FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ウィーズリーおじさんが蛇に襲われてロンとマクゴナガル先生と共に校長室に駆け込んだハリーでしたが・・・懲戒尋問以来の対面でしたがダンブルドアのハリーに対する態度は相変わらずでした。しかし!「その後」の対応は極めて素早いダンブルドアでした。(全4項目)

4-1.校長室へ!・・・
マクゴナガル先生が信じてくれたことで、ほっとしたハリーは迷うことなくベッドから飛び降りガウンを着てメガネをかけるとロンと共に校長室へと向かったのでした。

マクゴナガル先生が合言葉を言って校長室に入りグリフィンの形をしたノッカーで扉を3回叩くと中から聞こえていた十数人分の話し声がスイッチを切ったかのように止みました。

中に入ってウィーズリーおじさんが蛇に襲われたことを訴えたハリーでしたがダンブルドアは相変わらずハリーと視線を合わせようとはしません。

「どんなふうに見たのかね?」と問うダンブルドアに「僕の頭の中で、だと思います」と答えたハリーでしたが、それに対してダンブルドアは・・・

ウィーズリーおじさんが襲われた時ハリーが「どのような位置」で見ていたのか?と問うダンブルドア!あまりに奇妙な質問に口をあんぐりと開けてダンブルドアを見つめるハリー!

まるで何もかも知っているような・・・

ハリーが「全部蛇の目から見ました」と言うとダンブルドアは驚くほど素早く立ち上がり天井近くに掛かっている2つの肖像画に向かって話し掛けました。

エバラードと呼ばれた肖像画にウィーズリーおじさんがしかるべき者によって発見されるよう手配を頼むとダンブルドアは3人に座るよう促したのでした。

4-2.グリモールド・プレイス12番地へ
まず最初に「エバラード」と呼ばれた魔法使いが帰って来ました。そして血まみれのウィーズリーおじさんが運び出されていくところを見届けた後に・・・

「ディリス」と呼ばれた魔女が聖マンゴ魔法疾患傷害病院におじさんが今度は運び込まれて来るところを確認して帰って来ました。

すぐさまダンブルドアはマクゴナガル先生にウィーズリーの他の子どもたちを連れて来るよう依頼した後ハリーとロンの背後にある戸棚から古いヤカンを出して来て杖を上げると「ポータス」と唱えました。

そしてダンブルドアはフィニアス・ナイジェラスに安全確認をしてもらった後にハリー、ロン、ジニー、フレッド、ジョージの5人を・・・

「ヤカン」移動キーでロンドンのグリモールド・プレイス12番地へと送り届けたのでした。
4-3.初めて聖マンゴへ・・・
グリモールド・プレイスに到着したハリーたちでしたが、すぐにでも病院に行きたいというウィーズリー兄弟妹とシリウスの間での激しいやり取りとなりました。

フレッドとジョージは納得というには程遠い表情でしたがシリウスの必死の説得で何とか思いとどまりウィーズリーおばさんからの連絡を待つことになりました。

フォークスがおばさんの手紙を届けてからは次の連絡を待つだけの長い夜の始まりでした。ロンの腕時計で明け方の5時10分過ぎウィーズリーおばさんがようやくグリモールド・プレイスに姿を見せました。

朝食の後夜通し起きていたハリー以外はベッドに入って午前中を寝て過ごしましたがハリーは眠るとまた誰かを襲ってしまうのでは?と思ってわざと居心地の悪い姿勢を取って眠らないようにしました。

昼食の最中に全員のトランクが学校から到着して聖マンゴに出かけられるようになりハリー以外のみんなは、うれしくてはしゃぎ饒舌になっていました。

そしてロンドンの街中を付き添っていくマッド・アイとトンクスを全員が大喜びで迎えウィーズリー一家とハリーは地下鉄で聖マンゴ魔法疾患傷害病院へと向かったのでした。

4-4.この場面でのダンブルドア
マクゴナガル先生がハリーとロンを伴なって校長室に到着した時真夜中過ぎだったのにも関らずダンブルドアは起きていました。

当然マクゴナガル先生がハリーとロンを連れて駆け込んで来るのが解っていたから起きて待っていたというわけです。肖像画の歴代校長の発言からも感じられますよね。

「この章」にもダンブルドアに未来を予見する力があることを示唆する記述が出て来ます。それはウィーズリーおばさんの・・・

「ねえ、ダンブルドアは、ハリーがこんなことを見るのを、まるで待ち構えていたような様子なの」なーんて読むと何だかワクワクしてきますよね。(笑)

ここで私がふと思ったのが「校長室の歴代校長の肖像画たちはダンブルドアに予知能力があることを知っているのでは?」ということなんですよね。

「ディリス」と呼ばれた魔女がダンブルドアの「聞いていたじゃろうな?」という問いかけに「当然です」と答えていますから「こういう事態になること」をやはり事前に聞いていたのでしょうか?

本日の最後に
蛇に襲われて生死の境を彷徨(さまよ)うことになってしまったウィーズリーおじさんでしたが残念ながら「この日の夜」に蛇に襲われるのはウィーズリーおじさんでなければならなかったんでしょうね。

と!いうのも「このこと」がキッカケになって今までは仲違いしていたというか関係が今1つうまくいっていなかったウィーズリーおばさんとシリウスが仲直りする結果になりました。

ダンブルドアが「移動キー」でハリーとウィーズリー兄弟妹をグリモールド・プレイス12番地に送ったのは2人の関係修復も念頭にあったからだと私は思います。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第5巻「不死鳥の騎士団」より第22章「聖マンゴ魔法疾患傷害病院」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.