FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

クリスマス休暇を終えて「隠れ穴」からホグワーツに戻って来たハリー、ロン、ジニーの3人でしたが新学期が始まって早々にさっそくダンブルドアの授業があったハリーだったのですが、何と!意外なことにダンブルドアからハリーに最初で最後の「宿題」が出されたのでした。その内容とは?(全4項目)

4-1.ハーマイオニーと・・・
煙突飛行ネットワークで学校に帰って来たハリーたち3人でしたが、ロンが自信たっぷりに合言葉を唱えると「太った婦人(レディ)」は普段より顔色が悪くロンの大声でビクッとしました。

合言葉は「せっせい(節制)」に代わっていてハーマイオニーによるとクリスマスに不節制をしたのだそうです。その際ハーマイオニーはハリーにダンブルドアからの手紙を渡してくれたのでした。

スラグホーンのパーティの後はゆっくり落ち着いて話す時間もなかったのでハリーは「例の」スネイプとマルフォイの「密談のこと」をハーマイオニーに話して聞かせました。

やはりハーマイオニーもルーピンやウィーズリーおじさんと同意見でスネイプはマルフォイに援助を申し出るフリをして「その企て」をしゃべらせようとしたのでは?というものでした。

それからのハリーはルーピンの近況報告や休暇中にルーファス・スクリムジョールと会ったことなどを話して2人で魔法大臣をけなし合って楽しく過ごしました。

ハーマイオニーも昨年ハリーに「あれだけの仕打ち」をしておきながら今度はハリーに助けを求めるとは全くいい神経しているという意見でした。

4-2.新学期初日の夜に・・・
翌日から新学期ということで授業が始まりましたが6年生にとっては「姿現し」の練習受け付けという「うれしいニュース」があったりもしたのでした。

ロンがついうっかりハリーが「付き添い姿現し」を経験したなどと言うものだからハリーはそれから「姿現し」の感覚を話してくれとせがむ6年生に1日中取り囲まれてしまいました。

夕食後も「姿現し」の質問に答えるのに大忙しだったハリーは8時10分前になっても細かい質問に答えていました。しかたなく図書室に本を返さなければならないと嘘をついて・・・

ハリーは質問を振り切って校長室へと向かったのでした。しかしハリーがスネイプとマルフォイの話をしない内にダンブルドアが「魔法大臣と会ったそうじゃの?」と言って来ました。

ハリーが大臣は僕のことが不満でしたと言うとダンブルドアもため息をつきながら実は大臣はわしのことも不満なのじゃと応えたのでした。

そしてダンブルドアは「そもそも」その考えは元々はコーネリウス・ファッジの考えだったのだが大臣が代わっても「その考え」が生き続けていたので・・・

大臣就任直後にルーファス・スクリムジョールもダンブルドアにハリーとの会合を強く要求して、それが「日刊予言者新聞」に掲載されたということをハリーに打ち明けたのでした。

大臣就任直後に報道された新大臣とダンブルドアの確執の真相はそういうことだったというわけです。

4-3.宿題?!
ハリーがスラグホーンのクリスマス・パーティの夜に聞いた話の内容を巡ってしばらくの間議論が紛糾した2人でしたが・・・

結論が出そうにもないので今夜も再び「憂いの篩」で記憶の旅に出たハリーとダンブルドアでしたが、ここで『問題』になったのが「2つ目の記憶」でした。

そこは学校のスラグホーンの部屋で男子生徒が6人ほどスラグホーンの周りに座っていました。6人の内の1人はもちろんリドルでした。

ところが今まで「憂いの篩」で数々の記憶を見て来たハリーでしたが未だかつて1度も起こらなかった奇妙なことが起きたのです。

部屋全体が突然濃い霧に覆われハリーにはそばに立っているダンブルドアしか見えなくなりました。そしてスラグホーンの声が不自然な大きさで響いて来たのです。

霧は出て来た時と同じように急に晴れましたし「その場」にいた生徒たちも一言も「霧」のことには触れません。ハリーは狐(きつね)につままれたように周りを見回しました。

そういった現象は2度起こりました。

4-4.この場面でのダンブルドア
「あれだけしかないんですか?」ときょとんとして訊くハリーにダンブルドアはスラグホーン先生は自分自身の記憶に干渉したと「事の真相」を説明したのでした。

