FC2ブログ
アンブリッジが混血や狼人間・ケンタウルス・水中人・半巨人などの半人間を激しく毛嫌いしていることや尋問官親衛隊の顔ぶれ(ドラコ・マルフォイ、モンタギュー、ワリントン、パンジー・パーキンソン)を見れば、彼女が「スリザリン出身」の魔女であることは間違いないでしょう。するとアンブリッジとスネイプは同じ寮の先輩と後輩ということになりますね。

騎士団下巻160ページでスネイプは閉心術の課外授業のことは誰にも・・特にアンブリッジには言わないようにとハリーにクギを刺しています。

同じ寮の先輩・後輩でも一方はホグワーツの教師で「騎士団員」もう一方は魔法省の高官と完全に立場が分かれていますから、それは当然のことということになるでしょう。

そんなスネイプとアンブリッジですが2人が直接会話を交わす場面が本の中では2度出てきます。

まず最初は上巻571ページでアンブリッジがスネイプの査察をするという形で2人が会話を交わしています。ここでの2人のやり取りを「共にスリザリン寮出身」であることを念頭に置いて読み返すとまた今までとは違った気持ちで読むことができて大変興味深いですよね。

ここでの2人のやり取りで幾つかの事実が明らかになっています。まずホグワーツの教師になって14年であること。以来毎年「闇の魔術に対する防衛術」の教職に応募しているが、ダンブルドアがそれを拒否していること。強化薬を教えることを魔法省はあまり賛成しないだろうということ・・・などです。

でもアンブリッジは「強化薬」のことはあまり深く追求しませんでした。やはりそれは「同じ出身寮の後輩がしていることだから、まあそのくらいは・・・」という気持ちだったのカモ?しれませんね。

でもダンブルドアが何故?「闇の魔術」の教職に就くのを一貫して拒否しているのか?とアンブリッジはスネイプに尋ねていますが「あんたに質問されてもね~ぇ」「我輩の方が訊きたいぐらいだ!」といったところでは?ないでしょうか。

2度目は下巻503ページでまさに対決!といった感じで、真実薬の提出を拒むスネイプに対してアンブリッジが停職を言い渡しています。

同じスリザリン寮の後輩と言えども自分の意に背く者には情け容赦なし!といったところなのでしょう。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/33-f87c93a4