FC2ブログ
今年は「ふくろう試験」の年!ということで学期初日から宿題ラッシュの嵐に巻き込まれてしまったハリーたちでしたが、さらに追い討ちをかけたのが先生方の演説ラッシュ!でした。特に2日目はフリットウィック先生にマクゴナガル先生に最後はスプラウト先生までもが・・・(全4項目)

4-1.さらに憂鬱な学期初日の夜
ハリーとアンブリッジの怒鳴り合い試合のニュースはアッ!という間にホグワーツの隅々まで伝わったようです。大広間で夕食を取っているハリーの周りは「それ」に関する囁き声で一杯でした。

怒りで両手が震えてナイフとフォークを持っていられなくなったハリーを見てハーマイオニーは「もうこんなところ、出ましょう」と言って3人は大広間を後にしました。

ハリーはもちろん「当事者」なのですから事の真相を全て掌握していますがダンブルドア経由でしか情報を得られなかった他の人たちは・・・

真実が心に染み込む前に夏休みで家に帰ってしまい、それから2ヵ月間もハリーが狂ってるとかダンブルドアが老いぼれたとか読まされたので・・・

学期最後の日にダンブルドアが話したことを生徒たちが信じたかどうか?は怪しいというのがハーマイオニーの見解でした。

「ダンブルドアはどうしてこんなことを許したの?」

ハーマイオニーが突然叫ぶのでハリーとロンは飛び上がりました。しかし!ハーマイオニーのこの怒りはハリーにとっては「この後」意外な方向へと発展して行くんですよね。

4-2.演説ラッシュ!
学期2日目の午前中は共に2時限続きの「呪文学」と「変身術」の授業でした。フリットウィック先生もマクゴナガル先生も最初の15分はふくろう試験の重要性について演説しました。

フリットウィック先生は「ふくろう試験」についてひとしきりウンチクを述べた後「これ」が絶対試験に出ると言って1時間以上「呼び寄せ呪文」の復習をしました。

そして授業の締め括りにこれまでにない大量の宿題を出しました。

マクゴナガル先生も負けていません。「刻苦勉励、学び、練習に励むことです」刻苦勉励なんて!怖いくらい似合い過ぎています!マクゴナガル先生には・・・

午後の授業は「魔法生物飼育学」に「薬草学」と共に屋外の授業でした。スプラウト先生も試験に関する演説と宿題がセットでした。

しかし!ハリーにとって「ほんの少し」だけいいことがありました。ダンブルドアとハリーを信じるという人が新たに2人現れたのです。それは・・・

ルーナ・ラブグッドとアーニー・マクミランでした。
4-3.アンブリッジの罰則
そんなわけでハリーたちは今学期は「ふくろう試験」の年!ということで初授業では先生方の演説ラッシュに宿題の嵐と1日が1週間にも感じられましたが・・・

火曜日の夕方5時から恐怖のアンブリッジの罰則が始まりました。よく「血の滲むような努力」と言いますがアンブリッジの罰則はまさに「本当に手の甲から血の滲む罰則」でした。

今回改めてというか・・・アンブリッジの罰則シーンをじっくり読んで沸沸とアンブリッジに対する怒りを新たにしましたね。本当にひどい女です。こいつは!

罰則に時間を取られて宿題は溜まる一方だし、手の甲の痛みは日ごとにひどくなり金曜日の夜には羊皮紙がハリーの手の甲から滴る血で光っていました。

あまりの罰則の内容の恐ろしさにロンとハーマイオニーにも打ち明けられずハリーにとって最悪の学期最初の1週間となりました。

4-4.この場面でのダンブルドア
残虐非道なアンブリッジの罰則で手の甲から血を滴らせながら羊皮紙に「僕は嘘をついてはいけない」と書き記していたハリーでしたが・・・

木曜日にはロンに最終日の金曜日にはハーマイオニーにダンブルドアの所に行けと忠告されましたがハリーの答えは同じでした。

夏休み以降ダンブルドアがハリーと会おうとせず懲戒尋問の時にも全く視線を合わせようとすらしなかったのでハリーも意地になって「ダンブルドアには会わない」と言っていますね。

これは今はアンブリッジへの復讐心を熟成して「ダンブルドア軍団」を結成した時のエネルギー源にするためにダンブルドアは敢えて「こうした」非情の措置を取っているのだと思います。

本日の最後に
ハリーも同じ思いのようですが・・・とにかく今年度は「ふくろう試験」の年!ということで初授業の度に先生方の演説があるわ授業ごとに宿題が出されるわで・・・

それに加えてハリーはいきなり学期1週目にアンブリッジの罰則を食らうわクィディッチのグリフィンドール・チームのキーパー選抜は重なるわで大忙しの極めて密度の濃い1週間になりましたが・・・

まだまだ「さらに」厳しい試練がハリーを待ち受けています。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第5巻「不死鳥の騎士団」より第13章「アンブリッジのあくどい罰則」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/286-44695808