活した事の次第をダンブルドアに説明した後は病棟に移動をしてベッドで休んでいました。そこにファッジとマクゴナガル先生が言い争いをしながら入って来たというわけなんですよね。

マクゴナガル先生は激怒していました。何故ならファッジが城内に吸魂鬼を連れて来てクラウチ・ジュニアに死の接吻をさせたからです。クラウチ・ジュニアはもはや生きた屍と化して何ら証言する事ができなくなりました。

騒動を聞きつけてダンブルドアがやって来ました。そこでファッジはハリーとダンブルドアが主張するヴォルデモートの復活を真っ向から否定し受け入れないと宣言しました。原因は「日刊予言者新聞」の記事だったのです。

三校対抗試合の「第3の課題」当日の記事で「日刊予言者新聞」はハリーは蛇語使いで学校の至る所でおかしな発作を起こすなどと報道したのでした。だからファッジはハリーの言う事など全く信用できないとそう言うのです。

ハリーがその事を指摘するとファッジは若干顔を赤らめたものの即座に挑戦的で意固地な表情になり「だとしたらどうだと言うのかね?」と言いました。そしてファッジはダンブルドアに対して抗議したというわけですよね。

あなたはハリーに関する事実を幾つか隠していた。こう抗議するファッジにダンブルドアは「ハリーは正常じゃ」と言ってハリーの額の傷痕はハリーの頭脳を乱してはいないとそう応えて何故痛むのかの説明をしたのでした。

ヴォルデモートが近づいた時もしくは殊更に残忍な気持ちになった時にハリーの額の傷痕は痛む。ダンブルドアはこう説明をしましたがファッジは呪いの傷痕が警鐘になるなどという話はついぞ聞いた事がないと言いました。

ハリーは復活したヴォルデモートの元に馳せ参じて来た死喰い人の名前を列挙しましたがファッジは古い裁判記録で見つけたのだろうと言って取り合いませんでした。ハリーは昨年度末にも散々わけの分らない話をしていた。

話が段々大袈裟になって来る。それなのにダンブルドアはまだそんな話を鵜呑みにしている。ファッジはハリーは蛇語使いだからハリーの言う事など決してさらには絶対に信用などできないとそう言い張ったというわけです。

「愚か者!セドリック・ディゴリー!クラウチ氏!この2人の死が狂気の無差別殺人だとでも言うのですか!」

マクゴナガル先生がこう叫んでもファッジは怒りもマクゴナガル先生に負けず劣らずで顔を真っ赤にして「反証はない!」と叫び返しました。この後もファッジはダンブルドアの言う事に耳を貸そうとはしなかったのでした。

ファッジはヴォルデモートが戻って来るなんてそんな事は有り得ないとそう強硬に主張したというわけなんですよね。

3-3.スネイプがファッジに見せたのは?
スネイプが左の袖をまくり上げながら力強くダンブルドアの前に進み出て腕を突き出してファッジに見せると厳しい声で「見るがいい。さあ闇の印だ」と言いました。それから「闇の印」に関する詳細を説明したんですよね。

1時間ほど前には黒く焼け焦げてもっとはっきりしていた。しかし今でも見えるはずだ。死喰い人は皆この印を闇の帝王によって焼き付けられている。互いに見分ける手段でもあり我々を召集する手段でもあったんだそうです。

ヴォルデモートが誰か1人の死喰い人の「闇の印」に触れたその時は死喰い人全員が「姿くらまし」してすぐさまヴォルデモートの元に「姿現わし」する事になっていたのだそうです。この「闇の印」が鮮明になって来ていた。

それは今年度になってからずっとでダームストラングのカルカロフ校長の「闇の印」もだったんだそうです。カルカロフは今夜逃げ出した。それは我々は2人とも「闇の印」が焼けるのを感じたからだとスネイプは言いました。

スネイプもカルカロフも2人ともヴォルデモートが戻って来た事を知ったのだそうです。カルカロフは闇の帝王の復讐を恐れた。カルカロフはあまりにも多くの死喰い人を裏切った。仲間として歓迎されるはずがないそうです。

スネイプはファッジにこう説明しヴォルデモートは確かに復活したとそう主張しました。しかしファッジはダンブルドアのみならずスネイプからも後退りして頭を振っていました。スネイプの言葉の意味が理解できなかった。

どうもそのようでスネイプの腕の醜い印に嫌悪感を感じたらしくじっと見詰めてそれからダンブルドアを見上げると囁くようにスネイプも先生方も一体何をふざけているのやら私にはさっぱりだとそう言ったというわけです。

しかしもう聞くだけ聞いたので何も言う事はないとの事でした。この後ファッジは優勝賞金の一千ガリオンが入った大きな袋をハリーのベッド脇のテーブルに置いて病棟から出て行ったというわけです。そしてだったのです。

ダンブルドアは不死鳥の騎士団を再結成すべく早速動き出したというわけなんですよね。

今日の最後に
ヴォルデモートの1年がかりの計画は上手く行ってヴォルデモートは体を取り戻し復活する事ができました。しかし最後の最後に思ってもみなかった予想外の事態が発生して100%完璧にはできなかったというわけなんですよね。

ハリーを生きてホグワーツに戻らせてしまったのです。ハリーはすぐさまヴォルデモートの復活をそのヴォルデモートが一番知られたくないダンブルドア校長に報告してダンブルドアは即座に動き始めたというわけですよね。

不死鳥の騎士団を再結成すべくダンブルドアは動き出したのでした。自分がダンブルドアに報告して知らせなければ死喰い人以外は誰もヴォルデモートの復活を知らなかった。ハリーはそのように考えたというわけですよね。

しかし違いますよね。ダンブルドアは以前からスネイプから「闇の印」が鮮明になって来ているとの報告を受けていました。そして三校対抗試合の「第3の課題」が行われた日の夜にスネイプは「闇の印」が焼けるのを感じた。

ヴォルデモートが自分を含めた死喰い人全員に召集をかけた事を感じたのです。だからハリーのみならずスネイプもまたダンブルドアに確かにヴォルデモートは復活したと断言し報告する事ができるというわけなんですよね。

そういう事なんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2798-9f342805