つまり『この記憶』には手が加えられていて自分の記憶を恥じたスラグホーン先生は自分をよりよく見せようとして見られたくない部分を消し去り記憶を修正しようとしたというのです。

それが非常に粗雑なやり方で行なわれているとのことです。そしてそれは本当の記憶が改竄(かいざん)されたものの下に存在していることを示しているということなのだそうです。

そこでダンブルドアは「ここ」でハリーに初めての「宿題」を出しました。スラグホーン先生を説得して『本物の記憶』を明かさせるのがハリーの役目だと云うのです。

ハリーが「開心術」や「真実薬」をお使いになればいいのでは?と言いましたがダンブルドアはスラグホーン先生は閉心術にも長けているし・・・

自分が「この記憶まがい」のものを提出させた以降は「真実薬」の解毒剤を持ち歩いていても全く不思議ではないので・・・

『本物の記憶』を手に入れることができるのはハリーしかいないと言って「この日」の授業を終了したのでした。

本日の最後に
新学期初日に行なわれた授業でハリーがダンブルドアに休暇中に魔法大臣と会った際に大臣から「骨の髄までダンブルドアに忠実だ」と言われたと報告した時に・・・

それを聞いたダンブルドアが思わず何かを言いかけて口をつぐみ目が涙に曇るのを見てハリーが慌てて膝に視線を落とすという場面があります。

もちろんハリーが「そういった」発言をするのは事前に解っていたのだとは思いますが、やはり実際にハリー本人の口から聞いてうれしかったんでしょうね。

読んでいる「こちら側」の気持ちも何だか切なくなるシーンです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第6巻「謎のプリンス」より第17章「ナメクジのろのろの記憶」でした。

緊急速報!第7巻の表紙絵決まる!
さて!既にご存知の方もおられるでしょうが静山社のホームページにおいて第7巻の表紙絵が発表されました。と(多分)同時に第5巻「不死鳥の騎士団」の携帯版が3月17日に発売されることも発表されました!

ちなみに表紙カバーの色はロイヤルブルーなんだそうです。私の表紙絵を見ての第1印象は「オーッ!メチャきれい!」と思いましたね。(笑)

表紙の絵を見ただけで「ますます」7月23日に第7巻を手にするのが楽しみになって来ました。と!いうわけでまだ見ていない人は今すぐ静山社のホームページへ!

コメント

情報ありがとうございました!

7巻の表紙、見てきました~!だんだん表紙の色が明るくなってきてますね~。
『死の秘宝』という言葉のイメージとちょっと違ってて、意外でした。
むこうのブログでも記事にしました。良かったら覗いてみてください。

ところで、今回の記事で
>それを聞いたダンブルドアが思わず何かを言いかけて口をつぐみ目が涙に曇るの
>を見てハリーが慌てて膝に視線を落とすという場面があります。
>もちろんハリーが「そういった」発言をするのは事前に解っていたのだとは思いま
>すが、やはり実際にハリー本人の口から聞いてうれしかったんでしょうね。

と、されていますが、私はダンブルドアは悲しくて泣いたのだと思っていました。
つまりそこまでハリーが自分に傾倒してしまっていては、自立していくことがかなり難しいのではないかという心配や、ハリーをそういう立場に立たせてしまった自分への負い目、そしてこれから先かなり近々にハリーを見守って行けなくなるであろう自分の先行きなどを考えて、ショックというか暗い気持ちになったのかなぁ~と。

でも嬉しかったのも半分ぐらいはあったのかもしれないですね。
やはり7巻目発売前にもっと読み込まねば! 失礼しました。

2008.03.09  るんた  編集

人それぞれということ?ですかね。

るんたさんコメントありがとうございました!

いや~ぁ!あれぐらいのことお安い御用ですよ。喜びを分かち合う人は1人でも多いほうがいいですからね!私もメールフォームの使い方の要領をつかんだので、これからはちょくちょくお邪魔するカモ?しれませんのでよろしくお願いしますね。

今回のるんたさんの「悲しくて涙を見せたと思っていた」というご意見についてですが「そういう解釈も成り立つのか!」と新鮮な気持ちで拝読させていただきました。

何故?私がダンブルドアがハリーの「あの言葉」をうれしかったと思ったのかというと「その章」の下巻57ページのダンブルドアの「よう言うてくれた、ハリー」という言葉と・・・

ダンブルドアの声がこんどは愉快そうだったという記述が元になっているんですよ。

2008.03.09  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.