FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ダンブルドアが自分と目を合わせなくなったのは?会おうとしなかったのは?ヴォルデモートが取り憑いているからなのだろうか?と苦悩するハリーでしたが・・・そんなハリーを救ったのはロン、ジニー、ハーマイオニーの3人でした。(全4項目)

4-1.苦悩するハリー
マッド・アイ・ムーディのハリーにヴォルデモート卿が取り憑いているという発言を聞いてギョッ!とするハリー、それからのハリーの脳裏には恐ろしい考えばかりが浮かぶのでした。

もしそうなら自分は今も不死鳥の騎士団本部を洗いざらいあいつに教えているんだ!ならば一刻も早く「ここ」を離れなくては・・・

そう思ったハリーがトランクを持って部屋を出ようとすると「逃げるのかね?」とハリーを引き留める声が聞こえて来ました。それはフィニアス・ナイジェラスでした。

ハリーはナイジェラスの言葉を聞き流して部屋を出ようとしましたがナイジェラスはさらに「アルバス・ダンブルドアからの伝言があるんだがね」と言ってハリーを引き留めました。

ダンブルドアからの伝言は「動くでない」とのことでした。

4-2.苦しみからの開放
聖マンゴから帰って来てからは食事も取らず誰とも視線を合わせようとしなかったハリーでしたがバックビークの部屋に1人で引きこもっていると・・・

「そこにいるのはわかってるわ」と声を掛けて来たのがハーマイオニーの声だったためハリーは驚いてドアを開けました。ハーマイオニーがクリスマス休暇に入って騎士団本部に来たのでした。

ハーマイオニーと話しながら3階の寝室に下りて行くとロンとジニーが待っていたのでハリーはかなり驚きました。ハーマイオニーはハリーに口を開く間を与えないようしゃべり続けていました。

「例のあの人」に取り憑かれた経験があるのは私以外にいないはずよ。だからそうなった時の状態がどんな感じなのかは私が教えてあげられるはずとジニーに言われて・・・

ジニーから「何をしようとしていたか思い出せない大きな空白期間がある?」と問われて、さらにロンからはハリーはベッドから離れていないと・・・

ハリーがベッドでのた打ち回っているのを見ているからハリーは決してホグワーツを離れてロンドンになど行ってはいないと・・

みんなが言っていることは単に慰めになるばかりではなく理屈が通っている。だから自分はヴォルデモート卿に取り憑かれていないし、したがってウィーズリーおじさんを襲ってはいない。

3人の説得でようやくハリーの胸は幸福な・・・ほっとした気持ちで満たされました。クリスマスにプリベット通りに帰ろうなんて、どうして考えたんだろうとようやく思うことができたのでした。
4-3.クリスマスに・・・
ヴォルデモート卿が取り憑いていないことが判りようやく気持ちが落ち着いたハリーでしたが、シリウスもまたハリーとクリスマスを迎えられるということで上機嫌でした。

シリウスはもうこの夏の不機嫌な家主ではなく、みんながホグワーツでのクリスマスに負けないぐらい楽しく過ごせるようにと決意したようでした。

お陰でクリスマス・イブにみんながベッドに入る頃にはクリスマスの飾り付けで館(やかた)は見違えるようにきれいになっていました。

しかしいいことばかりのクリスマスではありませんでした。パーシーがウィーズリーおばさんお手製のクリスマス・セーターを送り返してきたり・・・

ハリーたちが来た最初の夜以来屋敷しもべ妖精のクリーチャーの姿が見えないことの2点でした。シリウスはまたどこか上の階に隠れているに違いないと言いましたが・・・

かつてはドビーがマルフォイ家を離れてハリーに警告をするためにプリベット通りに来たことがあったので一抹の不安を覗かせることになってしまったのでした。

4-4.この場面でのダンブルドア
繰り返し言うことになりますが生死の境を彷徨(さまよ)うことになってしまったウィーズリーおじさんは本当に気の毒の極みですが・・・

ダンブルドアがウィーズリー一家をこういう「状況」に敢えて追いやったのはハリーとシリウスの希望を合致させるためだったんじゃないかな?という気もしますね。

クリスマス休暇前ハリーは初めてクリスマスをホグワーツ以外の場所で過ごしたいと思っています。それにシリウスもクリスマスをハリーと一緒に迎えたいと思っていたのでは?ないでしょうか。

ウィーズリーおじさんが蛇に襲われたことでハリーとシリウス双方の希望がかなったというわけです。「災い転じて、福と成す」とはまさにこのことでしょう。

本日の最後に
クリスマスに聖マンゴにウィーズリーおじさんの見舞いに行ったハリーたちでしたが、そこでも新しい出会いが待っていました。

ハリー、ロン、ハーマイオニー、ジニーの4人が6階の喫茶室に行く途中で意外な人物と偶然出会うこととなりました。それはかつての「闇の魔術に対する防衛術」の先生ギルデロイ・ロックハートでした。

4人はロックハートに導かれて5階の隔離病棟に行き、そこでネビルとネビルのお祖母さんと出会い何故?ネビルがお祖母さんに育てられたのかを知ることになったんですよね。

ベラトリックス・レストレンジがネビルの両親に「磔の呪文」をかけて廃人にしてしまったためにネビルはお祖母さんに育てられることになったということをハリーが知ったのは・・・

昨年度ハリーが校長室に行った時にダンブルドアから聞いてのことだったんですよね。ダンブルドアは「この時」のためにネビルのことをハリーに話して聞かせたというわけです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第5巻「不死鳥の騎士団」より第23章「隔離病棟のクリスマス」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.