FC2ブログ
3週間程前の各種報道によりますと、かつてイギリス首相官邸でサッチャー・メージャー・ブレアの3人に仕えていた白黒猫のハンフリー君が推定18才で亡くなったそうです。

とある新聞の報道によると彼のエサ代は公費つまり税金から出されていたためCMの出演依頼が来ても「彼は公務員だから」という理由で断られたのだとか・・・ユーモアを愛するイギリスならではのエピソードですよね。

そういえばハリーポッター・シリーズにもハーマイオニーのペットとして猫のクルックシャンクスが登場していますね。

初登場はアズカバンの囚人78ページ(携帯版85ページ)赤味がかったオレンジ色の毛にレンガの壁に正面衝突したような顔の少しガニマタの猫です。

かなり以前にローリングさんのサイトで明らかになっているので既にご存知の人が多いと思いますが、クルックシャンクスは猫とニーズルのハーフだとのことです。

「ニーズル」というのはハリポタの副読本「幻の動物とその生息地」の70ページに載っている動物で、猫に似た小型の生物で知的で自立しており、時々攻撃的(例えばワームテールに対して)になるが魔法使いや魔女の誰かになつくと、すばらしいペットになり、また摩訶不思議な能力が備わっており、嫌なヤツ(例えばワームテール)とか怪しげなヤツ(例えばワームテール)を見分けることもできて、飼い主が道に迷った時には道案内として頼りになるそうです。

彼らの性別について
ふくろう通信号外のNo.2にはヘドウィグが「メスの白ふくろう」と紹介されていて、常々私は「どうしてメスだと判るんだろう?」と思っていました。本のどこにもヘドウィグがメスとは書いてないからです。するとふとしたコトがキッカケで、それが判りました。それは原書ではヘドウィグの代名詞が「she」(彼女)となっているからだそうです。ちなみにクルックシャンクスはオス、ピッグウィジョンもオスなのだそうです。

追伸
上記の文章で私は本のどこにもヘドウィグがメスとは書いてないと言っていますが、その後たまたま第3巻アズカバンの囚人を読み返していたら13ページ(携帯版14ページ)に「雪のように白い雌」と書いてあるのを発見しました!
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/32-b04400ab