FC2ブログ
ダンブルドアから宿題を出されて翌日の朝にはさっそくロンとハーマイオニーに相談をしたハリーでしたが2人の見解は大きく分かれたのでした。とりあえずロンの意見に沿った行動で宿題をやり遂げようとしたハリーでしたが・・・やはりダンブルドアの出した宿題だけに一筋縄では行かないようです。(全4項目)

4-1.ついにはハリーまでもが!
次の日ハリーはさっそくロンとハーマイオニーにダンブルドアの宿題のことを別々に相談しました。相変わらずハーマイオニーが軽蔑の眼差しを向ける以外にはロンと一緒にいることを拒んでいたからです。

ロンはハリーが「お気に入りの魔法薬の王子様」なんだから楽勝だろう。今日の午後の授業後に残って聞いてみれば?と極めて楽観的でした。

もう一方のハーマイオニーの意見は悲観的でした。ダンブルドアが聞き出せなかったぐらいだからスラグホーンはあくまでも真相を隠すつもりに違いないと言うのです。

ちゃんと戦術を考えて十分慎重に持ちかけないといけないと言うハーマイオニーにハリーがロンの考えを伝えるとハーマイオニーは激怒して・・・

その日の「魔法薬学」の授業ではハーマイオニーはロンとハリーの両方を無視したのでハリーはロンに「君は何をやらかしたんだ?」と言われる始末でした。

4-2.スラグホーン先生までもが!
そして!この日の「魔法薬学」の授業で取り上げられたのは「ゴルパロットの第3の法則」というモノだったのですがスラグホーンの説明を聞いてもチンプンカンプンでさっぱり分りません。

ハーマイオニーが席を立ってスラグホーンの机までの半分の距離を歩いた所で「他の生徒」たちもようやく行動を開始しなければならないことに気づきました。

ハリーは頼みの綱のプリンスの「上級魔法薬」を引っ張り出して解毒剤の章を開きましたが、そこにはハーマイオニーが暗誦したのと一言一句違わない文章が載っているだけでした。

窮地に陥ったハリーでしたがプリンスの本を覗き込み躍起になってページをめくっていると解毒剤を列挙した長いリストを横切って走り書きがあるではありませんか!

ベゾアール石を喉から押し込むだけ

ハリーが咄嗟の機転を利かせて取った措置にスラグホーンは大笑いしてハリーに落第点をつけることはできないと告げハリーは窮地を脱することができたのですが・・・

「1人」残ってスラグホーンに「お伺いしたいことがあるんです」というハリーの問いに「遠慮なく聞きなさい」と応えたスラグホーンでしたが・・・

ハリーが「ホークラックス」のことを口に出した途端「ダンブルドアの差し金だな」とスラグホーンの態度は急変しました。

最後にはハリーはスラグホーンに怒鳴りつけられてスラグホーンは地下牢教室のドアをバタンと閉めて出て行ってしまったのでした。

4-3.ロンの誕生日に・・・
そんなわけでハリーの最初の挑戦は惨憺たる結果に終わり策を練り直すハメになりましたが、とりあえず冷却期間を置いてスラグホーンを油断させることにしました。

ハリーが「ホークラックス」のことを訊くことを止めたので魔法薬の先生の態度は元に戻り「その問題」は忘れたかのようでした。

しかし週末に行なわれた「姿現し」の練習中に見たことをキッカケにハリーの気持ちは徐々に「宿題」から離れて行ってしまいました。

マルフォイが何やらクラッブと言い争いをしていてマクゴナガル先生の注意を受けたのです。マルフォイは自分が何をしていようと関係ないので命じられたこと(見張り)だけをやれと言っていました。

それからのハリーは「忍びの地図」でマルフォイがクラッブとゴイルに見張りをさせて「どこで?」「何を?」しているのかを探すことに没頭するようになったのでした。

しかし不思議なことにクラッブとゴイルが見つかるのにマルフォイの名前が「地図」から忽然と消えてしまうことが頻繁に起こるようになったのでした。

こうして2月はアッ!という間に過ぎてロンの誕生日(3月1日)がやって来ましたが「ここ」で事は起こりました。

ハリーが去年の暮れにロミルダ・ベインから貰った惚れ薬入りの大鍋チョコレートをロンが食べてしまったのです。ハリーは解毒剤を作ってもらうために・・・

ロンを連れてスラグホーンの部屋に向かったのですが・・・

4-4.この場面でのダンブルドア
「この後」ロンはスラグホーンの部屋で惚れ薬の解毒剤を飲んで「元の精神状態」に戻った後に気つけ薬としてオーク樽熟成の蜂蜜酒を飲みましたが、何と!その「蜂蜜酒」には毒が入っていたのです。

しかし!またもやハリーの咄嗟の機転でロンは解毒剤の「ベゾアール石」を飲んだお陰で一命を取り留めることができたのです。それができたのは・・・

ベゾアール石を喉から押し込むだけ

「魔法薬学」の授業で「この一行」を予習していたからですね。

多分・・・というか間違いないと思いますが「魔法薬学」の授業で「ゴルパロットの第3の法則」を取り上げたのはダンブルドアからの要請を受けてスラグホーンが取り上げたとみて間違いないでしょうね。

つまり「魔法薬学」の授業で「ゴルパロットの第3の法則」を取り上げさせたのはハリーにプリンスの「上級魔法薬」の解毒剤のページを開かせるためだったということでしょう。

お陰でロンは命拾いをして毒入りの「オーク樽熟成の蜂蜜酒」はダンブルドアの所に行かなかったのでドラコ・マルフォイは再び殺人者にならなくて済んだというわけです。

本日の最後に
今回の「毒入り蜂蜜酒事件」を通じて判明したことなんですが、どうやらダンブルドアはプリンスの「上級魔法薬」の本の「どのページ」に何が?どんな呪文が書かれているのか?を全て掌握した上でハリーに持たせているようですね。

もちろん役に立つ呪文も数多く記載されているのも事実なんですが「この後」ハリーをとんでもない窮地に追いこむ・・・

極めて危険な「闇の魔術」も書き込まれているというわけです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第6巻「謎のプリンス」より第18章「たまげた誕生日」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/331-f6863fb6